隷書 作品 有名 15

November 15, 2020

ミステリー界の天才・アガサクリスティ。様々な翻訳が出ている彼女の著書ですが、フーダニット(犯人捜し)の作品、「ねじれた家」など映画ドラマ化された作品、ミステリー以外の作品、青空文庫で読める作品、ブログ等で評価の高いものなど、迷ってしまって選べないですよね。 特徴的な言葉遣い、お洒落なお酒に音楽、不思議な登場人物、幻想的で曖昧な世界観。魅力を挙げればキリがなく、熱狂的なファンも多い村上春樹。今回はアンケートを基にした村上春樹作品の人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。ファン100人がオススメする作品は?, 村上春樹は1949年1月12日に京都府で生まれ、大学時代に始めたジャズ喫茶を経営する傍ら小説を書き続け、1979年に群像新人文学賞を受賞した「風の歌を聴け」でデビューします。, その後さまざまな作品を世に送り出し、1987年に発表された「ノルウェイの森」は2009年には1000万部を突破しベストセラーになりました。村上春樹のファンは熱狂的なまでに彼の作品を愛し、単純とはいえない物語を分析し、新作が出るたびに本屋に長蛇の列をつくります。, 今回は、”ファン100人に聞いた、村上春樹のおすすめ本アンケート”の結果を基に、村上春樹の小説の選び方やおすすめをランキング形式で紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。, 今回のアンケートでは、村上春樹ファン100人にオススメの村上春樹の小説を2作品ずつ挙げていただきました。, アンケート回答者の内訳は、女性が75%、男性が25%と女性の割合が多く、年代別では30代、次いで40代、50代の割合が多く、30~40代が全体の約7割を占めており、村上春樹は比較的高い年齢層から支持を得ている作家だということが分かります。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/415nUi-kLYL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1709070%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1709070%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062748681?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010046487.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 村上春樹を代表する有名作品です。2010年、トラン・アン・ユン監督による映画化でも知名度が上がりました。ミコノス島、シチリア島、ローマと執筆は海外で行われました。生と死、それによって大きな喪失を経験した人々の物語です。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"304"}], 少し後味が悪い、気持ちが悪いと思える話だが、読み手によってかなり受け取り方が違うので、ぜひ読んでみてほしいお話です。気持ち悪いと感じながらも、読み進めてしまう不思議な感覚に陥る物語です。(20代、女性), 恋愛小説の部類に入りますが、芸術と呼んでも良い小説だと思うので、静かな気持ちで一気に読むことをお勧めします。(40代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41FCx5v6V9L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012572289%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012572289%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4103534222?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0011548499.html"}], 「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」という村上自身の短編小説から派生した物語です。過去に地下鉄サリン事件を取材した経験を、いつかは作品にする時が来るかもしれないと語っていたことが実現した作品です。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"357"}], 1984をあえて1Q84とするあたり、さすがに村上先生らしいです。この作品はとにかく現実にはあり得ないけど、現実と虚実の狭間が区別がつかなくなってくるまさに今の時代にマッチした作品ではないでしょうか。バーチャルリアリティを求める現代にぴったりの1冊だと思います。(40代、男性), 謎を自分で考えながら読むことができ面白かったです。パラレルワールド的な要素が好きなのでドンピシャの作品でしたが読むのは疲れます。(40代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21JXNBHKBAL._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1709069%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1709069%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062748703?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062748703.html"}], 1979年、群像新人文学賞を受賞した村上春樹のデビュー作です。1981年に大森一樹監督によって映画化されています。当時、ジャズ喫茶を経営していた作者が真夜中に1時間ずつ書き4ヶ月で仕上げた作品です。ここから鼠3部作が始まりました。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"168"}], 学生の時に手にして、あらすじや内容が理解出来なかったけど、とてもオシャレで読んだ後なんか大人になった気がした。