トラック 馬力 ランキング 8

November 15, 2020

工事現場などで見かけるダンプカーは、「ベッセル」と呼ばれる荷台をもち、これを傾けることで積み荷を一気に降ろすことのできる機械装置を備えたトラックのことを指します。, ちなみにダンプカーというのは和製英語で、ダンプトラック(dump truck)というのが正しい英名です。, 日本ではダンプカーの最大積載量は11tまでと決められて、町で見かけるダンプカーは2t~10tほどの大きさのものがほとんどです。, しかし、世界では日本のダンプがまるでオモチャに見えてしまうほどの、何百tもの積載量をもったモンスター級のダンプカーが存在しています。, ここでは、私たちが驚くようなサイズの世界の超巨大ダンプカーをランキング形式で紹介していきます。, マイニングとは、英語で「鉱業」という意味で、マイニングダンプトラックとはその名の通り、鉱山や炭鉱、ダム建設など大規模な土木工事現場などで使用されるダンプカーです。, 積載量は小さいものだと20tほどですが、大きいものだと300tを越えるものも存在し、このランキングで紹介するダンプカーも、すべてこのマイニングダンプトラックに分類されます。, マイニングダンプトラックは、オフロードダンプトラックやマンモスダンプとも呼ばれ、基本的に一般公道を走行することはありません。, メーカーや鉱業業界では、マイニングダンプと通常のダンプを明確に別物として扱っていて、アメリカではホウルトラック(haul truck)、ヨーロッパではダンパー(dumper)と呼んでいます。, マイニングダンプトラックは、巨大すぎるため分解して運ばれ、作業現場で組み立てられることもあります。, マイニングダンプトラックの有名なメーカーとしてはアメリカのキャタピラー社、ドイツのリープヘル、スウェーデンのボルボ建設機械、ベラルーシのBelaz、日本メーカーでは小松製作所や日立建機などがあります。, 日立EH5000AC-3は、日本の建設機械メーカーで、日立グループの1社である日立建機製作所が製造している大規模鉱山向けのダンプトラックです。, EH5000AC-3は、国内最大級のリジッドフレームダンプトラックで、2012年2月から大規模鉱山向けに発売されました。, EH5000AC-3は総重量551t、全長15.51m、全幅9.6m、全高7.41m、最高速度56km/hで、定格出力2850HP(馬力)の4サイクル16気筒低排出カミンズQSKTTA60-CEディーゼルエンジンを搭載しています。, 日立建機では、2008年に発売したEH3500ACⅡと2010年のEH4000ACⅡという2種類の大型ダンプカーを販売しており、この2つは世界中で広く使われ、最長稼働時間は2万時間を超え、高い性能を評価されています。, EH5000AC-3は、この2台にも採用された日立製作所製のIGBTインバータを使用したAC(交流)駆動方式をさらに改良したものを搭載しています。, AC駆動方式では、エンジンを使って発電機を動かし、その発電電流をインバータなどを使用して制御し、ACモーターを駆動して装甲するという方式です。, この方式では、高い駆動力と制動力を発揮できる上に、細かな制御を行うことが可能で、EH5000AC-3では日立グループが新開発した駆動制御システム「車体安定化制御」を搭載し、さらに制御力を向上させています。, 795F ACは、キャタピラー社(Caterpillar Inc.)から発売されている大型鉱山用ダンプカーで、アメリカのネヴァダ州で開催されるMINExpoに2016年に初出典されました。, キャタピラー社はアメリカの建設機械メーカーで、戦車などの走行装置で有名なキャタピラーはこの会社の登録商標で、英語で芋虫という意味です。, 戦車の履帯はすべてキャタピラーと呼ばれることが多いのですが、正確にはキャタピラーと呼べるのはキャタピラー社の製品だけということになります。, 795F ACは、総重量628t、全長15.14m、全幅8.97m、全高7.04m、最高速度64km/hで、出力3400HPのCat C175-16ディーゼルエンジンを搭載しています。, 795F ACは、キャタピラー社が独自に設計・開発したAC電気駆動システムを搭載し、登坂路でも高速を発揮することができます。