戦国時代 武士 階級 4

November 15, 2020

武士 階級 戦国時代 でググってください。 将軍<大名<武将 記号が逆ですね。将軍>大名>武将 将軍は征夷大将軍のこと。 大名は大きな領地や郎党を持つ武家のこと。 武将は軍を統率する者のうち武道に秀でた者のこと。 官位と階級は別です。 政府による一方的な特権取り上げに不満を持った士族は土着の民を巻き込み佐賀の乱や西南戦争のような反乱を起こしたが、士族以外の兵と専属の士族兵の両方とも多かった日本陸軍の圧倒的な兵力により鎮圧された。 騎士 wikt) とも読みならわすが、その起源については 大伴氏や [要出典] 物部氏の名に求める説 など諸説がある。 武士、侍と言われれば最近ですと真田丸の真田幸村や坂本龍馬などの有名な侍をイメージしたり、刀を持って戦っている姿を想像すると思います。 野武士は、あくまで落武者狩りを本業に据えた武装した民間人であり、武士もいなくもなかったが実質武士ではなかった。 武士という言葉は奈良時代から確認できるが、当時はまだ「優れた兵士」くらいの意味合いでしかなく、身分として成立していなかった。, 平安前期には、軍の兵士は軍団への徴兵で、士官は官僚となった貴族で確保していたため、坂上氏や小野氏といった「将種」と呼ばれる武人輩出氏族はいたが、まだ武士はいなかった。, 朝廷の軍事活動が下火になり、その一方で地方の有力者がしばしば治安を乱すため、対抗手段として有力者を臨時職にあたる征夷大将軍や征東大将軍などに任じ、その従者による弓騎兵を主体とした機動力の高い部隊で治安維持を行うようになる。 庄屋と下級武士ってどっちの方が偉かったのでしょうか?建前と現実がありますし、一口に庄屋(名主)、下級武士と言っても色々あったでしょうから一概には言えませんが、ちょっと洒落てみて、かつ、独断すれば、庄屋(名主)は仕事がえら 人名: 武士の名は「苗字」「姓」「輩行名」、「◯◯守」などの名前が存在する。詳細はこちら, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ. 武士(ぶし)は、10世紀から19世紀にかけての日本に存在した、宗家の主人を頂点とした家族共同体の成員である。「もののふ」(cf. 農村部を支配していた地主階級である「地侍」は、大名に仕え、戦争に赴き、年貢を徴収していたが、公的には「百姓」身分のままであった。 武士の経済については、将軍や大名から所領となる知行地を分与されるだけでなく、切米取りという給与の与え方が取られた。切米取りは「切米」もしくは「蔵米」ともいう。下級武士の中でも、最下級にあった武士・御家人たちは知行となる土地を与えられず、「蔵」に収められた米を与えられるのが主流だった。彼らは、毎年、自分に与えられる米の収穫高を記した「切符」のようなものを与えられ、米をあつかう商人に「米」を受け取りに行くのである。(まぁ、大概の場合、「米」を現金に換える武士が多かったのだが・・)。時おり、時代劇で見られる「三十俵二人扶持」などの扶持を与えられる下級武士がこれにあたるのだが、当然ながら生活は苦しくアルバイトにいそしむ武士が多かったらしく、中には「武士」としての身分を富裕な町人に売り払う者もいた。(有名どころでは坂本竜馬の実家は郷士株を買っており、逆に岩崎弥太郎の父は郷士株を売り払っている), 幕末には、戦国時代とあまり変化のない装備では西洋列強の軍に対処できない事が明らかになり、幕府や西国諸藩は軍事改革を行う。庶民や足軽出身者が将兵として活躍するようになり、武士の存在意義にひびが入る。 1 今や和食は世界に認められている「健康食」. 時代劇や時代小説などを見ると侍の様々な役職や身分が出てきますが、どのような身分があり、どのような事をしていたかは何となくしか分からないと思います。, 侍と一言で言っても様々な種類の役職があり、皆さんも将軍や大老、旗本などいくつかはご存知かもしれませんが、何で身分を判断していたかはご存知でしょうか。, 当時、侍の給料は基本的に「領地」を与える「知行取り」か「お米」の現物支給の「蔵米取り」の2種類が主流でした。