(40代、女性), 僕シリーズの1作目で、入門編のような作品。大学生の僕の日常なのですが、当時の大学生の生活や考え方など当時の雰囲気を感じられて好きです。たんたんとした文章のリズムに慣れていくと、これ以降の村上作品も読みやすくなります。(30代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41jAK3VHZ2L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1768269%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1768269%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101001545?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010074147.html"}], 村上春樹の作品にしては珍しく10代の少年を主人公にした作品です。少年が家を出て一人旅をする中で、個性的で不思議な人物に出会い、不思議な体験をすることによって成長していく物語です。ナカタさんという老人がユニークで印象的です。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"496"}], 「現実」と「非現実」が並行進行する物語は村上作品の大きな特徴はそのままに、15歳の少年が主人公という点が他作品にはない珍しさでオススメです。村上春樹が描く思春期の少年の成長を味わっていただきたいです。(40代、女性), 何とも不思議な物語で、明言せずに読者の想像に任せるといった村上春樹氏の小説感がすごく出ている作品だと思います。シロクロはっきりつけたい人向きではないですが、日常生活の中に不思議な出来事が存在する感覚を楽しめる人向きの作品だと思いました。(30代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51K7C77kzKL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6442220%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6442220%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410100157X?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-410100157x.html"}], 谷崎潤一郎賞を受賞した作品です。30代での受賞は大江健三郎以来、史上二人目だったそうです。「ハードボイルド・ワンダーランド」と「世界の終り」の異なる章が交互に進んでいく物語構成で、冒頭から印象的で奇妙な始まり方が心を惹きつけます。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"480"}], 最初はなぜ2つに物語が同時に進んでいくのか分からないですが、後半に行くに従いその理由が解き明かされます。村上作品らしい2つの物語で構成される内容の初期版とも言える作品です。(40代、男性), 2つの物語が交互に進んでいき、徐々に交わる様にゾクゾクします。村上春樹らしくスッキリとする結末ではありませんが、そこが考察のしがいがありおすすめのポイントです。読後の余韻がたまらない作品です。(30代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/21TEWPQC20L._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4062749122%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4062749122%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062749122?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062749122.html"}], 羊に関する記述について批評されたことをきっかけに、村上自身が北海道まで赴き調査をしたことがきっかけとなり生まれた作品です。, 鼠3部作の3作目となるこの作品は、レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」を下敷きに書かれています。その手法を参考にして物語の構図を組み立て、作品を書き上げたそうです。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"268"}], 喪失感、寂寥感が全体を漂う。特に鼠の台詞は非常に考えさせられ、ラストの別れのシーンは感動する。(20代、女性), このタイプの小説は、どこにもありません。ほら穴にもぐりこんだり、小人や羊男が出てきたり、村上春樹らしさが満載です。(40代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41PGlYT6DgL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F918808%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F918808%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101001413?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101001413.html"}], 読売文学賞を受賞したこの作品は全部で3つの部で構成される壮大な物語です。村上作品の中では初めて本格的に、実際の戦争を題材にして書かれました。グロテスクな暴力シーンがインパクトを与えます。圧倒的悪、暴力について書くことに果敢に挑んだ作品となっています。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"312"}], 誰もが過ごしている日常に起こる不思議な出来事にどんどん引き込まれます。明確な答えはなくても読み終えた後にはなぜかスッキリします。