, 1800万時間稼働可能なシャーシ設計と、300万時間稼働可能なパワートレーン(エンジンで発生した回転エネルギーを効率よく駆動輪に伝達する装置類の総称)設計が採用されており、生産性とメンテナンス性を重視した設計となっていて、整備作業のやりやすさはユーザーからも高い評価を得ています。, 795F ACは、アメリカの銀鉱山や南米の石炭、銅鉱山など幅広く活躍し、発売当初からその稼働率は90%以上に達しています。, モジュラー設計を特徴とする795F ACは、用途にあわせたオプションもあり、鉱山専用設計である人気のMSDモデルとゲートレスの石炭用車体という2種類が提供されています。, Belaz75600は、ベラルーシの建設機械メーカーBelaz社が製造している鉱山用ダンプカーで、Belaz社の7560シリーズの第1世代モデルです。, ベラルーシは旧ソ連の時代から機械工業が盛んな地域で、Belaz社はソ連時代の独立国家共同体(CIS)で行われた最大の投資プロジェクトがもとになっている会社で、1958年にBelazに改名されました。, 世界中で使われている鉱山用オフロードダンプトラックの3分の1がBelaz社で生産されています。, Belaz75600は、世界中のあらゆる気候条件下で大規模な露天掘り鉱山から岩石の輸送を行うために設計されたダンプカーです。, Belaz75600は、総重量617t、全長14.9m、全幅9.6m、全高7.47m、最高速度64km/hで、出力3500HPの18気筒4サイクルターボチャージディーゼルエンジンのカミンズQSK78を搭載しています。, はじめに紹介するのは、アメリカのTerex社が製造している世界最大級の鉱山用大型ダンプカーTerex MT 5500ACです。, Terex社は、もとはゼネラルモーターズの一部門からはじまった会社で、建設やインフラなど様々な業界へ向けて機械等を販売しているメーカーです。, 現在は、買収されてキャタピラー社の一部門になり、Terex MT 5500ACもUnit Rig MT 5500ACというブランド名で販売されています。, MT 5500ACは、総重量598tで、全長14.87m、全幅9.05m、全高7.67m、最高速度64km/hで、定格出力3000HPの16気筒4ストロークディーゼルエンジンを搭載し、AC電気駆動システムを採用しています。, もう一つの第4位は、日本の建設・鉱山機械メーカー小松製作所が製造する超大型ダンプトラックです。, 960Eは、コマツグループで製造される最大のダンプで、コマツアメリカのイリノイ州ビオリア工場で開発設計されました。, 日本国内で走行している標準的なトラックの大きさは2t~4tで、この180倍~90倍というと、どれほどの巨大さかがわかります。, 960Eは、総重量635t、全長15.6m、全幅9.60m、全高7.14m、最高速度64km/hで、出力3500HPの18気筒4サイクルディーゼルエンジンを搭載し、コマツIGBT AC電気駆動システムを採用しています。, コマツでは、1995年から世界に先駆けて電気駆動の大型ダンプカー930E(最大積載量290t)を販売し、ベストセラーになりました。, 960Eは、930Eの上位機種として開発され、エンジンは930Eのハイパワー仕様930-SEと同じものを搭載していて、このエンジンはアメリカやオーストラリアで25万時間以上の稼働実績という高い信頼性をもっています。, コマツ独自の大型機械管理システムである「VHMS(Vehicle Health Monitoring System)」を標準装備していて、ユーザー企業の本社など遠隔地からリアルタイムでダンプの状態をみることができます。, 960Eは鉱山での資源運搬用に使用されるダンプカーのため、国内での導入例はありませんが、石川県小松市にある「こまつの杜」に展示されていて、その姿を実際に見ることができます。, Belaz 75601はBelaz社の7560シリーズの最新モデルで、75600と同じく様々な気象条件のもと露天掘りの採掘現場や地下で採鉱された岩石・鉱物を運搬するために開発された超大型ダンプトラックです。, Belaz 75601は、総重量672.4t、全長14.9m、全幅9.25m、全高7.22m、最高速度64km/hで、出力3750HPのV型20気筒4サイクルディーゼルエンジンMTU20V4000を搭載しています。