ロードバイク ホイール インプレ 4

November 15, 2020

ロードバイクのパーツの中で、もっとも走りに影響するホイール選びはいろいろ悩みますよね。下手をするとフレームより高い高級ホイールも多く存在します。, デュラエースの中でも、2016年に発表され、2017年から発売されているWH-R9100シリーズのC40、C60についてです。, 私自身、何を血迷ったのかWH-R9100-C60のカーボンチューブラーを購入していますので、その経験を踏まえ、おすすめできるホイールなのか紹介していきますが、, いきなり、インプレから書きます。特徴などは後半に書いていますので興味があればそちらもご覧ください。, まず自分のレベルですが、ロードバイク歴5年で、ロングライドのイベントや、草レースなどに参加しています。分かり安いところで言うと、鈴鹿サーキットでのアタック120で3時間10分程度で走るレベルです。, 普段使っているホイールは、フルクラム レーシングゼロ、Roval Rapide CLX 40(共にクリンチャー)ですので、これと比較したインプレとなります。, 25Cのタイヤをつけていますが、上から見るとタイヤの幅よりリム幅が広いのでリムが飛び出しています。いかにも空力がよさそうな印象を受けます。, また、シマノにしては、DURA‐ACEの文字のみで自分的には気に入っています。前モデルよりシンプルでカッコいいと思います。, 平地では、このホイールのいいところしか目立ちません。ROVALの40ミリと比べても明らかに高速巡行速度が上がります。軽く流しても30キロは余裕にでます。, レーシングゼロと比較すると、頑張って踏んで35キロでも、WH-R9100-C60なら楽々と35キロはこなせます。踏めば踏むほど進むので、気が付くと30キロ後半まで速度が上がっているといった感じです。, ここが一番おすすめなポイントですが、ほんとによく進むので、ついつい踏みたくなってしまうホイールです。気を付けないといけないのは、調子付いてどんどん踏むと足が無くなる(脚が付かれて動かなくなる)ので要注意です。, 追い風の時って、スピードが乗るのでついつい踏みたくなりませんか?追い風で楽なはずなのに、調子にのってスピードを出しすぎて、逆に疲れてしまうなんてこと1度や2度は経験したことありますよね?, まさに追い風なのでもっと踏みたい・・・そんな感じと思って頂けたらイメージが付くかと思います。, 乗り心地ですが、WH-R9100-C60>ROVAL>>>>レーシングゼロといった感じです。硬いかと思いきや、乗っていて楽なのは明らかにWH-R9100-C60です。ロングライドでも後半まで結構足が持ちます。(調子に乗ってガンガン踏まなければの話ですが・・), ブレーキの性能ですが、これはレーシングゼロと遜色ないぐらいによく効きます。ROVAL(2世代前のモデル)と比べるとその差は歴然です。最新のモデルではそんなことは無いでしょうが、カーボンホイールの進化を感じます。, ディープホイールで気になる横風ですが、これは慣れてないとちょっと怖いかもしれません。ROVALの40ミリでは風の強い時でも多少は風の影響を受けますが、WH-R9100-C60は横風を受けるとハンドルが取られる感触があります。ただし、明らかに風が強いなぁーって思う日、以外は大丈夫です。, ただ、向かい風は明らかに楽です。D2形状の効果なのだと思いますが、他のホイールとは明らかに違いが分かります。, ヒルクライムでもディープホイールでありながら、重量はレーシングゼロより50g、ロバールとは100g程度の差しかありません。踏み出しの軽さはレーシングゼロが良いですが、掛かり具合はROVALやWH-R9100-C60の方がマイルドな感じで自分は好きですし、20分以上の坂では、安定的に力を入れられるROVAL、WH-R9100-C60の方がタイム的にも良い感じです。坂ではROVALがいいですが、下りのことを考えるとWH-R9100-C60のブレーキ性能が勝っているので、トータルではWH-R9100-C60に軍配があがります。, R9100-C60を履くことで、今までより3~4キロ速く走れるので、ライバルに勝てたり、伸び悩んでいたタイムを短縮したり、より長距離のロングライドを楽しめると思います。, ガンガン早く走りたいって人や、遠くまで楽にライドをしたいって方にお勧めでるホイールです。確かに、高額ではありますが、シマノの耐久性を考えると損はないと思います。, シマノと聞くと、品質の高さや耐久性の良さは誰もが納得するところだと思います。コンポでは圧倒的なシェアを誇っています。, そんなシマノのホイールですから、品質、耐久性、価格とどれも高いレベルの優等生的な製品が多いです。