(30代、女性), いくつかのエピソードが同時進行していって最後のほうで微妙に絡み合ってくるあたりがおもしろい。文体もお洒落で出てくる食べ物もおいしそう。(30代、男性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41Y+JkNV-NL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01N1SK9TT?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fdfba655f0f8530d38a17ef6a9de7d1ad%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fdfba655f0f8530d38a17ef6a9de7d1ad%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4062096579.html"}], 小説家志望のすみれと学校の先生である僕。二人は大学時代からの付き合いで、恋人ではないけれど深夜に電話をするような仲です。, ある日、すみれは生まれて初めて恋をします。想い人は、自分の半身(肉体的ではなく精神的に)を失った人でした。本作は、そんな喪失をテーマにした物語です。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"328"}], 独特の言い回しや比喩表現が多いことと、表現が面白いことにすっかり引き込まれてしまいました。内容が濃くてとても読み応えのある恋愛小説です。(40代、女性), 私が初めて読んだ同性愛の話。といっても生々しくはなく、女性が女性を好きになるってこういうことなのかな、と知らない世界を見せてくれた作品でした。スプートニクという言葉もこの作品で初めて知りました。(30代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51wBEcbDH7L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410353432X?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooksupply%2Fc27-2006-008031%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooksupply%2Fc27-2006-008031%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0018806671.html"}], こちらは村上作品の中でも新しい作品です。長編作品としては、2010年「1Q84 BOOK3」から7年ぶりの新作長編となりました。肖像画家の主人公が妻との離婚話がきっかけで家を出ることから物語が始まります。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"512"}], ファンタジー要素たっぷりの物語で、登場人物がマスコットになればいいなと思う程に愛着がわきます。作者自身の博識の高さにも圧倒されます。そして、それに反するリアルとの共存も魅力です。人が再生していく様を、狂っている様を丁寧で美しい言葉でリアルに書き上げる技術が素敵です。(40代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41QTQ1HY3RL._SL500_.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101001529?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet20%2Fr0001377008%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet20%2Fr0001377008%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0001377008.html"}], 2000年3月17日より雑誌「anan」に掲載されたエッセイをまとめた一冊です。村上春樹の目線から世の中を見ることができるのでおすすめです。ささいな出来事でも作者のブラックユーモアをまじえた感想に、思わずクスッと笑いがこみ上げてしまうでしょう。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"224"}], 小説というよりエッセイ集ですが、文が短いので個人的に好きです。庶民的、自分らしく、別に強がらなくていいというような感じになるので気持ちが楽になります。(30代、女性), 世の中のことがえがかれていて、ユーモア満載小説で笑えて楽しい小説です。(30代、女性), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51FvFKoDqKL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01710YP4I?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F588836%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F588836%2F 画像"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4061853821.html"}], こちらは小説ではなく、村上春樹が世界のあちこちで生活した実録であり旅行記になります。1986年の秋から1989年の秋までの3年間の、主にヨーロッパに滞在した日々を記録したエッセイです。, この一冊を通して、脚光を浴びた後に日本を離れた経緯を感じ取ることができます。村上春樹ファンはもちろん、村上春樹をもっと知りたいという方におすすめの一冊です。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"570"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/414PX610CPL._SL500_.