, Belaz 75601は、電磁式トランスミッションを搭載し、ディーゼルで発電機を回してその電力でモーターを動かすディーゼル・エレクトリック方式の駆動システムを採用しています。, 世界最大のダンプカーランキング、2位には同じ積載量の4種類のダンプカーがランクインしています。, はじめに紹介するのは、キャタピラー社が製造する世界で2番目に大きなダンプトラック797Fです。, 797Fは、2008年に行われたMINExpoで初めて公開された、採掘現場用のダンプカーで、キャタピラー社の製造する最大のトラックです。, 797Fは、総重量687.5トン、全長14.8m、全幅9.75m、全高6.52m、最高速度68km/hで、エンジンは前型である797Bで使用されていた3550HPから最大出力4000HPの24気筒Cat C175-20型 4サイクルターボ過給ディーゼルエンジンのターボチャージャー仕様に換装されています。, これによって、前型と同じ最高速度を維持しながら、さらに重い400tというペイロードを輸送できるようになりました。, 強力かつ効率性の高いエンジンを搭載することによって、運搬量を増やしてコストを削減するという顧客のニーズを満たすことができるようになりました。, 5300kgのミシュラン製XDRまたはブリヂストン製VRDPラジアルタイヤ6本を使用し、トランスミッション(変速装置)には、油圧トルクコンバーター制御式が採用されています。, 他社ではトランスミッションにディーゼル・エレクトリック方式を採用しているため、キャタピラー社は一般車両と同じメカニカルトランスミッションを採用した大型ダンプトラックを製造している唯一のメーカーとなっています。, 2008年にアメリカのメーカーTerex社から発売された MT6300ACも797Fと同じ積載量をもつ最大クラスの鉱山用ダンプカーです。, 2010年にBucyrus-Erie社がTerexの採掘機器部門を買収した後は、Bucyrus MT6300ACにブランド変更され、2011年にBucyrus-Erie社がキャタピラー社に買収されると、Bucyrus ACシリーズは、CaterpillarのUnitRigシリーズとして販売されることになりました。, MT6300ACは、総重量660t、全長14.63m、全幅9.70m、全高7.92m、最高速度64km/hで、定格出力3750HPの20気筒4サイクルディーゼルエンジンを搭載しています。, このエンジンはACオルタネーター(発電機)を備えていて、ここから供給された電力によって後車軸の両側に取り付けられたトリプル減速ギア付き電動モーターを動かし、これによって高い速度を発揮することができます。, リープヘルT 282Cおよびリープヘル T 284は、リープヘル(Liebherr)社が設計・製造を行った超大型ダンプカーで、それぞれ最大積載量400tを誇る世界第2位の鉱山用ダンプトラックです, リープヘルはドイツのヴュルテンベルクにある建設機械メーカーを母体にした企業体で、世界12か国に生産販売拠点を置き、従業員数33000人のリープヘル・グループを形成しています。, リープヘルの技術の結晶として完成したT 282C / T 284は、どちらも総重量661t、全長15.69m、全幅9.679m、全高7.42m、最大速度64km/hで、出力3750HPの20気筒ディーゼルエンジンを搭載し、リープヘルIGBT AC電気駆動システムを採用しています。, エンジンには最大4023HPのオプションタイプも存在していて、より燃料消費を抑えられるエンジンを選択することができます。, さらに、エンジンがアイドリングしているときに燃料を節約することができ、燃料消費を最小限に抑えてパフォーマンスを最大化できるLitronic Plusシステムを搭載しています。, T 282C / T 284は、大容量タイヤに対応していて、耐久性のある軽量フレームを採用することにより、軽量化を実現しつつ高い最大積載量を実現しています。, ランキング2位最後の1台は、2016年にコマツアメリカによって発売された、最新型モデルでコマツ史上最大機種となる980E-4です。