反面、フルクラムやカンパなどの海外メーカと比べると、地味なデザインが多いのが欠点ではありますが。, そんなシマノのホイールのトップモデルがデュラエースとなります。お値段も30万円以上といいお値段ですが、それほどの価値があるホイールだと思います。, インプレのところでも書きましたが、D2リムと呼ばれるワイド幅のリム形状が特徴的で、優れた空力特性を生んでいるようです。単純にリム形状に25Cのタイヤを合わせて図を作成してみると以下に、リム幅が広いのかよくわかると思います。完全にリムの方が外にはみ出しています。実際の25Cをはめた状態で上から写真を撮った図も載せていますので、よくわかると思います。, カタログの説明では、リムとタイヤのギャップがなくなり、乱流(渦巻)の発生が抑えられることで空気抵抗を削減しているようです。, 前モデルのWH-R9000-C50-TUに比べて16Wもパワー削減になっているようです。(ヨー角7.5°、25cタイヤ装着時)。16Wのパワーセーブということは、私の周りでパワーメータを付けている人を見ると、FTP180W~280Wで、自分は248W程度です。(FTPとは1時間維持できる限界の平均パワー), なので簡単にいうと16Wのパワーセーブというのは、一般のローディで5%~10%力を抜いても、同じ速度が出せるということです。(同じディープホイール同士の比較でですよ。), そもそもでディープホイールの効果も10%程度あると、NHKのチャリダーという番組で実験していました。ということは、最大で20%程度もパワーをセーブできてしまうということです。, なので、楽に走れる訳です。(まぁ、結局はその分スピードを出すので楽にはなりませんが・・), ちなみに、C40でもD2リムではないようですが、幅広のリムのおかけで2Wのパワーセーブを実現しているそうです。, ホイールの耐久性を決める要素にスポークテンションがアンバランスになるとスポークの緩みや破損が起きやすいようです。, OPTBALによって、スポークテンションのバランスを最適化し、かつ剛性UPにつながり、シマノの高い耐久性をもたらし、反応性もよくなるようです。, また、エクストラワイドフランジにより横方向の剛性アップと、駆動側と非駆動側でスポークの角度を変えることで、左右のバランスを均一化しねじれ剛性をアップさせています。, 実際、足が残りやすいのと、踏めば踏むほど進むことを考えると、入力した力が逃げずに回転力につながっている証拠だと思います。, シマノのカタログから抜粋すると、重量は、C40で1384g、C60で1496gとデープリムの割には軽量です。お値段はどちらも同価格で税抜きで32万円程度になっています。, Shimano【シマノ】デュラエース【R9100】WH-R9100-C60-TU チューブラー 前後セット 付属/ホイールバックIWHR9100C60FRTB, 自分がC60を選んだ理由としては、レースに出るときや、遠征に行くときの特別感を味わいたくてC60を購入しました。40ミリはROVALがあったので同じのでC40は選択肢しませんでした。, 普段でも使いたいし、山でも平地でもオールランダーで使いたいならC40をお勧めしますが、平地を気持ちよく走りたいし、草レースにも出たいと思うならC60をお勧めします。, なにより、C60の空力の良さは是非体感していただきたいですし、なんといっても自転車自体がとってもカッコよくなります!!, C40とC60では見た目が全然違いますよね。上がC60、下がC40を付けたPINARELLO DOGMA F10です。断然上のC60がカッコいいと思いませんか?, 海外通販サイトならbikeINNが、シマノ製品を取り扱っていますが、国内通販サイトでもかなり安く手に入れられる様です。, (送料無料)SHIMANO シマノ WHEEL チューブラーホイール WH-R9…価格:281670円(税込、送料無料) (2020/5/5時点), ・とにかく平地をガンガン飛ばして走りたい人にはほんとおすすめです。飛ばすとアドレナリンが噴き出る~って人にはまじでおすすめ。もっとアドレナリンが噴き出すことでしょう(笑)。, ・単独でも楽しいですが、集団でローテをするときにもこのアドバンテージが大きな武器になります。, ・兎に角、かっこいいロードバイクが好き!って方にも。横から見た迫力もありますし、まじかで見てもワイドリムは迫力満点です。, 上記のような方はC60を買って後悔することはないと思います。高額ではありますが、それなりの価値はあると思います。, ・初心者の方には向かないかもしれません。体幹がしっかりしていないと横風に振られたときに、転倒のリスクが若干高いかもしれません。