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062125366?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4130644%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4130644%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4062125366.html"}], 深夜のファミレスから始まるこの物語は、23時56分から6時52分までの間という極めて短く限定的な時間を描いた作品です。複数の場面でそれぞれの人物の様子が語られて進行していきます。「ニューヨーク・タイムズ」の「2007年注目の本」のベスト100に選ばれました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41eYiHMTNNL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4163821104?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12249383%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12249383%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0011775978.html"}], 発売日には長蛇の列ができ、作中に出てくるピアノ曲のCDが売り切れるなどの盛り上がりを見せた2013年の長編作品です。学生時代に仲のよかった友人たちと絶縁状態の主人公多崎つくるが、現在の恋人の提案で昔の友人と対面し過去を辿っていく物語です。, [{"key":"出版社","value":"文藝春秋"},{"key":"ページ数","value":"376"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41J4rDXy88L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01G6MF4HE?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1730451%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1730451%2F 画像"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0000625542.html"}], デビュー作を含む鼠3部作と呼ばれるシリーズの2作目です。作品を書く時に推敲をかなり重ねる村上春樹ですが、この作品のラストの倉庫の場面は書き直しをしなかったそうです。この作品に登場する鼠は、村上作品の中でも特に人気のある登場人物です。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"192"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/2146WGSMTPL._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012181516%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012181516%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062749041?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010087290.html"}], デビューからの3作を鼠3部作といいますが、こちらの作品にも同じ登場人物が出てくるので、完結編と認識されることが多い作品です。ザ・デルズという黒人バンドの曲がきっかけで生まれた作品で、個性的な羊男というキャラクターが登場して話題になりました。, [{"key":"出版社","value":"講談社"},{"key":"ページ数","value":"424"}], 数々の作品を発表し、その一作一作にコアなファンがつくほど人気の村上作品。初めて読む人はどれを読めばいいのか迷ってしまうと思います。ここでは、村上作品のおすすめの選び方をご紹介します。, 小説以外にもさまざまな文章を発表している村上春樹。まずは、そのジャンルの中から自分に合った読みやすいものを選びましょう。, 小説はやはり村上春樹の文章を味わうには欠かせません。一番長いものだと文庫本で全6巻の作品もあります。その物語は濃密で、独特の世界観です。しかし文章はわりとシンプルで、一ページにぎっしり詰まっているわけではないので、スラスラと読めてしまいます。, 小説の中に登場する音楽やお酒、アートなどはとても洗練されており、読者は村上作品を通して文学だけでなくその他の芸術にも触れるきっかけをもらえます。関連本も出るほどです。登場人物たちはみな個性的で、印象に残る人物ばかりです。お気に入りを見つけるのも楽しみの一つといえるでしょう。, ウィットに富んだ会話や、普通なら思いつかない独特の比喩表現などには思わず感心してしまいます。村上春樹の個性が、文章の至るところに散りばめられています。また、謎解きのようにこれは何を意味しているのだろう?と考えながら読み進めるのも楽しいです。, 以下の記事では、小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, 小説の人気おすすめランキング30選【超厳選・2020年最新版】|セレクト - gooランキング, 村上春樹はエッセイ集も多く出しています。世界的に有名な作者ですが、エッセイを読むとまったく驕るところがなくとても素朴で、普通のおじさんのような素顔が垣間見れるのでとても面白いです。奥さんの話も知ることができます。, 無類のジャズ好きで自分でジャズ喫茶を経営していたほどだったので、その豊富な知識を活かしてジャズエッセイを出しています。村上作品を読んでジャズに興味を持った人は入門書として読むのもいいでしょう。また、海外での生活経験を書いた旅行記も出しており、村上春樹がカルチャーショックを受けたエピソードがとても面白いです。, 好き嫌いの好みが分かれる小説ですが、村上春樹のエッセイは好きという人は多いです。