, コマツ製最大となるダンプカーで、最大積載量400tを誇り、最大容量76㎥の巨大ベッセル(ダンプカーの荷物を積載する部分)を装備していて、大規模な採掘作業に適しています。, 980E-4は、総重量625t、全幅10.01m、全高7.09m、最大速度61km/hで、出力3500HPの18気筒4サイクルディーゼルエンジンのコマツSSDA18V170を搭載し、GEデュアル絶縁ゲートバイポーラトランジスタIGBT)AC電気駆動システムを採用しています。, 980E-4は、コマツアメリカのピオリア工場で生産され、この車両を導入することで鉱山開発の大規模化や経営の効率かに貢献することが可能になります。, 980E-4は、カナダのオイルサンド(高い粘性をもつ鉱物油分を含む砂岩)地帯など過酷な環境下でも使用できることを目的に登坂性の向上など高い稼働能力を実現していて、無人運行システムを搭載することもできます。, Belaz 75710は、大規模露天掘り鉱山などでの使用を目的に、ベラルーシのBelaz社が製造する世界最大のダンプカーです。, 2013年10月に、ロシアの鉱山会社SDS-Ugolからの発注に基づいて開発されたもので、キャタピラー797FやリープヘルT 282C / T 284を抜いて積載量世界最大の座に輝きました。, Belaz社は75710を生産するために新工場を立ち上げ、最初の生産分はシベリア南西部にあるロシア最大の炭鉱地帯であるクズネツク盆地のチェルニゴヴィッツ鉱山に送られました。, 正式な販売は2014年から開始されていて、Belaz社はこのプロジェクトのために総額6億4400万ドルを投入しています。, Belaz 75710は、総重量360t、全長20.6m、全幅9.87m、全高8.16m、最高速度64km/h価格は600万ドル(約6億3500万円)というまさにモンスター級のダンプトラックです。, Belaz 75710は、出力2300HPのターボコンプレッサー付き16気筒ディーゼルエンジンMTU DD16V4000を2基搭載し、シーメンス製MMT500ドライブシステムと2基のACオルタネーター、4基のACトラクションモーターによって接続するという駆動システムを採用しています。, 燃料消費量は100㎞あたり1300ℓとされていますが、燃料を節約するために1つのエンジンだけで走行することも可能です。, ミシュラン製スーパーサイズ・タイヤを8個装備し、交流電力を動力とする電気機械式トランスミッションを採用しています。, いくら巨大なダンプカーをもっていても、運転が難しければ意味はないといわれますが、ドライバーがその巨大さに慣れるのに時間がかかるものの、Belaz 75710の運転操作は比較的簡といわれています。, Belaz 75710は、重量の重さからくる燃費の低下や、複雑な駆動システム、ベッセルが比較的浅いために大きさの割には積載量が限られることなど、いくつかの問題点も指摘されています。, しかし、世界最大のBelaz 75710がもつ驚異的なペイロードにはやはり大きな魅力があり、本家のベラルーシでは切手のモチーフになるなど人気も高く、これからも世界で活躍していくダンプカーです。, 多くの人にとって、ダンプカーは工事現場などで見るだけで、自分で運転したり乗ったりすることは一生ない乗り物です。, さらに、ここで紹介した超巨大ダンプトラックになると、国内では目にする機会もなかなかありません。, 私たちにとっては遠い世界の存在であるこうしたダンプカーも、世界の鉱業地帯ではなくてはならない存在ですし、こうした車両たちの活躍が巡り巡って私たちの生活に関わっていることもあるかもしれません。. トラックメーカーの解説前に、まず知っておいて頂きたいのが、トラックは車体部分(シャシー)とボディ部分(上物)の2つに分けられるということ。 そして、この2つは別のメーカーで造られることも多いということを! 例えば、いすゞのエルフを例に挙げましょう。 同じエルフでもボディ(上物とも呼ばれる架装・荷台部分)がダンプ仕様のもの、アルミバン仕様のもの、タンクローリー仕様のもの…と色んな種類で分けられ … ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのurlリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。 