, そんな方はC40がベストだと思います。C24もありますが、見た目はちょっと・・・て感じです。, プロテインやサプリの購入におすすめ! 現在までのホイール歴史、そして未来予想まで書かれています。, 特に知りたいような事ではなかったですが、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このバナーを押すとブログ村に飛ばされるかわりにこのブログを応援することができます。押してくれたらモチベーションが上がる(かもしれない…) 「アルミとカーボンでブレーキパットは使い分けるべきか?」 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); アルテグラを買った後にもうワンランク上のホイールが気になる人も多いので、どうせなら最初からいいホイール買っておいたほうがコスパがいいんじゃね?という感じです。, もう一歩進んでフルクラムのレーシング3とか、マヴィックのキシリウムエリートあたりを買っておいたほうが、満足度は高い気がします。, カンパ・フルクラムのディスクブレーキホイール、クイックリリース対応アダプターについて。, 2021年、最も人気なのはスペシャライズドとピナレロ!2826票から選ばれた第1位。. ロードバイクタイヤの未来はどこにある? 群雄割拠のホイール界, ホイール黎明期1980年代まで遡り、 「各ホイールメーカーがもつ乗り味の特徴」, など、ちょっと気になるホイールにまつわる SACRAホイール「4G-50-TU」乗車前インプレ。徹底分析してみた。 真偽のほどはちゃんと確かめられていなかったりします。, 対して、この本に書かれていることは、 抜け目なく書いてくれています。, ページ数の関係からサラッと済ませ、 シャマルミレを購入してから1年半ほどが経過したので今回はゾンダとシャマルの比較インプレを書いていこうと思います!( ̄^ ̄)ゞ, カンパ用のフリーボディはアルミで作られているのに対してシマノ用のフリーボディは強度を確保するために鉄製なのです。, これはシャマルミレには新型のアルミで作られたシマノ用フリーボディが採用されているからです。, まあそれだけゾンダが優秀なホイールなんでしょう。(だからテメェが鈍感なだけだΣ(゚Д゚)), なので異なるグレードのパーツを比較するときは最初に1番グレードの高いやつを使用してみると良いかもしれません。, よく雑誌のインプレとかでホイールが固いとか聞きますが「これが固いってことなんだな~」と感動してしまった。, カンパニョーロとフルクラムのホイールのベアリングはノーマル、USB、CULTの3種類。, ゾンダにはノーマルベアリング、シャマルには2番目のUSBベアリングとやらが採用されています。, 私のラレーのようなクラシックなクロモリには似合わないかな~と思っていましたが、履かせてみるとあらビックリ!, ブレーキシューが早く消耗するのはまぁ仕方なしとして問題なのはそのブレーキシューのお値段が高いことですね。前後セットで5000円くらいします。Σ(゚Д゚)タカスギル, 急に信号が変わったときもシャマルミレならゾンダより余裕をもって止まることができます。, 雨の日にレースをするならフロントだけでもシャマルミレにしておけばコーナー前でしっかり減速でき安全に曲がることができそうです。, 後々グレードの高いホイールを買ったとしても普段履きホイールとして使うこともできます。, 私は黒いリムのカッコよさに一目ぼれしてシャマルミレの方を買ってしまいました。(゚Д゚;), ロードバイクは見た目のカッコよさを楽しむところがあるのでミレを買ったほうが満足度は高いですね(;´Д`), 注意!このインプレで出てくるZONDAはワイドリム化される前の2015年モデルです。, 注意!ワイドリム化された新しいゾンダには新型のアルミで作られたシマノ用フリーボディが採用されているためカンパ用もシマノ用も重量差があまり無いと思われます。, deuter(ドイター) レース EXP エアー使用レビュー!背中が蒸れないバックパックです!, ロードバイクの軽量化!9kg近いロードバイクを7.2kgまで軽量化した全手法について語ろうか, 105とアルテグラにはどれくらい違いがあるのか?5800とR8000の比較インプレ!. 「トーインは本当につけるべきなのか?」 ホイールを絞り込む ネット上ではロードバイクのホイールについて、様々なインプレがたくさん転がっています。 同じホイールでも、人によっては【すごくいい!買ってよかった!】という意見もあれば、【ダメだこりゃ・・・】という意見もあります。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 全く同じホイールを使いながら、評価が割れる理由についてお話します。