エクストレイル フォレスター rav4 4

November 15, 2020

秋の夜長というくらいで、それと比例して日没時間もどんどん早くなっています。気がつけば、ドライブの帰り道でもう真っ暗ということもありますよね。そんな夜のドライブで重要なのが、言うまでもなくヘッドライト。実はクルマのヘッドライトはどんどん進化しています。以前はヘッドライトを... レクサス初の市販EV「UX300e」、2020年度分はわずか135台。価格は580万円〜635万円. スバルフォレスター 17,639台 トヨタは新型「RAV4」のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売される。今回のフルモデルチェンジではパワートレーンなど全てにTNGAを導入し日本モデルでは、「2.0Lガソリンモデル」と「2.5L エンジン+電気モータのハイブリッドモデル」の2種類をラインナップする。更に 第2世代の次世代 「Toyota Safety Sense」を標準装備する。, 現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。競合車種として上げるのが日産の「エクストレイル」ホンダの「CR-V」そしてスバル「フォレスター」となるだろう。, 「TNGA」に基づく新型カムリなどに採用された「GA-Kプラットフォーム」に加え、トヨタが「D-4S (ダイナミックフォース エンジン)」と呼称する新型エンジン2.0Lのガソリンモデル」と「2.5L エンジンのハイブリッドモデル」に採用。また、4WD車には新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用。行状況に応じてリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」に加え、前後輪の車輪軸に採用した世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」により、2WD走行時に、後輪に動力を伝達させる駆動系の回転を停止させて損失を低減し、燃費向上をはかる「ディスコネクト機構」を採用。走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採用した。日本では先代モデルとは大幅なデザイン変更と最新の衝突回避支援パッケージとなる第2世代の次世代 「Toyota Safety Sense」を標準装備する。, トヨタ自動車で生産されているクロスオーバーSUV。「RAV4」の成功を受け、他社もCR-V(本田技研工業)、エクストレイル(日産自動車)、フォレスター(スバル)などのクロスオーバーSUVを製造するなど、クロスオーバーSUV市場に大きな影響を与えた車種である。, 初代 XA1#型 1989年の東京モーターショーにRAV-FOURとして出展し、4年後の1993年の東京モーターショーにプロトタイプが披露された後、1994年5月に発表。CMキャラクターには当時SMAPの木村拓哉が起用された。, 2代目 CA20W型 ジュネーブモーターショー2000で海外先行デビューした。3か月後の8月にフルモデルチェンジしたカローラ系のコンポーネンツを使用するが、フロアパネルは先代同様に専用設計となっている。, 3代目 XA30W型 2005年11月14日に発売を開始。トヨタの「MCプラットフォーム」を進化させた「新MCプラットフォーム」を初めて採用した市販車。, 4代目 (日本未発売)2012年11月開催のロサンゼルス・モーターショーにてワールドプレミアを行い、2013年1月より北米市場に、また欧州市場には同年3月に投入。韓国においても2013年に販売を開始している。日本では2013年11月13日に公式発表された3代目「ハリアー」が4代目「RAV4」のプラットフォームを使用した兄弟車として導入した関係で未発売となった。, ホンダのCR-VもRAV4と同様に、日本では2016年3月31日に日本国内向けはマイナーチェンジを受けることなく、大ヒットとなったヴェゼルに吸収される形でオーダーストップ・生産終了が決定。しかし、日本で再販が決定し2018年8月30日からフルモデルチェンジを行い発売を開始。新型CR-Vはダウンサイジングされたエンジン「1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turbo モデル」と「2.0L 直4 DOHC i-VTEC +モーター」モデルをラインナップ。更に、安全装備としてHonda SENSING(ホンダ センシング)を全車標準装備している。, 新型RAV4と新型CR-Vはボディサイズはほぼ同じである。7人乗りを選択するなら新型CR-Vを選ぶことになるだろう。しかし、ハイブリッドモデル、ガソリンモデルを比較してまず思うことが、新型RAV4の価格設定が非常に安い!ベースグレードで比較すると約60万円前後の差額がある。