このページは全5452件・682ページ中の1ページ目、 1-8件目件まで の一覧表です。 ⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価! 【最大馬力】 ・最大馬力:169kW(230ps)/4,250rpm ・排気量:2488cc(ガソリンターボ) ・価格: 3.742.200 円~ 2018 年に追加グレードとして登場した CX-8 のターボ車がランキングに入っています。 馬力などが知りたいです。 よろしく. 出力は大型観光バスだと270馬力位から480馬力位まで、大型トラック用だと280馬力位から600馬力(トラクタ用)位までありますね。 特にトラック用は積載量や用途によって直6ターボからV12無過給エンジンまでいろいろあります。 ちなみにトラクタ用の30000㏄、最大出力600馬力、最大トル … ③勤務時間/仕事内容などの条件改善, などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!, 日本最大級のドライバー転職サイト「ドライバーキャリア」は丸和運輸機関やSBSグループなど大手物流企業など、全国で数百の事業所で利用されているサービスで、1万名以上のドライバー登録があります。, ✔︎ 求人広告を出したが全く応募が来ない エンジンが力を出す為に、空気と燃料を吸い込んで燃やす円筒状の場所があり、燃えた後は排気します。この吸い込んだり排気したりする量が排気量で、容積なのでcc(立方センチ)で表します。例えると、2000ccは2リットルのバケツ、1000ccは1リットルのバケツで、2リットルのバケツの方がたくさんの水が運べるのは明確ですね。 何馬力あるのでしょうか, エアクリーナー交換してキノコにすると馬力が上がるそうですが、フィルター無しにするともっと馬力が上がり, パワーアップ HA21アルトワークスに乗ってます、100馬力位までパワーアップさせたい、やっぱりター, どなたか、KT100Jエンジンについて知っている方はいませんか? (馬力は全て規制値の64馬力です), 馬力は軽自動車の場合、64馬力の規制があるので大幅な変化はないですが、最大トルクが大幅にアップしていることが分かります。, このランキングでは下記のようなスポーツタイプのターボ車を除いているものの、それぞれNシリーズがパワフルで馬力のある軽自動車と言えそうです。, ただスポーツタイプのアルト・ワークスに関しては、新車価格が151万円~という点や4人乗れることからランキングにいれてあります。, ※スポーツタイプも含めた軽自動車のターボエンジン搭載車について詳しく知りたい方は下記の記事がございますので、ぜひ参考にしてください。, 先程もご紹介したように軽自動車は自主規制によって、馬力(最大出力)は64psまでとなっています。, 軽自動車の馬力規制の中で車のパワーを引き出すには、トルクによるエンジンの回転する力を大きくして、初速や加速力を高めることが重要になってくるのです。, そのような作りのターボ車はノンターボ車(自然吸気エンジン)よりもパワーがあって、最大トルクが高くなるというメリットがあります。 ✔︎ ドライバーの高齢化が進んでいる.. 軽自動車「軽トラック」人気ランキング全8車種&評価口コミまとめ MOBY編集部インターネット調査チームが総力を挙げて軽自動車「軽トラック」について、2019年通年販売台数から人気ランキングを作成、各モデルの試乗評価やユーザーの声をインターネットから徹底情報収集しました。 「勤務の時間帯を変えたい...」 >馬力 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 軽自動車といえば、排気量が最大660ccまでという制限でパワー不足感が否めません。, 1〜2人程度でサクッと小回りのきく軽自動車を運転する際はいいのですが、ファミリーでの走行や荷物の積載、坂道や雪道では馬力(最大出力)が重要ですよね?, ターボ無し+4人乗車などの場合では、パワー不足でストレスを感じることも多々あるでしょう。, もともと普通車に比べるとパワー不足なのは言うまでもないですが、「それでも軽自動車の中でパワフルな車を選びたい!」