, この領地の単位を「石高(こくだか)」といい、この単位が使われるようになったのは豊臣秀吉がきっかけでした。, 豊臣秀吉は「太閤様」と呼ばれていることはご存知でしょうか。豊臣秀吉が行った政策の1つに「太閤検地」というものがあります。, 太閤検地とは早い話、日本全国での田畑の測量と収穫量の調査をし、領地内での税金を集める時の資料として利用していました。, 石高はその土地の田畑や屋敷などの価値を、面積に石盛という計数を掛けてお米の生産力を石単位で表示するものです。, 1石は大人一人が一年間に食べるお米の量に相当するので、侍の給料は「お米」だったので雇える侍の人数がこの石高によって変化します。, 侍の給料は領地を与える「知行取り」とお米の現物支給の「蔵米取り」の2種類がある事を前に紹介いたしました。, 時代物に出て来る同心のお給料を「30俵二人扶持」と言われますが、これはお米での給料支払いの為、お米の単位で収入を指しています。, 江戸時代の平均的な税率は「四公六民」と言われ、40パーセントが領主の収入となりました。, 例えば100石の領地を持つ侍は40石が実際の収入となり、およそ1石は2.5俵となるため、100石の知行取り=40石の収入=100俵となり、お米でも侍の身分が判断できるのです。, ちなみに幕末での最低賃金は現金支給とお米で「三両一人扶持」と呼ばれることから「サンピン」と呼ばれており、貧乏侍を揶揄する言葉として使われていました。, では侍の階級はどのように分かれていたのでしょうか。さっそくここでは聞き覚えのある言葉の意味を見ていきたいと思います。, 大名とは昔からある言葉で、元々は地方で勢力をふるう者の事を言っておりました。それが武家社会になり、多くの領地や部下を持つ武士を指す言葉となっていきました。, 江戸時代では主に一万石以上の領地を幕府から禄(給料)として与えられた「藩主」を指す言葉となりました。また大名の対義語は「小名(しょうみょう)」といい、石高の低い武家の事を指していました。, また江戸時代初期の武家諸法度では「5万石以上の石高の城主を大名」「5万石未満の陣屋を小名」と分けていました。, 時代によって変化しますが、大名とは比較的広い範囲の意味を持つ階級で「1万石以上の領地を持つ藩主」を指す言葉のようです。, 歴史の授業等で聞いた事があるかもしれませんが、この名前で習うのは「坂上田村麻呂」くらいの印象がありますよね。 武士のもとで働いた武家使用人(中間・小者など)や足軽は農民などの家に生まれた者も多く、足軽の世襲化が進んだ江戸時代にも武士には入れられないことがあったらしい…。 wikt) とも読みならわすが、その起源については大伴氏や[要出典]物部氏の名に求める説[1][注釈 1]など諸説がある。, 同義語として武者(むしゃ、むさ)があるが、「武士」に比べて戦闘員的もしくは修飾的ニュアンスが強い(用例:武者絵、武者修業、武者震い、鎧武者、女武者、若武者、落武者など[注 1])。すなわち、戦闘とは無縁も同然で「武者」と呼びがたい武士[注 2]はいるが、全ての武者は「武士」である。他に類義語として、侍、兵/兵者(つわもの)、武人(ぶじん)などもあるが、これらは同義ではない(「侍」は該当項目を参照。兵/兵者や武人は、武士に限らず、日本に限らず用いられる)。「武士」は性別を問う語ではなく性別表現に乏しいものの、女性の武士が戦闘員的特徴を強く具える場合に限って女武者(おんなむしゃ)という呼び方をする[注 3]。, 武士は平安時代に発生し、その軍事力を以って貴族支配の社会を転覆し、古代を終焉させたと理解される。旧来の朝廷を傀儡として維持したまま、武士が実質的に政権を主導する中世社会を構築した。さらに、近世の終わり(幕末)まで日本の歴史を牽引する中心的存在であり続けた。近代に入って武士という存在そのものを廃したのも、多くの武士が近代政府(明治政府)に人材として参画し、中心的存在であった。, 武士の起源に関しては諸説があり、まだ決定的な学説があるわけではない。主要な学説としては以下の3つを挙げることができる。, 武士の起源に関する研究は中世の“発見”と密接に関わっている。明治時代の歴史学者・三浦周行らによって日本にも「中世」があったことが見出された。