東西線 発車メロディ 嫌い 10

November 15, 2020

最近、東西線を利用したときに「あれ?いつもとなんか違う…」と思った方、多いのではないでしょうか。実は先月下旬から、東西線の発車ベルが発車メロディへと順次変更されています。 通勤で東西線を利用している筆者が最初に気づいたのは、5月22日の九段下駅。日を追うごとに、あれ高田馬場でも日本橋でも…と、電車の発車前にメロディが! 気になって調べてみました。, 発車メロディを進行方向に聴き続けていくと、なんと1曲になるとのこと。 上りと下りでは曲が違うので(同じ駅でも上りと下りは別のメロディが流れます)、行きと帰りで聴き比べてみてはいかがでしょうか。ちなみに九段下駅は爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い~」、日本橋駅は民謡「お江戸日本橋」が元になっているそうです。鉄道音楽の第一人者である向谷実氏が制作を手がけ、アレンジして『東京メトロ東西線発車メロディCollection』(株式会社音楽館より)としてCDも発売されているとか。しかし、地下鉄に乗りながら何度聴いても、私にはつながって聴こえない…。地下鉄の雑踏の中、各駅の発車メロディを続けて1曲として楽しむのは、至難の業かもしれません。東京メトロ公式サイトはこちら, 落合駅から西船橋駅に向かって順次導入されていくそうで、現状では日本橋駅までと東陽町駅がメロディになっています。浦安駅では6月2日現在まだ普通の発車ベルが流れていますが、東京メトロに確認したところ、浦安駅での導入は6月9日を予定しているそうです。 どんなフレーズが流れるのか…9日が待ち遠しいですね!, 東京メトロ東西線関連記事:東京メトロ東西線 乗り換えに便利な乗車位置はここだ!東西線、混雑緩和を目指して大規模改良工事中!東西線中野方面・朝の混雑レポートその①~逆側から調査してみた~乗った電車が運転見合わせ!でも京葉線⇔東西線は意外と歩けることが発覚, 【Go To Eat プレミアム付食事券】浦安市で使えるお店≪地域別≫リスト(2020.11.9更新), 【New Open】宝くじ売り場がケーキのショーケースに生まれ変わった?! 本格『パティスリー』と、遊び心にワクワクする『バル』の お店がオープンしました。〈GOTOEAT参加店〉, 【New Open】出来たて、作りたてのおいしさを伝えたい。「人の輪」が作った、ほっこり優しいお菓子屋さんで 焼き菓子のある日常を。, 【浦安ラーメン2020☆その5】肉・肉・肉~~ッ!! ガッツリ旨い焼豚が4枚乗った、インパクト最強のラーメンといえばココ!, 【消防団員募集中】地域に貢献したい方、災害対応を学びたい方、消防車に乗りたい方も! 消防団に入団しませんか!?, 開放的な広~いお庭で、美味しいお料理に舌鼓…ニューノーマル時代の新しいパーティスタイル体験してきた!【シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル】, 【浦安子どものお稽古】4歳から習うクラシックバレエ♪『NOA&リトルシンデレラ』では、本格的なバレエをサークル価格で学べます。見学・無料体験実施中!, 週末の浦安でできるコト【Urayasu weekend】2020/11/14(sat)、11/15(sun), 【New Open】高級イタリアンのコースをカジュアルに。 こだわりの食材とシェフの技に酔いしれる おしゃれな一軒屋レストランが富士見にオープン!, 【New Open】こんなクレープ初めて食べた! とにかく生地が美味しい、こだわりのクレープ屋さんへぜひ行ってみて♪, 今年の冬は『世界に一つだけのクリスマスリースとお正月飾り』で、お花との“一期一会”を楽しんで。【cuccuma】, 【Go To Eat プレミアム付食事券/浦安】とってもカンタン♪電子クーポン券、実際に使ってみました!, 【New Open】自転車×カフェ=新たな可能性!頼れる街の 自転車屋さんと、ほっと一息つけるカフェが一緒になって 毎日を豊かにしてくれるお店ができました。, 【11/28は第三回イビススタイルズデー】パンと野菜のランチビュッフェは本日11時より予約開始!マルシェ出店は新たなラインナップで盛り上がる♪, トーンチャイムサークル♪「カリーナベル クワイア」メンバー募集中!それって、どんな楽器?天使の鈴のメロディ♡って?. 