という人のために、この記事では馬力のある軽自動車ランキングをご紹介しますね。, 流れとしては、まずこの記事の前半にて軽自動車のターボについて(64馬力規制)や馬力のある軽自動車ランキングをご紹介し、, この記事を読めば、車の最大出力や馬力、トルクなどのパワーに関する知識を得つつ、どの車がパワーがあるのかをざっくりと知ることができますので、ぜひご一読くださいね。, そもそも馬力が何を意味するのかというと、本来は”一定時間内に決められた荷物をどこまで運べるか”を示す指標のこと。, この馬力はトルクやエンジンの回転数を掛け合わせて、車のパワーを表す数値として捉えられます。, 馬力はアメリカではHP、ヨーロッパ・日本ではPSで表記しており、HPとPSではわずかに数値に誤差が生じますが、車の出力を見る際は気にしなくて大丈夫です。, ご存知の方もいると思いますが、軽自動車には64馬力までというメーカーの自主規制があります。, しかし1987年2月にスズキの初代アルト・ワークスが64馬力(550cc直列3気筒ツインカムターボ)という驚異的な数値を叩き出し発売。, そこでそのような状況に歯止めをかけるため、当時の最大馬力の64馬力を自主規制値に定められたのです。, そのような中でよりパワフルな軽自動車を探すには、トルクが重要なカギになってきます。, トルクは自動車のタイヤを回転させる力のことで、加速力や燃費に大きく関係してきます。, 車を発進させる瞬間や、坂道を走る際のパワーはトルクが大きいほどパワフルで、少ない回転数で出力できれば燃費も良くなりますよね。, 最高速度を決めるのは馬力ですが、最高速度を出すまでの時間(瞬発的な力)を早めてくれるのがトルクということになります。, 軽自動車でパワフルな車種を知りたい場合、馬力とトルクに注目して選ぶようにしましょう。, 自動車のエンジンでターボ搭載の軽自動車は最大トルクが大幅に上がりますので、ノンターボ車と比べて馬力が強いです。, トルクは回転数がrpmで表記されており、これが少ないほど「少ないエンジン回転数でパワーを引き出せる」ということになります。, ノンターボ車はホンダのNシリーズが最も馬力が強くてパワフルだということがわかりました。, ただしこのランキングでは、車重や燃費といった要素は考慮していないので、ファミリーで利用したり積載状況などによって最適な車は変わってきます。, ターボとはスポーツタイプやワンボックスタイプなどの高いエンジン出力が求められる車に搭載されるエンジンです。, ターボ車はパワー不足を解消でき、坂道や荷物を運搬する際に頼もしい存在であり、最大トルクがかなり高くなります。, さらに極力少ないエンジン回転数で最大トルクが発揮される方が、エンジンのパワーを使いやすいため、, このランキングでは最大トルクとそれを発生させる回転数でランキング付けしています。 DriverHacker[ドライバーハッカー] , このランキングにおいて、最高出力(馬力)が最も大きかったのは r35型 gt-r [nismo|2014/04]の 600ps 、最も小さかったのは ec22s型 ツイン [hybrid-b|2005/02]の 37ps で、その差は563ps、また該当する全ての車種の平均は 135.0ps という結果になりました。 トラックを直して来た中でのランキングでしたが、やはりドライバーさんや経営者さんとはまた違ったランキングになったと思います。 1位の日野は新車や中古車で買う時に高いですが、故障の少なさや、乗り心地などを考えると1番長く乗れます。 トラックの「馬力」と言っても、実は細かく分けるともっと注意してチェックするべきところがあります。, トルク値が低いとトラックが加速する時に加速度が低くなり、トルク値が高いと素早く加速できます。, 常に回転数が高ければ良いものではなく、ギアごとの適切な回転数で走行する必要があります。守らないとトラックを早く故障させる原因にもなりかねません。, 1N・mは0.102kgf・m。ここでkgf・m(キログラムメートル)という単位が出てきましたが、これは1993年ごろまで使用されていたトルクの単位になります。f("force")は単位が重さではなく力であることを表すために付けています。