当時の欧米史学では、中世は欧米に特有のもので、近代へ発展するために必須な時代とされていた。アジア・アフリカはいまだ(当時)古代社会であり、欧米のような近代社会に発展することは不可能とされていた。三浦らは、ヨーロッパの中世が、ゲルマン民族の大移動によって辺境で発生した「武装した封建領主」である騎士によって支えられていたことに着目し、日本で平安時代中期から東国を中心とした辺境社会で活躍した武士を騎士と同じ「武装した封建領主」と位置づけ、アジアで唯一「日本にも中世が存在した」と、日本は近代化できると主張した。武士は私営田の開発領主であり、その起源は、抵抗する配下の農奴と介入する受領に対抗するために「武装した大農園主」とする。, この学説は広く受け容れられ、戦後も学界の主流を占めることとなった。唯物史観の影響を受け、武士は古代支配階級である貴族や宗教勢力を排除し、中世をもたらした変革者として石母田正らによって位置づけられた。, しかし、「開発領主」論では全ての武士の発生を説明できたわけではなかった。特に、武士団の主要メンバーである源氏、平氏、藤原氏などを起源とする上級武士や朝廷、院など権門と密接に結びついた武士の起源を説明できない。, そこで、佐藤進一、上横手雅敬、戸田芳実、高橋昌明らによってこれら在京の武士を武士の起源とする「職能」武士起源論が提唱された。, 武士は、一般に「家族共同体あるいは兵法家のこと」とされるが、これだけでは平安時代以前の律令体制下の「武官」との違いがはっきりしない。例えば、武人として名高い征夷大将軍の坂上田村麻呂は、すぐれた武官であるが、武士であるとはいえない。また、中国や朝鮮の「武人」との違いも明確でない。中国や朝鮮には「武人」は存在したが、日本の「武士」に似た者は存在しなかった。中国の官僚登用試験では文官は科挙、武官は武科挙で登用するなど試験段階から分けられていた。, 時代的に言えば、「武士」と呼べる存在は国風文化の成立期にあたる平安中期(10世紀)に登場する。つまり、それ以前の武に従事した者は、武官ではあっても武士ではない。, 簡単に言えば、武官は「官人として武装しており、律令官制の中で訓練を受けた常勤の公務員的存在」であるのに対して、武士は「10世紀に成立した新式の武芸を家芸とし、武装を朝廷や国衙から公認された『下級貴族』、『下級官人』、『有力者の家人』からなる人々」であって、律令官制の訓練機構で律令制式の武芸を身につけた者ではなかった。ただし、官人として武に携わることを本分とした武装集団ではあった。, また、単に私的に武装する者は武士と認識されなかった。この点が歴史学において十分解明されていなかった時期には武士を国家の統制外で私的に武装する暴力団的なものと捉える見解もあった。ただし、武装集団である武士社会の行動原理に、現代社会ではヤクザなどの暴力団組織に特徴的に認められる行動原理が無視できないほど共通しているのも確かである。, 軍事(武芸)や経理(算)、法務(明法)といった朝廷の行政機構を、律令制機構内で養成された官人から様々な家芸を継承する実務官人の「家」にアウトソーシングしていったのが平安時代の王朝国家体制であった。そして、軍事を担当した国家公認の「家」の者が武士であった。, 王朝国家体制では四位、五位どまりの受領に任命されるクラスの実務官人である下級貴族を諸大夫(しょだいぶ)と、上級貴族や諸大夫に仕える六位どまりの技能官人や家人を侍(さむらい)と呼び、彼らが行政実務を担っていた。武芸の実務、技能官人たる武士もこの両身分にまたがっており、在京の清和源氏や桓武平氏などの軍事貴族が諸大夫身分、大多数の在地武士が侍身分であった。地域社会においては国衙に君臨する受領が諸大夫身分であり、それに仕えて支配者層を形成したのが侍身分であった。こうした事情は武士の発生時期から数世紀下る17世紀初頭の日葡辞書に、「さむらい」は貴人を意味し、「ぶし」は軍人を意味すると区別して記載されていることにもその一端が現れている。, よく言われるように貴族に仕える存在として認識された武士を侍と呼んだと言うよりも、むしろ、上層武士を除く大多数の武士が侍身分の一角を形成したと言った方が正確であろう。