東西線(とうざいせん)は、京都府宇治市の六地蔵駅から京都市右京区の太秦天神川駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーは   朱[2]、路線記号は「T」。, 京都市で2番目の市営地下鉄路線として開業した。京都市中心部と同市東南部の山科区・伏見区との通勤輸送、および滋賀県大津市との都市間輸送の一部を担う路線であり、1日平均18万人が利用している。, 1997年に醍醐駅 - 二条駅間が開業し、2004年に醍醐駅から六地蔵駅まで延伸、2008年1月16日には二条駅から太秦天神川駅までが開業した。同駅からはさらに西京区の洛西付近までの延伸が予定されているが、京都市の財政事情が厳しいことから建設の見通しは立っていない(西部への延伸構想節も参照)。, 六地蔵駅から山科駅までは伏見区東部・山科区を京都外環状線の地下を通って南北に走る。山科駅から蹴上駅まで山を迂回するようにカーブし、蹴上駅から太秦天神川駅までは市内中心部を三条通・御池通・押小路通の地下を通って東西に走っている。京都市中心部で東西方向に走っていることから、東西線と名付けられているが、東西方向に走っているのは全体の半分程度である。, すべての駅にホームドアが設置されている。太秦天神川駅から御陵駅では、4両編成と6両編成の両方が発着する関係で、これらの駅ではホームドアは4両部分のみの開閉も行うことが可能である。地下鉄でのホームドアの採用は東京メトロ南北線に次いで、当路線が日本国内2例目である。また、各駅毎にステーションカラーと呼ばれるシンボルカラーが選定されており、ホームドアのほか、駅名表示部、駅名パネル、駅務室の外壁、エレベーターの扉などがその色で統一されている。このステーションカラーは下の表のようにグラデーションしていく。, 京阪電気鉄道京津線びわ湖浜大津駅からの列車が御陵駅から太秦天神川駅まで乗り入れている。平日は朝時間帯、土休日は6時台までに京都市役所前発着列車が運転されるほかは、全て太秦天神川駅まで直通する[3]。交通局の車両を使用する列車は東西線内六地蔵 - 太秦天神川間の運転で、交通局車は京阪京津線へは乗り入れない。, 日中のダイヤは東西線開業当初、15分間隔で運転されていた京津線直通列車を除けば、全線で10分間隔(1時間に6本)だったが、2000年3月に烏丸御池駅で連絡する烏丸線と運転間隔をそろえるためもあり7分半間隔(1時間に8本)に増発され、これにより15分間に東西線内列車2本・京津線直通列車1本のパターンになった。2008年1月16日の太秦天神川延伸開業後は京津線直通列車を含めると京都市役所前 - 太秦天神川間で昼間1時間に10本の運転間隔となり、烏丸線よりも本数が多くなった。2018年3月17日のダイヤ改正で京津線直通列車が昼間20分間隔で全て太秦天神川発着となったため、御陵 - 太秦天神川間は昼間1時間に11本となり、御陵 - 京都市役所前間は1本減便、京都市役所前 - 太秦天神川間は1本増便となった。, 1997年までの京阪京津線が御陵駅以西で地上を走っていた時期は、下記のような所要時間であった。, 営業列車は京津線直通列車の京都市役所前駅発着を除けば途中駅始発・終着の列車はないものの車両基地は途中の醍醐駅近くに所在(ただし配線の関係で醍醐駅からの入出庫が不可能のため、入出庫対応駅は小野駅となる)するため、入出庫の目的で一部時間帯に六地蔵駅 - 小野駅間で回送列車が設定されている。, 山科の外環状線沿いや醍醐地域の住民の貴重な足となっている。この地域は団地や新興住宅地が多く、京都や大阪のベッドタウンを形成しているが、人口の増加に道路整備が追い付かなかった事から各所で渋滞が慢性化している土地柄である。地下鉄開業前は、路線バス(京阪バス・京都市バス)や一部路面区間を抱える京阪京津線ぐらいしかなく時間の読めないことが多かったが、地下鉄開業により大幅にアクセスが改善された。, なお、交通局の合理化政策の一環として、開業に合わせて、1997年に同地区の市バスはすべて京阪バスに移管され、市バスは事実上撤退した。従来からJR山科駅を起点とした外環状線沿いから山科地区を経由し醍醐地域に路線バスを走らせていた京阪バスは、移管・地下鉄開業にあわせて大幅に路線を変更した。現在、この京阪バスは、三条京阪・四条河原町 - 山科駅、三条京阪・四条河原町 - 椥辻駅・小野駅(五条通(国道1号)または三条通経由)、山科駅 - 六地蔵駅などで、東西線と競合する路線を走らせている。