, この「力」こそが、トルクであり、力を込めてペダルを踏むと自転車が素早く加速していきます。, 見方を変えると、自転車を漕ぐ人が、若い男性かおばあさんによって力の入り方が違いますよね。若い人の方が当然力があるので力が入ります。これはトルクが大きいと言えます。, トラックでも考え方は似ており、停止時からアクセルを踏み込んだ時にトルクのある車は素早く・力強く加速していきます。反対にトルクが弱いトラックですと、なかなか加速が鈍くなります。, 単位は RPM(英語でRevolutions Per MinuteまたはRotations Per Minuteで表します。, 回転数が早いとエンジンの出力が高くなります。トラックについているタコメーターが回転数を表しています。, ここでの一定速度で走る時の足の回転数が車での「回転数」になり、漕ぐスピードを上げる(回転数が高い)と自転車も速度が出ます。, トラックでも同じであり、エンジンの回転数が高いと、トラックのスピードも上がります。ただし、踏み込み過ぎて常に高い回転数で走行していると故障の原因になるので注意が必要です。, ペダルの漕ぐ力(トルク)とペダルの回転数(回転数)が高いと、結果として自転車のスピードが上がります。自転車を漕ぐ人が力を持っている人だと力強くそして早く漕げるので、結果として馬力があるということになります。, トラックでも、同じことで、トルクと回転数が高いと結果としてトラックのパワーが上がります。馬力が大きいとトラックの最大性能も高いと言えますのでトラック購入を考える上でおろそかにできない数字です。, 日本車の大型車メーカーで唯一参戦している日野ですが、その技術を市販トラックにも生かしているためとても性能が良いです。, プロフィアトラックは通常の13Lエンジンと、ダウンサイジングした9Lエンジンがあり、, トラックは馬力が重要ですが、この9Lエンジンはエンジンをダウンサイジング化できたことにより運転の快適性はそのままに燃費が向上し、ガソリン代を節約できるため、事業者のことを考えられたトラックになります。, 2つのトラックを比べると、エンジンの排気量を4L分小さくしただけなのに、出力は約8%,トルクは約10%しか落ちてないことがわかります。, これだけの出力低下で燃費代が安くなるのを考えると、物流費が高騰している今を考えると燃料費の節約できるオススメのトラックと言えるかもしれません。, また、13Lエンジントラックでも、少ない回転数で大きなトルクを引き出せるのが特徴であります。, UDトラックスはこの後説明します「アイアンナイト」を開発したボルボの子会社で、主には日本でトラックやバスの製造、ボルボ製品の輸入をしております。, UDは"Ultimate Dependability"(究極の信頼)を意味しております。, 日野の「プロフィア」と比べると排気量は少ないですが、最高出力と最大トルク共に負けてないので、性能の良いエンジンを搭載していることがわかりますね。, いすゞは1916年創業の会社で過去には乗用車を作っていましたが、現在ではトラックやバス等を主に製造している会社になります。, 国内の大型トラックメーカーで初めて、ミリ波レーダーとカメラによる安全装備を備え、トラック業界でも安全装置の先駆け的な会社になります。, 排気量が同等の日野のプロフィアと比べると、最大出力も最大トルクもほぼ同等になります。, ウェブサイトをみてみますと、常用使用の中で使用率の高いエンジンの回転域のでの燃費性能向上に力を入れてます。また、電子制御によりエンジンへの燃料噴射を制御しているので、燃費性能の良いトラックと言えそうです。, また、車体の流体にも力を入れており、側面の空気抵抗を減らす車体デザインを採用しています。, トラックは風の抵抗を直に受けやすいので、少しでも燃費向上のために貢献してくれるのは嬉しいですね。, 2つのエンジンともアイドリングストップ&スタート機能を備えており、燃費向上をはかっております。, また、7.7Lエンジンは低速域で使用する小型ターボと通常走行時に使用する大型ターボの2種類のターボを搭載する、「2ステージターボ」を採用しており、小型エンジンだとは思わせないトルクと高出力を実現させてます。