, また、武士などの諸大夫、侍クラスの家の家芸は親から子へ幼少時からの英才教育で伝えられるとともに、能力を見込んだ者を弟子や郎党にして伝授し、優秀であれば養子に迎えた。武士と公認される家もこのようにして増加していったと考えられる。, 言わば、国家から免許を受けた軍事下請企業家こそが武士の実像であった。そして、朝廷や国衙は必要に応じて武士の家に属する者を召集して紛争の収拾などに当たったのである。, なお、これとは別に中世の前期の頃までは、他者に対して実力による制裁権を行使できる者を公卿クラスを含めて「武士」と言い表す呼称も存在した。このことは、院政下で活躍した北面武士などもその名簿を参照すると、侍身分以外の僧侶・神官などが多数含まれていることでも分かる。, 武士の起源については、従来は新興地方領主層が自衛の必要から武装した面を重視する説が主流であった。そうした武装集団が武士団として組織化されるにあたって、都から国司などとして派遣された下級貴族(地下人)・下級官人層を棟梁として推戴し、さらに大規模な組織化が行われると、清和源氏や桓武平氏のような皇室ゆかりの宗族出身の下級貴族が、武士団の上位にある武家の棟梁となった。, しかし近年は、むしろ起源となるのは清和源氏や桓武平氏のような貴族層、下級官人層の側であるとする見解が提唱されている。彼らが平安後期の荘園公領制成立期から、荘園領主や国衙と結びついて所領経営者として発展していったと見る説である。つまり武士団としての組織化は、下から上へでなく、上から下へとなされていったとする。そうした武士の起源となった、軍事を専業とする貴族を、軍事貴族(武家貴族)と呼ぶ。, 平安時代、朝廷の地方支配が筆頭国司である受領に権力を集中する体制に移行すると、受領の収奪に対する富豪百姓層の武装襲撃が頻発するようになった。当初、受領達は東北制圧戦争に伴って各地に捕囚として抑留された蝦夷集団、すなわち俘囚を騎馬襲撃戦を得意とする私兵として鎮圧に当たらせた。しかし俘囚と在地社会の軋轢が激しくなると彼らは東北に帰還させられたと考えられている。, それに替わって、俘囚を私兵として治安維持活動の実戦に参加したことのある受領経験者やその子弟で、中央の出世コースからはずれ、受領になりうる諸大夫層からも転落した者達が、地域紛争の鎮圧に登用された。おりしも、宇多天皇と醍醐天皇が菅原道真や藤原時平らを登用して行った国政改革により、全国的な騒乱状況が生じていた。彼らは諸大夫層への復帰を賭け、蝦夷の戦術に改良を施して、大鎧と毛抜形太刀を身につけ長弓を操るエリート騎馬戦士として活躍し、最初の武芸の家としての公認を受けた。, 藤原秀郷・平高望・源経基らがこの第一世代の武士と考えられ、彼らは在地において従来の富豪百姓層(田堵負名)と同様に大規模な公田請作を国衙と契約することで武人としての経済基盤を与えられた。しかし、勲功への処遇の不満や、国衙側が彼らの新興の武人としての誇りを踏みにじるような徴税収奪に走ったり、彼らが武人としての自負から地域紛争に介入したときの対応を誤ったりしたことをきっかけに起きたのが、藤原純友や平高望の孫の平将門らによる反乱、承平天慶の乱であった。, この時点では、まだ、武士の経済基盤は公田請作経営で所領経営者ではなかった。しかし、11世紀半ばに荘園の一円化が進み、諸国の荘園公領間で武力紛争が頻発するようになると、荘園および公領である郡・郷・保の徴税、警察、裁判責任者としての荘園の荘官(荘司)や公領の郡司・郷司・保司に軍事紛争に対応できる武士が任命されることが多くなり、これらを領地とする所領経営者としての武士が成立したのである。, 武士は社会的身分であると同時に、武芸という芸能を家業とする職業的な身分であるとも規定できる。つまり、馬上の射術や合戦の作法を継承する家に生まれ、それを継いだ人物が武士であると言える。, また、中世になり武門の家が確立した後でも、それとは別に朝廷の武官に相当する職種が一応存在した。「源氏」および「平氏」の諸流と藤原秀郷の子孫の「秀郷流」が特に有名である。これら以外では藤原利仁を始祖とする「利仁流」や、藤原道兼の後裔とする宇都宮氏が多く、他に嵯峨源氏の渡辺氏や大江広元が有名な大江氏などがあり、有力な武士団はこれらの家系のいずれかを起源としていた。