上記3区間ではいずれも地下鉄東西線より安い運賃であることや、繁華街である四条河原町に乗り入れていることで、東西線の有力な競争相手となっている。, 地下鉄東西線の開業にともなうバス路線再編成により、醍醐地域ではバス交通に不便が感じられるようになった。そこで、2003年には、地域の住民が主体となる醍醐コミュニティバスが設立され、地下鉄東西線と地域とをきめ細かく結んだ。, また山科駅での乗り換えでJR東海道本線(琵琶湖線)・湖西線、京阪京津線を経由して滋賀県方面や、二条駅で乗り換え、JR山陰本線(嵯峨野線)経由で京都府南丹方面から京都市中心部に流入する利用も多く、六地蔵駅で京阪宇治線やJR奈良線乗り換えで宇治・奈良方面への流動も見られる。沿線には平安神宮・南禅寺・二条城といった観光地が近傍にあるが、現在の段階では観光客利用はそれ程多くない。京都市では渋滞のないスムーズさを売りにしてJR西日本と共に山科駅での乗り継ぎを積極的にPRしている。太秦天神川駅への延伸開業後の2008年3月28日に京福電鉄嵐山本線にも乗り換え駅として嵐電天神川駅が新設され、二条駅でのJR嵯峨野線に続いて嵐山方面との接続ルートが形成され、利用が増加した。, 京都市交通局が保有する車両と、京阪電気鉄道の京津線から乗り入れる同社が保有する車両が運転されている。, 戦後、京都市交通局は京都市電の新たな計画青写真として六地蔵 - 醍醐 - 山科 - 蹴上から御池通を縦断する路線(高架式も考えられた)を検討したが、やがてモータリゼーションの進展により計画は頓挫する。しかし、その計画は地下鉄路線として新たに練り直されることとなった。, 東西線沿線は、著しい人口の伸びに周辺の道路整備が追い付かず渋滞が深刻化していた京都市東部地域(山科区・伏見区東部)と都心部をつなぐための交通機関として1965年頃から計画が進められ、1969年の市議会で建設が正式に決定した。1975年頃にまず醍醐 - 二条間の建設を行うことが決定された。, しかし、その時計画されたルートのうち、御陵駅 - 三条京阪駅間は京阪京津線が地上を走っており、この競合が問題となった。併設については、過当競争を招く恐れがあったほか、この区間の地下鉄を公営地下鉄方式で建設し、そこに京津線が乗り入れることは民営鉄道である京津線の改良を公営方式で行うことになるために、不適当とされた。, 協議の結果、京都市と京阪電気鉄道で第三セクター会社を設立し、そこが第三種鉄道事業者の免許を取得した上で、京都市が第二種鉄道事業者の免許を取得してその区間の列車運行を行うことに決まった。こうしてできたのが京都高速鉄道株式会社である。1988年に発足し、社長には当時の京都市長今川正彦が就任した。こうして、京都高速鉄道が日本鉄道建設公団方式で地下鉄を新設し、乗り入れに伴って京阪京津線の地上区間は廃止されることとなった。, 当初は平安建都1200年にあたる1994年の開業を予定していた。しかし、京都の市街地の多くの地下には埋蔵文化財が存在するため、その場所に開削工法による地下鉄工事を行う際には、文化財保護法によって事前の発掘調査が義務づけられており、それにかかわる経費と期間を予定しておく必要があった。シールド工法による工事の場合にはこの問題は発生しないが、京都市は工事の直接経費の節減を優先し、また地上の道路整備も同時に行うために、史跡の「旧二条離宮(二条城)」の区域に入っていた押小路通を中心に、工区のうちかなりの部分を開削工法で掘削することとした。東海道新幹線や鴨川を潜るなどかなりの難工事であった。東西線ではフルスクリーンタイプのホームドアを採用したため、これも建設費を増大させた要因の一つとなったが、ホームドアは安全面から採用の中止を免れた[注釈 3]。, こうした経緯を経て、1997年に醍醐駅 - 二条駅間が開業。京阪京津線が御陵駅 - 京都市役所前駅間に乗り入れを開始した。, 二条駅までの開業の際、京阪京津線の乗り入れが当初予定していた三条京阪ではなく、その次の京都市役所前までだった理由は、三条京阪駅西側はすぐ急カーブとなっている上、直上に鴨川が流れているため折り返し線設置には向いておらず、同駅付近では折り返し運転をするのに必要な空間が確保できなかったためである。