ホンダディーラーでの値引きを頑張ったとしても同額となることはまず厳しいだろう。燃費比較をしてもほぼ同様の数値であるが、新型CR-Vはエンジン排気量が少ないため維持費を考えると新型RAV4より安くなる。トータルコストを考えると新型RAV4の方がお得となりそうだ。, ホンダ 新型 CR-V ハイブリット フルモデルチェンジ 5代目 日本2018年8月30日発売, スバルのフォレスターは2018年7月19日にフルモデルチェンジを行った。「水平対向4気筒DOHC 2.5L 直噴エンジン」に加え今回からマイルドハイブリッドモデル 「2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン エンジン:2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジン+モーター(FB20) 排気量:1,995cc ALL RIGHTS RESERVED. Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. WLTCモード燃費:14.0km/L RAV4の全長が4,600mm、エクストレイルの全長が4,690mm、エクストレイルの方が90mm長く、全幅はRAV4が35mmワイドになります。 全高は、RAV4が1,690mm、エクストレイルが1,740mmとなっていて、RAV4の方が50mm低くなります。  さて、このライバル試乗では、新型RAV4の「アドベンチャー」グレードを軸に、スバル・フォレスターX-BREAK(AWD/2.5ℓガソリン)、ホンダCR-V EXマスターピース(4WD/1.5ℓターボ/5人乗り)、日産エクストレイル20Xi(4WD/2.0ℓガソリン/5人乗り)を用意。今回はオンロードでの比較を行なった。, まずは各車の4WDとしての機能、パッケージについて。クロスオーバーとはいえ、悪路走破性が売りのSUVゆえ、高い全天候、オールロードの対応性が求められるのは当然だ。その見極めのひとつが最低地上高。RAV4が200㎜、フォレスター220㎜、CR-V200㎜、エクストレイル205㎜と、どれも本格的な数値。その上で、個人的に注目したいのがドア下部形状。そこがサイドシルをカバーしていれば、悪路や雨の中を走ったあとでもサイドシルが汚れにくく、乗降時にズボンやスカートを汚さない。その機能があるのはエクストレイルを除く3車だ。  極端な下り坂で、ブレーキを踏まずにゆっくり安全に降坂できるヒルディセントコントロールを備えているのはCR-Vを除く3車である。  しかし平成最後の春、トヨタは満を持して五代目RAV4を日本で復活させた。が、初代のような乗用車感重視でクロスオーバー色の強いSUVではない。カムリと同じトヨタ最新のGA-KプラットフォームをトヨタSUVとして初採用するとともに、キャラクターを一変。カタログにある荒野を行くRAV4の姿、ワイルド感を強めたエクステリアデザインが象徴するように、オールシーズンタイヤ装着のアドベンチャーグレードをメインに据え、新開発を含む3種類もの4WDシステムを用意。本格クロカン、4WDの楽しさを目いっぱい楽しむ、オフロード感を強めたRAV4に大変身したのだ。 トヨタRAV 39,299台 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 自動車市場において、すっかり高値安定の人気カテゴリーとなったクロスオーバーSUVであるが、その先駆けとなったのがRAV4であったのは異論のない事実だろう。従来型モデルとはキャラクターを変え、本格派4WDとなった新型の魅力を、ライバルとの比較で確かめる。 ホンダは新型CR-V / CR-V ハイブリッドのフルモデルチェンジを行い、日本では2018年8月30日から発売を開始した。ホンダの各ディーラーでは2018年7月9日より受付を開始している。価格:323万280円~436万1040円。201... スバルは、新型フォレスターのフルモデルチェンジを行い日本では、2018年5月18日 各ディーラーにて先行予約開始。2018年6月20日に発表。2018年7月19日に発売開始。更に今後、新型フォレスターには2018年9月14日にマイルドハイブ... 日産 新型 エクストレイル マイナーチェンジ プロパイロット搭載 2017年6月8日発売.  また、荒野で何かあっても! この強引なおまわりさんは実在する!? クルマで!出先で!お家でも使える8インチタブレット!! 2019年日本自動車販売年... トヨタは新型「ヤリス」は2020年2月10日発売、ホンダも新型「フィット」を2020年2月14日に発売。どちらも同月発売で更に4代目のコンパクトカーB型セグメント車である... ダイハツは新型「タント」「タント カスタム」から「次世代 スマートアシスト」を採用している、スズキのセーフティサポートは現在、新型「ワゴンR」などに採用されている「デュア... スバルは2代目となる新型「レヴォーグ」のフルモデルチェンジを行い2020年10月15日に発表、11月26日発売する。