先祖の武名によって自分の家が武士として認められていたため、彼らは自分の家系や高名な先祖を誇っていたとも言える。ただし、この論は周防の有力武士、大内氏には当てはまらず、大内氏は百済王の子孫を自称している。, 「職能」起源論では地方の武士を十分説明できるわけではない。確かに源平藤橘といった貴族を起源とする武士や技術としての武芸については説明ができるが、彼らの職能を支える経済的基盤としての所領や人的基盤としての主従関係への説明が弱すぎる。こうした弱点を克服する議論として主張されはじめたのが、下向井龍彦らによって主張されているように、出現期の武士が田堵負名としての経済基盤を与えられており、11世紀の後期王朝国家に国家体制が変質した時点で、荘園公領の管理者としての領主身分を獲得したとする議論である。(→国衙軍制), 「職能」起源論では、武士と見なされる社会階層は源氏、平氏などの発生期には武芸を家業とする諸大夫、侍身分のエリート騎馬戦士に限定されていたとし、その後、中世を通じて「狭義の武士」との主従関係を通じて「広義の武士」と見なされる階層が室町時代以降拡大していった。発生期の武士の家組織の内部奉公人の中においても武士と同様に戦場では騎馬戦士として活動した郎党や、徒歩で戦った従卒がいたが、室町・戦国期になると武士身分の格差が大きくなり、狭義の武士同士の主従関係のほかに、本来は百姓身分でありながら狭義の武士の支配する所領の名主層から軍役を通じて主従関係を持つようになった広義の武士としての地侍などが登場する。, このように室町時代以降、武士内部に複雑な身分階層が成立していったが、これらは拡大した武士身分の範囲が一応確定された江戸時代の武士内部の身分制度に結実している。, 江戸時代の武士の身分を以下に大雑把に分類する。細かく分ければきりが無く、大名家などによっても分け方や名称が違うため、あくまで大体の目安である。, 武士の身分を「士分」といい、士分は、大きく「侍」と「徒士(かち)」に分けられる。これは南北朝時代以降、戦場への動員人数が激増して徒歩での集団戦が主体となり、騎馬戦闘を行う戦闘局面が比較的限定されるようになっても、本来の武士であるか否かは騎馬戦闘を家業とする層か否かという基準での線引きが後世まで保持されていったためである。, 「侍」は狭義の、つまり本来の武士であり、所領(知行)を持ち、戦のときは馬に乗る者で「御目見え」の資格を持つ。江戸時代の記録には騎士と表記され、これは徒士との比較語である。また、上士とも呼ばれる。「徒士」は扶持米をもらい、徒歩で戦うもので、「御目見え」の資格を持たない。下士、軽輩、無足などとも呼ばれる。, 「侍」の内、1000石程度以上の者は大身(たいしん)、人持ちと呼ばれることがあり、戦のときは備の侍大将となり、平時は奉行職等を歴任し、抜擢されて側用人や仕置き家老となることもある。それ以下の「侍」は平侍(ひらざむらい)、平士、馬乗りなどと呼ばれる。, 武士は当初、「侍」に象徴されるように天皇・貴族の警護や紛争の鎮圧を任とする階層であったが、平清盛の平氏政権を経て鎌倉幕府の成立に至り、旧来の支配権力である朝廷・国司・荘園に対して全国の政治権力を担う公権力に発展した。また、個々人の武士が国司・荘園領主として地方の政務を担う局面も拡大していった。, 近世において武士が耐え難い「無礼」を受けた時は、斬っても処罰されないとされる(切捨御免)。これは当時の江戸幕府の法律である『公事方御定書』71条追加条によって明記されている[注 5]。相手に対して失礼な態度を意味し、発言の場合(例えば目上あるいは年上の人に敬語を使わない、もしくは失礼な喋り方をする等)は口下手ともいわれている[5]。, 初の武家政権である鎌倉幕府においては、大江広元に代表される下級貴族を、文官的存在として招聘した。, 室町時代・戦国時代・安土桃山時代と、次第に武士が公権力を担う領域は拡大し続けた。貴族を武家政権が招聘する例は続いたものの、実務を担う立場から顧問的な立場へと権限は縮小していった。そして元来軍人・「武官」に相当する職務であった武士が「文官」として働くことが多くなった。