, なんだかんだ3万ちょいで買えることが多いので、値段的にはお買い得と言っていいホイールの一つだと思っています。 アルテグラの長所を挙げるならば、チューブレスタイヤとクリンチャータイヤの両方が使えるという点ですね。 低価格でチューブレスタイヤ対応のホイールは少ないので、チューブレスタイヤを使いたい人には大きなメリットです。, アルテグラについてはネット上でもインプレが多く、様々な意見があります。 例えば ・すごく軽い ・加速が良くなった ・乗り心地がいい ・アルテグラを買うくらいなら、もうちょっと予算出してワンランク上のホイールを買ったほうがいい ・走りがモッサリしている ・剛性が低い ・もっとお金を出していいホイール買ったほうがいいと言われたけど、十分満足, 見てわかるように、両極端な意見が入り込んでいます。 加速が良くなったという人もいれば、走りがモッサリしているという両極端な意見を持つ人もいます。 剛性が高いという人もいれば、剛性が低いという人もいます。, 私の中でのアルテグラ(WH-6800)の評価ですが、こんな感じです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ よくある完成車付属の無名ホイールよりは走りが良くなるが、劇的な変化にはなりづらい。 なのでもう数万出してもう一歩上のホイールを買ったほうが変化がわかりやすいし、後々を考えたらそのほうがコスパがいい。 クリンチャータイヤしか使わない人には、タイヤが嵌めにくいしリム構造も重くなるため、あまりメリットがない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・, こんな感じになります。 個人的な感覚としては、アルテグラを買った後にもうワンランク上のホイールが気になる人も多いので、どうせなら最初からいいホイール買っておいたほうがコスパがいいんじゃね?という感じです。 チューブレスタイヤを使いたい人にはメリットは多いかもしれません。 でもチューブレスタイヤは何かと面倒だったりします。 出先でパンクしたときなど。, それらを考えたら、もうちょい上のランクのホイールを買っておいたほうがいいんじゃないかという私なりの提案です。, 私の場合、ロード完成車についてきたホイールは、マヴィックのアクシウムでした。(現行モデルだとアクシウムエリートに該当) アクシウムは重量的には1740gとかそんな感じだったと思いますが、アクシウムクラスのホイールの中では剛性が高めであって、【持つと重いけど走ると結構軽い】という不思議なホイールです。, アクシウムからアルテグラに変えた場合、ほとんどの人は意味のない買い物だったと思うでしょう。, 一方、最初にクロスバイクを買ったときのホイールは、正確には知りませんが前後で2500g以上あったでしょう。 そういうホイールからアルテグラに変えるなら、それなりの感動はあると思います。 クロスバイクのホイールは、雑な扱いしても壊れないような頑丈さが求められているため、とにかく重いのが特徴です。 そこからアルテグラに変えるなら、かなりの軽量化になるため走りは良くなるでしょう。, 結局のところ、何と比較しているかによってホイールの評価が変わるので、ネットのインプレというのは評価対象が大切だったりします。, なんでもそうですが、好みというのは存在します。 100人いたら100人全員が好きなことってそうそうありません。, ラーメン屋でもそうですよね。 旨いと評判が高く、常に行列で待たされるラーメン屋があったとして、あなたがその味を好きになるかは別問題です。 せっかく一時間並んで食べたのに、イマイチだったということもあるでしょう。 この場合、【旨いだろう】という先入観が入り込みすぎている場合もあり、普通クラスの旨さでは納得できなかったために辛口コメントになる可能性もあります。, 剛性についても難しいところです。 正直なところでいうならば、ホイールに必要とされる剛性は、人それぞれ違います。 10の剛性で十分の人もいれば、20の剛性で足りないという人もいるのです。, ちょっと例えは違いますが、辛さを選べるカレー屋さんってありますよね。 そこであなたが必要とする辛さと、私が必要とする辛さが同じとは限りません。 私自身は激辛系は苦手ですので、激辛系を食べたら火を噴きます。 ですが同じ辛さのものを食べて、涼しい顔しておいしいねという人もいます。, 某ホイールメーカーの元開発者の人のブログに、【専属のライダーに新作ホイールを試乗して意見を求めても、剛性が弱いからもう少し高めてという意見もあれば、その逆もある】みたいに書かれていました。 