小説を読んでよく分からなかったという人にはエッセイをおすすめします。きっと魅力を感じてもらえるはずです。, 以下の記事では、エッセイの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, エッセイの人気おすすめランキング20選【2020年最新版】|セレクト - gooランキング, 若い頃から海外文学に触れてきた村上春樹は、自身の小説にもその影響を色濃く受けています。自分の好きだった作家の翻訳ができるのだから、とても恵まれていますよね。そんな村上春樹が翻訳したのだから、作品に対して誠心誠意愛を注いで翻訳したのだと感じます。, 作品の中にも、小説のタイトルや作家の名前が出てくるので興味を持つ人も多いと思います。その気持ちが出てきたらチャンスです。是非、村上春樹の好んだ小説に触れてみてください。今の村上作品の創造の手助けとなった作品ばかりです。, 往年の翻訳と比べてとても読みやすくなっているので、海外文学に興味のない人でも楽しく読み進められる作品となっています。, 1995年3月20日に起こった地下鉄サリン事件の被害者及び関係者のインタビューを記録したこの一作。村上春樹は事件当時、ニュースは自分の知りたいことを何も報道してくれないと感じ、自ら事件に関わった人たちのところへ赴きインタビューを行いました。, 1998年には、続編「約束された場所でーunderground2」を発表しています。こちらはオウム真理教の信者や元信者のインタビューを収録しています。, 死刑制度や宗教団体に対する村上春樹の考えや、遺族に会って変化した気持ちなど普段の小説からは読み取れない複雑な心情を知ることができます。, 以下の記事では、ノンフィクション小説の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, ノンフィクション小説の人気おすすめランキング20選【現実を知れる】|セレクト - gooランキング, 難しいテーマに難しい比喩表現と、読み解くことが求められる小説が多い中、癒やされる絵本も出版しています。例としては、「羊をめぐる冒険」、「ダンス・ダンス・ダンス」などの作品でおなじみのユニークで印象的なキャラクター羊男を主人公にした絵本などです。挿絵は、小説の絵も担当した佐々木マキです。, ゆるいイラストにゆるい文章で、不思議な世界に迷い込んだかのような気分にさせてくれます。複雑なことを考えずに癒やされたい人にはおすすめです。, 同じ小説家の村上龍、川上未映子の他に、世界的指揮者の小澤征爾や翻訳家の柴田元幸、心理学者の河合隼雄などとの対談本が出ています。小説家としての話ももちろん面白いですが、文学の枠を飛び越えた音楽の話や哲学、世界の出来事に対する作者の考えを知ることができる貴重な作品ばかりです。, 対談した小澤征爾は、「あなたのおかげですごい量の想い出がぶりかえした。おまけになんだかわからないけど、すごく正直にコトバが出て来た」と感謝の気持ちを語っています。この一言から、村上春樹の話を聞く姿勢が強く伝わってきますね。, 長いものはとことん長いものもありますが、短いものは本当にサクッと読めるものばかりです。村上春樹の作品は、どれもが読者をその物語の中に引き込んでくれる力があります。, どこか日常を忘れさせてくれる力を持つ村上春樹作品。どっぷりと文学の海に浸かりたい人には長編作品をおすすめします。ハマると面白すぎて気付いたら夜通し読んでしまったという人も多くいるほど、村上作品はとても魅力的です。, 鼠3部作などのシリーズものや物語に厚みのある作品を読むのもいいし、村上春樹の描く独特の恋愛小説を読むのもいいでしょう。長編作品を読むということは、長い時間を村上ワールドの中で過ごすことができるということです。, 物語が終盤にさしかかった時、あと少しで終わってしまうんだと残念に思う気持ちが出てきたら、もうあなたは立派な村上春樹ファンになっています。, 長編も多くの村上ファンに愛されていますが、短編も優れたいい作品ばかりです。ちょっとした隙間時間に読むのに最適な短編は、短いからこそ何度も読んで味わうこともできます。, 印象的なストーリーで心に残るので、ふとした時に読み返したくなることがあるでしょう。そして繰り返し読むたびに新たな発見や解釈が生まれるのです。村上作品は解釈本が多く出版されていますが、解釈は人それぞれなので自分の好きなように読むのが一番です。, 人気作品の多い村上春樹の小説は、映像化もされています。原作と映画で異なる場面もあるので、それぞれを楽しんで比較するのもいいでしょう。, 村上春樹の作品で映画化された作品は10本を超えています。日本人の監督だけでなく海外の監督によって映画化されている作品もあることから、村上春樹が国内外で高く評価され人気を誇っていることが分かります。映画は映画独自のエピソードもあるので、原作を読んだ上で楽しむのがおすすめです。, 2012年、世界の蜷川と呼ばれた蜷川幸雄が、同じく世界的に人気の村上春樹の作品を舞台化しました。国内以外でも、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、ソウル、パリなど世界を飛び回り大成功を収め、再演も何度か果たしています。その演出は原作に忠実でありながら観客の度肝を抜き、原作ファンも満足のいく仕上がりになっています。, 村上春樹は、1979年の「風の歌を聴け」で第22回群像新人文学賞を受賞し作家デビューを果たしてから、作家として40周年を迎えます。その40年の中には彼の作品の遍歴が刻み込まれています。特に「風の歌を聴け」を含む、「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」の初期三作品は『鼠三部作』(登場人物に鼠が出てくるから)と呼ばれ今でも高い人気を誇ります。, また1990年代後半に入ると、村上春樹は「いろいろな世界観、いろいろなパースペクティブをひとつの中に詰め込んでそれらを絡み合わせることによって、何か新しい世界観が浮かび上がってくるもの」として総合小説を書きたいと口にするようになりました。そのチャレンジは、『ねじまき鳥クロニクル』(一人称の中に手紙や他の登場人物の回想が挿入される)、『神の子どもたちはみな踊る』(すべて三人称で書かれた)、『海辺のカフカ』(一人称と三人称が交互に現れる)、『アフターダーク』(三人称に「私たち」という一人称複数が加わる)に表れています。, 村上作品を紹介するうえで特筆すべきは、その比喩表現の面白さにあります。