, 一方、二条駅まで乗り入れなかったのは、京都市交通局にとって車両使用料がかさむこと(相互乗り入れではなく、京阪車両の東西線への片乗り入れのため、乗り入れ車両の延べ走行距離に応じた車両使用料を、京都市交通局が京阪電気鉄道に支払わなければならない)、地上側の電力設備の増強が必要なこと、二条 - 京都市役所前間で輸送力が過剰になることなどが理由である。その結果、京都市役所前駅の西隣にある烏丸御池駅での烏丸線との接続に問題が生じる結果を招いた。, 1999年には京都商工会議所から二条駅まで京津線乗り入れ区間の延長要望が出され[4]、先述のとおり、2008年1月16日の太秦天神川までの延伸開業に併せて太秦天神川駅に変電所を新設し、京阪京津線列車の乗り入れ区間を同駅まで延長することになった。もっとも、乗り入れ区間の延長に伴う余力の捻出のために、当初は京津線列車毎時4本のうち2本が太秦天神川駅まで運転されたが、2018年のダイヤ改正で京津線列車が昼間以降すべて太秦天神川駅まで直通するようになった一方で運転間隔が15分から20分になり、京津線列車の運転本数は東西線開業以前より減便された。, 1997年の開業時(京阪京津線の地上区間廃止時)に九条山駅と日ノ岡駅が廃止された。日ノ岡駅が御陵駅に統合される形で残ったのとは違い、代替駅の建設予定がなかった九条山駅周辺住民からは地下鉄駅設置の要望が出ていたが、難工事が予想された上に利用者が余り見込めないことから、計画段階当初より代替駅を建設することは見送られた。2020年3月現在九条山バス停(九条山駅とほぼ同一場所)から三条京阪方面や山科駅方面には京阪バスが走っているが、日中の三条京阪行きのバスは1時間に1 - 2本であり[5]、1時間に4本の停車列車があった京阪京津線時代に比べて大幅に削減されている。, 京都市営地下鉄東西線の建設は、1971年(昭和46年)の都市交通審議会の答申で具体化したが、山科 - 三条間のルートが当時営業していた京阪京津線の京阪山科駅 - 三条駅間と競合するため、京都市と京阪電気鉄道との間で協議が必要となった。その協議の場において京都市側は、山科から現ルートよりも北側を山岳トンネルで貫いて京都市都心部へ直行する案を提示したが、京阪電気鉄道側は両線が競合するほどの輸送量は無いとしてこれに反対し、京阪電気鉄道が京津線の京阪山科駅 - 三条駅間を廃止し、京都市営地下鉄東西線へ乗り入れることで決着した。その後、東西線の山科付近のルートの都合(京津線とほぼ直角に交差)により、浜大津方面から京津線の山科での乗り入れは物理的に不可能となり、京津線と東西線との接続駅として、三条通を走る日ノ岡 - 御陵間に地下鉄御陵駅を新設し、ここに京津線の御陵駅を移設・地下化することに決まった。, 京都市営地下鉄東西線の建設主体は、醍醐駅 - 御陵駅間6.3kmと三条京阪駅 - 二条駅間3.3kmの計9.4kmは京都市の施工、京阪京津線の置き換え区間となる御陵駅 - 三条京阪駅間3.3kmは京都市・京阪電気鉄道などが出資する第三セクター京都高速鉄道を設立して日本鉄道建設公団(現在の鉄道建設・運輸施設整備支援機構)の施工となった。そして鉄道施設の完成後、京都高速鉄道が日本鉄道建設公団から(建設費など約959億円[注釈 4]を)25年間の分割払いで鉄道施設を譲り受けて京都市交通局に貸与し、京都市交通局が醍醐駅 - 二条駅間を一体的に運営することになった。, 東西線は慢性的な赤字を抱えている。そのため、京都市交通局は2008年5月12日に、2008年度中に京都高速鉄道を解散し、2009年度より京都高速鉄道保有区間(三条京阪駅 - 御陵駅間)を含めて東西線全線を市が直接経営する(施設保有と運送の両方を行う第一種鉄道事業化)方針を決定した[6]。, これは、京都市交通局が京都高速鉄道に建設費返済の財源として年間55億円の線路使用料を支払っている[注釈 5]が、当初の借入金が高金利であること、人件費など会社の経費もかさむことなどが、地下鉄の経営悪化の要因となっているため、2005年に創設された国の公営地下鉄の支援策(地下鉄事業における資本費平準化債)の適用を受けることとしたが、直営ではない区間は適用されないためである[7][8][9]。, 東西線は西京区の洛西方面および長岡京市までの延伸が構想として存在する[注釈 6]が、太秦天神川から先の延伸の具体的な進展は未だ見られない。, 2013年9月16日の台風18号による御陵駅の冠水により19日夜まで烏丸御池駅 - 小野駅間で運休した[10]。