現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。... 5ナンバーサイズの新型SUVをトヨタは「ライズ」ダイハツは「ロッキー」それぞれ2019年11月5日に発売を開始した。ライバルとなるコンパクトSUVであるホンダの「ヴェゼル... ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開, スズキ 新型 ソリオ ・ソリオ バンディット フルモデルチェンジ 4代目 2020年12月4日発売. 最高出力:107kW(145ps)/6000rpm  最大トルク:188Nm(19.2kgm)/4000rpm 日産エクストレイル 16,229台  後席の居住性は、頭上方向のゆとりに関しては各車、身長172㎝の筆者が座ると17㎝前後の余裕がある。差がつくのは膝まわり空間。筆者のドラポジ背後に座った時のニースペースはRAV4が約21㎝。フォレスター約23㎝、CR-V約25㎝、エクストレイル約23㎝。ここでのポイントはCR-Vのみフロアがフルフラットで(他車は凸あり)足元が広く、特に3人掛けした際、中央席の乗員がゆったり座れる点だ。 スバルフォレスター 17,368台 新ハンターカブ・進化の歴史とその魅力【ホンダ CT125ハンターカブ・概要編】, ケンウッドから360°鮮明な映像が記録できる高性能ドライブレコーダー「DRV-CW560」が新たに登場, 2ストロークの排気系とは?エキスパンションチャンバーで燃焼ガスを吸い出す【バイク用語辞典:排気系編】, スズキ「WAKU SPO(ワクスポ)」には、歴代モデルのデザインモチーフが隠れていた【東京モーターショー2019】. ホンダCR-V 5,416台, トヨタRAV4はアドベンチャー(2.0リットルガソリンエンジンAWD)、フォレスターはアドバンス(2.0リットルガソリンエンジン+モーター e-BOXER)だ。エンジンのスペックや車両諸元は記事末尾の表を参照していただきたい。RAV4には、上級グレードに2.5リットル+モーターのハイブリッド(2WDとE-Four)があるが、価格帯が325万円~389万円とオーバーとなるため除外した。, 対するフォレスターには、2.5リットルガソリンエンジンモデルがあるが、e-BOXERを搭載したアドバンスが現状だと最上級グレードとなる。, RAV4はTNGA、フォレスターはSGP(スバルグローバルプラットフォーム)と呼ぶ、新世代のプラットフォーム技術によって、乗り心地や音振性能といった走りの質感を上げているそうだ。(このあたりの筆者の所感は、後続の記事にて詳しくご紹介する。), RAV4アドベンチャーは「ダイナミックトルクベクタリングAWD」というシステムを備えている。ステアリングを切り始めた瞬間から、前後輪へのトルク配分し、同時に後輪のトルクを左右それぞれで独立制御して旋回性能を補い、さらにはディスコネクト機構によって燃費向上を実現するという魅力的なシステムだ。, 対するフォレスターアドバンスは、前後輪に最適なトルクを配分する「アクティブトルクスプリットAWD」を採用している。AWDシステムの豪華さはRAV4が有利だが、重要なのはそれが体感できるかだ(これも後続の記事で詳しく紹介する)。, また、先進安全技術は2台とも抜かりないレベルで搭載されている。どちらも全車速追従機能付のACCを備えており、また優秀なステリングアシストや被害軽減ブレーキシステムも当然搭載している。, RAV4は、「キーンルック」を採用したワイルドなフロントフェイス、大きなタイヤ、ワイドなフェンダー、そして無骨に見えるパネルの印影など、オフロードを走行するワイルドなイメージで作りこまれている。, 昨今は、エクストレイルやCR-Vの様な、Cd値の低そうな、滑らかなボディデザインのSUVが多い中で、なかなかにカッコいいと思えるデザインだ。アーバンカーキ色とアッシュグレーのツートンのボディカラーも良い味を出している。, 対するフォレスターは、細かくディテールを見れば変化をしているが、頑固一徹ともいえるほどにキープコンセプトなデザインで「先代のフォレスターとほぼ変えていない」ことが特徴だ。, 車幅1815mmと国産AWD SUVの中では最も狭く、それでいて使い勝手のよいオフロードSUVのイメージとして一つの完成されたデザインなだけに「守り」に入る気持ちは分かるが、クルマの中身の進化よりも、目新しさを求めるような世代に、どれほど刺さるかは疑問だ。, RAV4は、乗り込んだ瞬間から、ダッシュボードの広さや収納スペースの充実している点と、オレンジのアクセントが入ったことで色合いの華やかさを感じる。シフトノブやスイッチもレイアウトが分かりやすく、またエアコンのダイヤルも、スノボの手袋や濡れた手でも滑らないよう、ゴムでおおわれている点も気が利いている。