専属ライダーを務めるような人は一般人ではなくプロもしくはセミプロみたいなライダーですが、そういうレベルの人でも意見が割れることはあるようです。, 例えばですが、アルテグラとレーシング3を比べたとき、レーシング3のほうが剛性は高いという人のほうが圧倒的多数だと思います。 ここで勘違いする人が結構多いのですが、レーシング3はアルテグラに比べて剛性が高いだけで、ホイールという大きな枠から見たら決して剛性が高すぎるホイールではないということです。, もちろん、上に書いたように【必要な剛性は人それぞれ違う】という原則がありますが、10万円以下のホイールで剛性が高すぎてツライというホイール自体、ナイと思っています。 10万円以下のホイールとなると、基本的には【アルミリム+スチールスポーク】の組み合わせですが、この組み合わせで硬すぎてツライということはあまり起こりません。 私もそういう意見を聞いたことがないです。, ところがスチールスポークよりもはるかに硬いアルミスポークのホイールになると、話が変わってきます。 アルミリム+アルミスポークの代表というと、フルクラムのレーシングゼロやカンパニョーロのシャマル、マヴィックのキシリウムプロなどがありますが、アルミスポークのホイールだと硬すぎてロングライドはツライということもあります。 この辺は【必要な剛性は人それぞれ違う】ということと、【好み】が入ってきます。, そこで最初に挙げたアルテグラです。 確かに完成車付属の無名のホイールから見たら、走りは軽くなると思います。 でもすごく大きな変化になるかというと、プラシーボ効果を除けばそんなに大きな変化にはならない気がします。, そうなると、もう一歩進んでフルクラムのレーシング3とか、マヴィックのキシリウムエリートあたりを買っておいたほうが、満足度は高い気がします。, レーシング3のスペック。 Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット, アルテグラについてはチューブレスタイヤが使えるのがメリットと書きましたが、レーシング3でも【2WAY-FIT】を選べばチューブレスタイヤは使えますし、レーシング3のほうが走りは上に感じる人が圧倒的多数だと思います。, RS21についても、確かに値段的に安く、この価格できちんと11速対応のオフセットリムが使われているのはすごいと思いますし、ネット上ではやたらと称賛されています。 ですがRS21についてはリムが劇的に重いのです。 私がRS21に乗った印象では、これを評価している人たちはいったい何と比較しているんだろうと疑問に思います。 キシリウムなどと比較してさほど変わらないと書いている人もいますが、じゃあそういう人がレースでRS21を使っているかというとやはりキシリウムを使うでしょう。, ここで書いていること自体も、あくまでも私の主観です。 以前も【あなたの意見は偏っている!】みたいにコメントいただいたことがありますが、結局は私が評価したことは、私の主観にしかなりえないのです。, なので気になるホイールがあるならば、買って試してくださいというのが本音ですが、次々と買って試せる人ってそうはいないと思います。 なので他人のインプレを読むときは、一歩引いて読むということも大切ですし、世の中にはホイールレンタルをしている自転車屋もありますから、そういうところでホイールをレンタルして試してから買うというのも一つの選択肢です。 まあ、ホイールレンタルの場合、そこそこのお値段のホイールしかないので、アルテグラクラスでレンタルしてくれる店があるとも思えないのが残念なところですが。. さて、先日BORAWTOのフロントホイールが割れました。意外に簡単に、パキッ!と言っただけで使用不能に。感想としては「あ、あっけなさすぎる!」BORAなら岩場でジャンプしても大丈夫だと思っていた時期が私にもありました・・・... 以前、CHAPTER2のグラベルバイク「AO」に乗ってからというもの、とってもグラベルバイクが気になっています。というのも、グラベルバイクって、走らなさそうなイメージだったのですが、全然そんなことなく、舗装路でも30キロ以上で軽快... OAKLEY(オークリー)、PRIZM TRAIL TORCH(プリズムトレイルトーチ)× Radar EV Advancer のインプレ!透過率35%で見え方の自然な新レンズ!.

掴め ない人 診断 21, Xbox コード 入力 10, 大渕愛子 母親 病気 4, Windows10 デフラグ できない 4, クランク レス 水栓 使い方 6, Utf 8 全角 半角 4, 仮面ライダー フィギュア ブログ 10, 水曜日 のダウンタウン 7月17日 動画 5, Ssp 伺か ゴースト 10,