ここでは村上春樹の比喩をいくつかご紹介いたします。, これは『ねじ巻き鳥クロニクル』の主人公が食事しているときに登場した比喩です。実際、セロリ筋丼が出されたら人は何を思うんでしょう。嬉しいのか悲しいのか。村上春樹はそんな喜怒哀楽に当てはまらない感情すらも、比喩表現で言い得てしまいます。セロリ好きの方も中にはいらっしゃると思いますが、さすがに筋だけでは困ってしまいますよね。, 「ダンス・ダンス・ダンス」で主人公がハワイで日焼けして帰ってきた女性に言ったセリフです。最近の日本では色白が可愛いとされ、日焼けを嫌う女性も多いですが、男性にこんな褒められ方をされたら、嬉しいでしょうね。おそらくこのセリフをさらっと言える男性は、めちゃくちゃ優しいか、めちゃくちゃの遊び人かなので、よく見極めてから付き合いましょう。, これは「騎士団長殺し」の主人公が美味しいオムレツを食べるシーンで登場した比喩表現です。天にも昇る美味しさなどは聞いたことはありますが、まさかオムレツ側が飛んで行ってしまうとは。, 以上、村上春樹の比喩表現をほんの少しだけご紹介いたしましたが、皆さんのお気に入りはありましたでしょうか。このほかにもまだまだ面白い比喩があるので、是非とも見つけてみてください。, どのような作品を選べばいいのか全くわからないという方には、多くの人達から支持を集めた作品の中から選ぶことをおすすめします。, 村上春樹のデビュー作が気になる方には、群像新人文学賞を受賞した「風の歌を聴け」がおすすめです。群像新人文学賞とは、講談社が刊行する文芸誌「群像」が1958年に創設した純文学の公募新人文学賞です。, この「風の歌を聴け」は、村上春樹の1作目の長編小説で、ジャズ喫茶を経営していた当時、神宮球場でヤクルト対広島戦を観戦していて突然小説を書こうと思い立って、約か月かけて完成させたそうです。, 本好きが講じて本屋さんで働く人も多くいますが、そんな本屋さんが選んだ本物の小説なら、本屋大賞受賞作品がおすすめです。村上春樹は、2010年に「1Q84」が本屋大賞に輝いています。, この「本屋大賞」とは、2004年に設立されたNPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞で、新刊を扱う書店の書店員の投票によってノミネート作品よび受賞作が決定されます。, 村上春樹のファンのことを、ハルキストと呼びます。ハルキストの方々は熱狂的でしられ、世界中に存在します。彼らは村上春樹の作品だけでなく、趣味やライフスタイルにも影響されており、村上春樹の小説内に出てきた音楽や料理をまとめて本にした人もいます。そんなハルキストたちが選んだおすすめの作品から選んでみるのも良いでしょう。, それでは最後に、村上春樹の名言集をご紹介いたします。村上春樹の作品内には、まるでそれを読んでいる自分自身に言ってくれてるような、読んだだけで勇気がでたり、癒されるような言葉が数々散りばめられています。そんな素敵な言葉たちをご紹介いたします。, 「風の歌を聴け」からの有名なセリフです。仕事や勉強でも、あの人すごいなぁ、とつい自分と比べて落ち込んでしまう方も多いのではないでしょうか。しかしこの台詞を読むと、一見強そうに見える人も、実は何かしらの弱さを抱えているんだと気付かされます。完璧な人などいなんだと思えれば、少しは自分を許してあげられるかもしれませんね。, 「羊をめぐる冒険」からの台詞ですね。これも自己肯定感を強めてくれる、人生の支えになりえる言葉です。自分の悲しみや苦しさ、つらさを、夏の光や風の匂いや蝉の声と同列に並べることで、それらはすべて自然のことなんだよ、とそっと語りかけてくれているかのような気持ちになります。自分の周りで落ち込んでる人がいたら、村上春樹の作品をおすすめするのも良いかもしれません。, 「やがて哀しき外国語」からの言葉です。本人はすごく当たり前なことを言っているのですが、当たり前はときに忘れがちです。涙が出る前に、スパッと物事を終わらし、すぐ次に移ろう、そうすれば悲しむことなんてないよ、と読む人にエールを与えてくれます。当たり前には物事の本質が隠れているかもしれませんね。, 現在、日本で公開されている映画や舞台は、人気の小説を原作としている作品が多くなっています。小説を読むのがあまり好きではない人でも、映画や舞台を見て興味をもち、原作の小説を読むという人も増えています。, そこで、村上春樹の小説を読みながら、その小説が映画化・舞台化されたらどのような配役になるかなど、想像してみるのも楽しい読み方といえます。, 以下の記事では、映画化してほしい村上春樹の小説ランキング、舞台化してほしい村上英樹の小説ランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, ここまで人気作家である村上春樹のおすすめ作品ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。新作のたびにニュースで話題になる村上春樹。次の新作が出るまでに過去の作品を味わいつつ、その日が来るのを楽しみに待ちましょう。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年09月01日)やレビューをもとに作成しております。.

電卓 使い方 Gt 4, 朝礼 スピーチ 何分 6, 日常 つまらない 漫画 6, スイッチ バイオハザード 無料 4, 犬 イヤークリーナー 嫌がる 7, Vcenter Server 要件 6, 竜のおまもり 理論値 おすすめ 12, Sql 改行コード Oracle 4, プラド メッセ 評判 17, もち米 ご飯 代わり 15, Mac Youtube 見れない 真っ黒 6, 関ジャニ ボーカル 安田 4, 車 水垢 落とし方 白 4, タカラスタンダード レンジフード 電球交換 14, テキスト 縦書き アプリ 7, エステ 後 腹痛 9, 仕事 名言 漫画 5, 戦国 姫 名言 12, エクセル コネクタ ずれる 4, No Way Man フォーメーション 6, Diga Hdd換装 失敗 15, Kdl 46hx80r 故障 13, 茨木市 猫 譲渡会 8, 行政書士 模擬 テスト 7, アドレス V125 Ph7 4, Wordpress 下書き 戻す 4, Ecole フランス語 性 7, ナルト カカシ 小説 裏 15, 就活 推薦 落ちた後 6, Ff14 テンペスト Fate 12, 新宿 南口 クリニック 脱毛 8, テレビ千鳥 ドラクエ Bilibili 8,