, 大型のナビモニターをダッシュボードの最上部に配置したことで、運転中の視界移動量も小さく、また視認性も非常に高い。気になるのはステリング上にあるスイッチのデザインが、クルマの持つ華やかな印象と比べて、地味だなと感じるくらいだ。, フォレスターは、ステアリング周りやセンターコンソール、インパネなどにスイッチがたくさん並んでいて、いかにも男子が好きそうなメカメカしい印象に感じる。モードを切り替えるスイッチを多用して、自らの意思でクルマの特性をコントロールしてオフロードを走る、そんな使い方が浮かぶ。, メインのナビモニターはRAV4に比べて小さいが、ツインモニターがその不足分を補ってくれる場合もある。ブルーのイルミネーションはやや子供っぽいようにも感じるが、細部の品質は非常に高い。, デザインは人それぞれのためどちらが良いか悪いかは指摘できないが、派手で華やかさを好むならばRAV4、トラディッショナル(伝統的)な硬さを好むならばフォレスター、といったところだろう。続いては、SUVの重要ポイント、室内の広さや荷室の使い勝手についてご紹介する。, ■RAV4 Adventure (アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ) AWD 最近、若い層を中心に、街中のカフェや電車内などでスマホより大きなタブレットを愛用している方をよく見かけます。それに、最近の新型車などを中心に、自動車メーカーの純正装備として、「それ、タブレットじゃないの?」といえるようなディスプレイを採用する車種も出てきましたが、実際に使ってみると、大きめの画面が... 目から鱗のクルマでスマホ活用法! パイオニア カロッツェリア大画面ディスプレイオーディオでいつものアプリ&音楽を!! タイヤ 前後:前/ 225/55R18 後/ 225/55R18 ベロフ「プレシャス・レイZ」なら1万円でLEDヘッドライトに交換!梅本まどかがやってみた!!  その決断理由を、長きに渡りRAV4を担当する開発責任者の佐伯禎一チーフエンジニアに伺うと「世界的にRAV4が売れている、勝っている時だからできるチャレンジなのです」とのこと。  そんなRAV4は代を重ね、主要市場の北米(全SUV販売台数の半数を占める!)を含む、トヨタのグローバル販売台数をリードするほどに成長。が、日本国内に限れば世界で販売された四代目は残念ながら市場導入されなかった。 [2019年4月〜9月] トヨタrav 39,299台 スバルフォレスター 17,368台 日産エクストレイル 16,229台 ホンダcr-v 5,416台 2.この2台はどんなクルマなのか?  後席地上高はRAV4=約72㎝、フォレスター約73㎝、CR-V約73㎝、エクストレイル約75㎝と、RAV4がわずかながら低く、なおかつ後席シート端とサイドシルが近いため、乗降性はベスト(乗降幅が広いフォレスターとCR-Vも良好)。  そして本格クロカン性能では、前席からのボディの見切り性が重要。具体的にはボンネット、ボディサイドの見え方だが、特に極悪路ではボンネットが視界に入ると走りやすい。RAV4、フォレスター、CR-Vはボンネット左右端の盛り上がりが視界に入りやすく(RAV4はワイパーを視界に入れないためのセラミックメッシュ部分がドラポジによっては見えにくくするが)、見切り性は優秀で、デザイン重視のコンパクトSUVより全方向の視界良し。斜め前方の死角のなさではドアミラーをドア付けし、三角窓を持つRAV4、フォレスターが有利と言えるだろう。 最高出力:126kW(171ps)/6600rpm / 最大トルク:207Nm(21.1kgm)/4800rpm, ■FORESTER Adventure(ホライゾンブルー・パール) AWD  ラゲッジスペースはその使い勝手を優先したRAV4が優位となる。ラゲッジフロアの地上高はフォレスターとエクストレイルがSUV平均値の約73㎝。CR-vは約66.5㎝と最も低く、RAV4も約69.5㎝と低めで、重い荷物の積載性で勝る。 スバルフォレスター Advance 車両本体価格315万7000円(10%税込), 2019年前半の販売台数を以下に示す(※自販連2019年データ参照)。2019年4月-9月ではRAV4が2位の倍以上の売り上げ台数となった。エクストレイルが販売を落としている以上に、RAV4が大きく売り上げを伸ばしている。おそらく、2019年の国産4WD SUVのナンバー1は、RAV4が獲得する見込みだ。, [2019年1月〜6月] サイズ 4625×1815×1715(全長×全幅×全高[mm])、車両重量1640kgで最小回転半径5.4m トヨタRAV 17,775台 トヨタ 新型 RAV4 VS エクストレイル VS フォレスター VS CR-V 他社 SUV 徹底比較, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売. !【新車】, 話題沸騰!! ヨコハマタイヤから、冬にこだわった2つのタイヤを紹介。