, 江戸時代以降は社会の全てを覆うようになり、幕府においても僧侶を顧問的立場として招聘する場合はあったが、貴族(公家)は政権から締め出された。これにより文官的な役目も全て武士が担うようになり、江戸時代以降の武士は、軍事から政治行政等へと活躍の場を移っていくことになる。また文芸や学問など、武芸とは関係無い才能を認められて新たに幕府や藩に登用された者も、武士としての身分が与えられた。このようなところにも、武士と武官の違いが現れているといえよう。江戸幕府においては文官及び行政担当に相当する武士を「役方」、武官に相当する武士を「番方」と呼んだ。, 戦国の武士の気風を受け継ぎ殉死などを行なう傾奇者を公秩序維持のため徳川家綱の代に禁止した。その後江戸時代では、義を重んじる武士としての思想が存在するようになる。このため、後世において武士道という概念につながるような、武士としての理想や支配者としての価値観としての「士道」が生まれた。, しかし、安定期であった江戸時代を通じて形成された、儒教的な「士道」に反発し武士としての本来のありようを訴える人もいた。そうした武士の一人、佐賀藩士・山本常朝が話した内容が『葉隠』に「武士道」という記述としてまとめられているが、それは武士社会に広まることはなかった。, 幕末の万延元年(1860年)、山岡鉄舟が『武士道』を著した。それによると「神道にあらず儒道にあらず仏道にあらず、神儒仏三道融和の道念にして、中古以降専ら武門に於て其著しきを見る。鉄太郎(鉄舟)これを名付けて武士道と云ふ」とあり、少なくとも山岡鉄舟の認識では、中世より存在したが、自分が名付けるまでは「武士道」とは呼ばれていなかったとしている。, 明治になり、武士の多くは士族となり、旧武士の身分は消滅した。しかし後に武士道という概念が後の時代に引き継がれるようになった。また一方で、美学として文学や芸能の世界でさまざまなかたちとなってあらわれた。, 古代・中世武家社会が現代と大きく異なる点は、殺人が日常的な風景であったことである。当時の武士達は合戦や抗争の場に限らず、些細な出来事であっても、武器を手に取り友人や家臣を含めた人を殺害することに躊躇がなかった[6]。(例えば、鎌倉時代の武将北条義時の息子重時が、嫡男長時のために記した『六波羅殿御家訓』内には怒りにまかせて殺人をすることを禁ずる旨の一文がある。), 「弓馬の道」という言葉があるように、もともと武士は騎馬弓兵である。当然主要な武器は本来は弓矢であり、それがシンボルであった[7]。(刀は武士の魂という言説は近代に生まれたという説がある。), 刀剣(日本刀)は当初騎乗の武器ではなく、何らかの事情で下馬した際に初めて使用することが推奨されており、日常的に用いられる武器という認識が強かったとされる[8]。これが治承・寿永の内乱以降、戦闘が拡大したことで元々非武士身分の者も参戦するようになると、以前は邪道とされる戦法が行われるようになり[9]、馬上での太刀による白兵戦が増加した[10]。その後、鎌倉時代末期以降に太刀や薙刀といった打物を主兵装とする騎兵も出現するようになり、南北朝時代には打物騎兵が主体となった[11][注 6]。

スマホケース 手作り ヒルナンデス 6, パブロン 副作用 死亡 12, Uipath 処理 時間 計測 4, ビッグスクーター エンジン かからない 5, Chrome ダウンロード 応答なし 7, 日野 レンジャー ミッションオイル量 7, Rbg N38w3gax L 5, 猫 会陰 形成術 費用 5, Va W 変換ツール 9, クワイエット プレイス 吹き替え 無料動画 5, マッチングアプリ Line 断り方 7, The Ballads ~love & B'z~ Rar 6, Video Copilot Saber 4, 洗面台 黄ばみ 酢 5, ローソン 未成年 酒 10, Vlc For Android レジューム再生 7, Vbs 選択 ボックス 4, 天然 本物 診断 29, 実行時エラー 1004 ファイルにアクセスできませんでした 7, Dish Mステ 動画 5, こぐま会 夏期講習 費用 6,