, 10.7Lモデルトラックでは「アシンメトリックターボ」を採用しており、高過給と高EGRを両立でき、燃料とアドブルーの消費を抑え燃費向上を実現しています。, また、排気量10.7Lトラックのスペックを他の4車種と比較すると、日野のプロフィアの排気量13Lトラックよりも排気量が少ないにもかかわらず、最大出力(馬力)と最大トルクが大きい事がわかります。, 北欧スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」は小型車からトラックまで様々な車種を製造しているメーカーです。, そのボルボが製造したトラック「アイアンナイト」はトラック界の世界最速トラックです。, Volvo’s Iron Knight is the Fastest Truck in the World, 排気量は13Lと日野のプロフィアと変わりませんが、なんと、馬力は2400PSと6倍以上です。, そして、0-100km/hの加速は4.6秒ととても早いです。(0-100k/mの加速とは、停止時から、時速100kmの加速の速さを指します。), どれぐらい早いかというと、一般的に、乗用車の加速は0-100km/hで平均10秒ほどが目安と言われています。スポーツカーである日産 フェアレディZ バージョンSTが5.1秒ですのでトラックがスポーツカーの記録を大きく上回ってます。, また、最高速度も276km/hと街中を走っているトラックと比べても桁違いに速いですね。, 今日では、物流コストの削減が求められており、各配送会社ともにしのぎを削っております。しかしながら、燃料費の増加に伴い、各社の経営を圧迫する事態にもなっております。そんななか、上記にスペック比較した様に排気量が少ない、そして燃費性能が良いエコなトラックが人気となっています。, しかしながら、基本的なエンジンの性能が排気量の小さいトラックに比べて高いので、少ないエンジン回転数で運行することができます。エンジンの回転数を抑えられると使用する燃料も少なくなるので、エコなトラックの運行につながります。, もちろん、最大性能が高いトラックなので、トルクや馬力も十分確保でき、パワー不足になることもありません。, 最近では10Lを切る排気量の少ないトラックがトレンドとなっております。やはり、排気量が大きい=使用する燃料が多いので各社とも小型エンジンを開発・導入しております。, 小型エンジンにすることにより、エンジンスペースの小型化やエンジンの軽量化になり、貨物積載のスペースを増やしたトラックやエンジンの軽量化によってトラックの基本重量が下がる事により、より多くの貨物を搭載できたりと、メリットが数多くあります。, 数多くのトラックを運行する配送会社にとっては、少しの軽量化や少しの燃費向上、使用燃料の削減はとても大きな影響を及ぼしそうです。, エコエンジンのトラックは燃費が良くて搭載量が増えていい事づくしなのはわかりましたが、エンジン性能どうなのでしょうか。, 例えば、三菱ふそうの新型スーパーグレートでは、エンジンの出力不足を防ぐため、低速域用と高速域用の2つのターボを搭載し、各速度域での出力不足問題を解決しており、ドライバーにとっても運転しやすいトラックになります。, また、日野のプロフィアもダウンサイジング化したにも関わらず、スペックからしても13Lエンジンモデルに引けを取らないスペックになっており、各社とも単にエンジンサイズを小さくするだけではなく、サイズを小さくして、かつしっかりと馬力やトルクを出せ、ドライバーにも安心して運転してもらえる様なトラックを開発してる事がわかります。, トラックの馬力について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。トラックの「馬力」はやはり重要項目ですが、馬力だけではなく「トルク」や「回転数」もトラックの性能を考える上では重要項目です。また、最近では排気量の少ないトラックが登場したり、エンジン性能だけでなく、トラックの流体構造まで研究をし、なるべく無駄を省け燃料費を抑えようとしているトラックまで登場しています。, 「転職して給与をUPさせたい...」

Pso2 環境設定 おすすめ, 透明トレカ 印刷 ファミマ, Iphone 操作音 変更, いわき市 体育館 個人利用, Oracle ストアドプロシージャ 確認, 春 ごとき 歌詞,