これは折り返し用の非常渡り線が烏丸御池駅東側と小野駅の醍醐車庫への出入庫線にしかなかったことを理由としたためで[注釈 7]、浸水していなかった烏丸御池駅 - 蹴上駅間・山科駅 - 小野駅間も運休となった。御陵駅の水害は近くを流れる安祥寺川が豪雨で溢れ線路敷伝いに京阪京津線の乗り入れ口から大量の水(推計15600トン)が流入、御陵駅東の地下30mにあるポンプ室の毎分1.8トンの排水能力を超えポンプ室の動力盤が冠水し排水ポンプが停止したことによる[11]。この対策として、安祥寺川に水位計の設置、電源設備を地上もしくは冠水しない所へ移設・予備電源を用意する。京津線の乗り入れ口には京阪電鉄が止水扉を設置するとしている[12][11]。, 駅はすべて島式ホームで、エレベーター、エスカレーターを完備しているほか、トイレの段差をなくしたり、車いす用スペースを設けたりして、バリアフリーが図られている。醍醐駅、烏丸御池駅以外は、改札口が1箇所となっている。エレベーターはほぼすべての駅で油圧式、11人乗り、点字表示、音声案内付きに統一されている。エスカレーターは駅により上りのみか、上下とも完備されている駅と2タイプあり、全駅ともセンサー式自動運転である。, 駅の案内サインは烏丸線とは異なるものが使われている。東西線では駅名標の下部にステーションカラーを採用しているため、基本的な様式は東西線全駅で共通ながらもステーションカラーの部分のみ各駅毎に異なっている。2007年の二条駅 - 太秦天神川駅間の開通を機に駅の案内サインを一部更新し、同時に日本語・中国語・韓国語・英語の4カ国語の表示(一部の駅のみ)や、ユニバーサルデザインのピクトグラムも導入されている。, 東西線では全駅に発車メロディが導入されており、4曲すべてが京都の長い歴史を反映してか琴や鈴などを使った古風な雰囲気の曲である。曲名は以下の通り。, いずれの曲も東日本旅客鉄道(JR東日本)のメロディを手がけた櫻井音楽工房の製作で、これらの発車メロディは、京都市交通局公式サイト[15]で聞くことが出来る。, 六地蔵 - 石田 - 醍醐 - 小野 - 椥辻 - 東野 - 山科 - (びわ湖浜大津方面<<)御陵 - 蹴上 - 東山 - 三条京阪 - 京都市役所前 - 烏丸御池 - 二条城前 - 二条 - 西大路御池 - 太秦天神川, 烏丸線の乗降客数を含み、東西線・烏丸線相互間の乗換客数は含まない(つまり、烏丸御池駅の改札を通過した人数である)。, 二条・醍醐間 4537億円(うち、三条京阪・御陵間 1543億円)、醍醐・六地蔵間 556億円、太秦天神川・二条間 390億円。, 現在であればコストが安く、しかも工期を短縮することもしやすい可動式ホーム柵の採用が可能であるが、東西線の建設当時は可動式ホーム柵は開発段階にあり(本格的に採用したのは東西線開業1年後に開業した東京の, 杉浦克典「関西地方における上下分離・第三セクター」(関西鉄道協会都市交通研究所編『都市交通事業の経営手法:新たな展開』収録)によれば、当初は3年ごとに線路使用料が10%ずつアップする計画であったが、京都市交通局の経営不振により55億円のまま据え置かれた。, 出典・京都新聞2013年10月23日朝刊21面『ポンプ 電源高所へ移設』・同新聞2013年9月22日朝刊27面『豪雨 危機管理に甘さ』, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=京都市営地下鉄東西線&oldid=80389087, 御陵 - 太秦天神川間は京阪電気鉄道所属車両も運行されるが、京阪電気鉄道線から京都市営地下鉄線への乗り入れ(, 三条京阪駅 - 御陵駅間は、京都高速鉄道が所有し、京都市交通局が借り受けて旅客運送(第二種鉄道事業)を行っていた。市交通局から京都高速鉄道へ, 2009年度からは太秦天神川駅 - 六地蔵駅間全線を市が所有(第一種鉄道事業者)。, 『京都市営地下鉄東西線建設記録』二条・醍醐間(1998年)、醍醐・六地蔵間(2005年)、太秦天神川・二条間(2008年).

ファイアーエムブレム 風花雪月 ステータス, ドラクエ10 メタルハンター ウルベア地下遺跡, ラパン ドアミラー 中古, 県民 共済 一時払い, 罫線 素材 無料 シンプル, Sqlserver ストアド Csv出力, サンドイッチ シート 業務用, ホンダ ステップワゴン シガーソケット, イラレ カラーピッカー おかしい,