スタッドレスタイヤの「アイスガード6」と新商品のオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」。「氷に効く、永く効く、燃費に効く+ウエットと音に効く」。というのがアイスガード6のキャッチコピー。ヨコハマタイヤによると... 暗闇が見える!ベロフ「ナイトビジョン ドライブレコーダー システム」で夜のドライブがまったく変わる!! 日産エクストレイル 22,603台 公開日 2019/10/28 08:03最終更新日 2019/10/28 08:03, 2018年はフォレスターやCR-VといったSUVが続々とフルモデルチェンジし、王者エクストレイルとの覇権争いが勃発。「国産4WD SUV豊作の年」と言われた。, 最終的に、2018年 4WD SUVで販売台数ナンバー1はエクストレイルであったが、その勢いも、RAV4が登場した2019年4月以降は一気に変わり、2019年4月〜9月のランキングはRAV4が1位を獲得。RAV4に顧客を奪われたエクストレイルは首位から陥落し、RAV4の登場でも微動だにしなかったフォレスターが2位となった。, 今回、売れ行き好調のRAV4と、続く2位のフォレスターに試乗ができたので、3記事にわたって、この2台を比較していこうと思う。, トヨタRAV4 Adventure 車両本体価格319万5500円(10%税込) サイズ  4610×1865×1690(全長×全幅×全高[mm])、車両重量1630kg、最小回転半径5.7m WLTCモード燃費:15.2km/L REPORT●青山尚暉(AOYAMA Naoki) いまでは多くの人の生活に必要不可欠となっているスマホ。ドライブするにも当然必須アイテムです。車内でカーナビアプリを使ったり、音楽を楽しんだりしている方も多いのではないでしょうか。こうした「スマホ派」の方にオススメなのが、スマートフォンと接続するだけで、アプリや音楽などの主要機能を大画面のタッチパネルや... ©2010-2020 CLICCCAR. PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki), 今、世界的に盛り上がりを見せるクロスオーバーSUVのパイオニアこそ、1994年に初代がデビューしたトヨタRAV4。それまでのラダーフレーム構造のクロカンに対して、乗用車ベースのモノコックボディを採用したところが新しく、以来、国内外でのライバルを追従させた、現在のクロスオーバーSUVブームのきっかけとなった存在だ。 その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(世良耕太)】日本人がデザインした最新ポルシェ911。その後... 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! いまだに人気絶大のsuv。とくにトヨタrav4は圧倒的で、2019年8月の乗用車販売台数ランキングではsuvで唯一ベスト10入りを果たしている。なぜrav4は多くのファンに支持されているのか? 今回はそのポイントと、ライバル車との違いをご紹介しよう。 エンジン:2リットル直列4気筒ガソリンエンジン(M20A-FKS) 排気量:1.986cc ?安心な通信機能、オペレーターサービス(RAV4はヘルプネットにも対応)はフォレスターを除く3車に用意されている(専用ナビとセット)。 日産は新型エクストレイル (X-TRAIL)のマイナーチェンジを行い2017年6月8日に発売する。価格:219万7800円~309万8520円。 2017年4月19日から開催された上海モーターショー2017で中国モデルのエクストレイルを出... トヨタは新型RAV4を2019年4月10日発売する。今までにわかっている日本仕様の情報をまとめてみた。全国の「カローラ店」「ネッツ店」で販売される。現在は既にメーカーオーダー開始となっている。 新型RAV4について RAV4は日本では2... 2019年4月10日発売となる新型「RAV4」はいよいよ発売日が近づいてきた。そこでカラーラインナップについてまとめてみた。オススメのボディカラーも紹介します。 新型 RAV4 カラーラインナップは? 今回の新型から単色モデル8色と2ト... トヨタは新型RAV4を2019年4月10日発売した。今までにわかっている日本仕様の情報を元にハイブリッドかガソリンかどちらを選ぶべきかおすすめを考えてみた。全国の「カローラ店」「ネッツ店」で販売される。現在は既にメーカーオーダー開始となって... RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルにおいてライバル関係になる車です。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、人気などで比較した。今から購入を考えるあなたならどちらを選びますか? トヨタは新型「RA... 新型コンパクトSUV トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」を2019年11月5日に発売した。同じく5ナンバーサイズ、1.0Lエンジンを搭載しているコンパクトSUVである... 三菱は「ekスペース」のフルモデルチェンジを行い2020年3月19日に発売する。クロスオーバーモデル「ekクロス スペース」も同日発売する。 パイオニア カロッツェリアの「タブレットAVシステム」が超便利だった!. トヨタは新型「RAV4」XA50型のフルモデルチェンジを行い日本では2019年4月10日に発売した。 価格:260万8,200円~381万7,800円 世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」や最新の予防安全... ホンダ 新型 CR-V ハイブリット フルモデルチェンジ 5代目 Honda SENSING 標準搭載 日本2018年8月30日発売. モーター:MA1  最高出力:10kW(13.6ps)  最大トルク:65Nm(6.6kgm), カテゴリー : ニュース・新車, エンタメ, 映像・動画, クリッカービデオ, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 試乗, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗. でも分かるわ~【TOYOTA RAV4 PHV】, 今どき貴重なMTの左ハンドルは完売必至!「黒いサソリ」の「595 スコルピオーネオーロ」が200台限定で新登場! モータージャーナリスト/ドッグライフプロデューサー。自動車専門誌の編集を経てフリーランスに。新車の試乗レポートのほか、小学館PETomorrowなどで愛犬との幸せなライフスタイル、クルマ旅を提案。国産、輸入... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, 「開拓車の新たな挑戦」クロスオーバーSUVというジャンルを開拓したトヨタRAV4! 五代目となる新型は、市場に新たな刺激を与える存在となり得るか?, トヨタRAV4をホンダCR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイルと徹底比較!【ライバル比較インプレッション】. 【交通... ホンダ、欧州向け2021年モデル7機種を発表|新型のPCX、CB125R、CB1000R等は国内でも発売. ファルケンのワイルドピークがRAV4の特別仕様車「Adventure”OFFROAD package”」のOEタイヤとして納入, 新型RAV4にオフロードテイストを強調した特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”」が登場【新車】, トヨタRAV4 PHVは人気過ぎて新規受注が停止!?  後席使用時のラゲッジ容量はRAV4が580ℓ、フォレスター520ℓ、CR-Vは561ℓ、エクストレイル565ℓ。容量に最も余裕があり、ハンズフリーパワーバックドアが用意され、2段デッキボードを備えるRAV4の使いやすさが光る。フォレスターはレール付きの樹脂フロア仕様で、重い荷物の出し入れ性の良さが、エクストレイルは前後シートを含む滑りにくい撥水シート&ラゲッジフロアが特徴だ。.  新型最大のハイライトは、新4WDシステム、それがもたらす走行性能、走破性にある。特に「アドベンチャー」を含む上級4WDグレードに用意された、後輪左右のトルクを別々に制御するトルクベクタリング&4WD不要の場面で後輪への動力伝達を切断し燃費を向上させるディスコネクト機構を備えた「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、まさに新型RAV4のために開発された世界初の新技術。その作動を常時、メーター中央のマルチインフォメーションディスプレイで確認でき、四輪の緻密な制御を視覚で確認できるあたり、頼もしく、楽しい演出ではないか。また、ガソリン車にはオフロード用にMUD&SANDとROCK&DIRTの〝本格〟モードも用意される。  こうしたSUVは、遥か遠くの目的地を目指すことも多い。その際、ドライバーの運転負担を軽減してくれるのがACC。全車、渋滞追従機能を備えるものの、上限速度はRAV4、フォレスターが全車速域。CR-Vは約135㎞/h、エクストレイルは約114㎞/hとなる。高速道路120㎞/h制限速度時代にどれが便利かは、一目瞭然だろう。

Bose Soundlink Mini 再起動 7, Excel 相対パス セル 9, Windows10 初期設定 シャットダウン 4, ネジ穴 補修 パテ 100均 12, Video Proc 画面録画 カクカク 13, 彼氏 会う時間 短い 5, Windows10 インストール 再起動 失敗 4, 豊平区 事件 今日 9, 大葉 塩漬け 変色 8,