150cc 海外 バイク 5

November 15, 2020

日本では一般的ではないものの、海外では主流の150ccクラスのバイク。原付二種とは違って白ナンバーで、その気になれば高速も乗れるのがいいところですね。, 150ccクラスではこのタイプのバイクが多いですね。特にインドなんかではバイクは日常の足なので、実用性重視です。, MT-15は、2018年秋に、2019年の新型モデルとして発表された海外市場向けのネイキッドモデルだった。同様に海外向けのYZF-R15をベースにしたものなので、日本市場に例をとれば、YZF-R25に対するMT-25のようなモデルだった。可変バルブタイミング機構(VVA)を備えた155cc水冷単気筒エンジンや、倒立式のフロントフォークなどは、YZF-R15同様。ヘッドライトを含むフロントマスクは、2017年モデル以降のMT-09に近いものだった。ミッションは6段リターン式で、ヘッドライトはLED。アシスト&スリッパークラッチも装備。※海外市場専用/日本未発売(2019年5月現在), ヤマハのMTシリーズからMT-15です。この威圧的なスタイルと異型ヘッドライトがかっこいい!, インドモデルと東南アジアモデルがあり、写真はインドモデルでフォークは正立になってます。日本で買うとほとんどがインドモデルのようですね。, フルデジタルメーター、LEDヘッドライト、ABSと装備も充実!重量は138kgなので楽に扱えますね!, スズキのスーパースポーツシリーズGSX-R(排気量)のことを、欧米市場ではその綴りから「ジクサー」という愛称で呼んでいた。そのジクサーを車名として戴いたモデルが登場。とはいえ、GSX-Rではなく、150ccクラスのネイキッドスタイルロードスポーツとして。生産はインドの工場で、新興著しかった現地およびアジアや南米向けという位置付けだった。現地での発売は2014年だったが、日本での販売開始は2017年1月から。現地仕様そのままというわけではなく、日本仕様ではリアブレーキをディスク化し、キャブからインジェクションに変更するなどの仕様変更を受けていた。空冷単気筒エンジンの排気量は154ccで、日本市場での車両区分からすると、原付2種にするには大きすぎ、軽二輪としては小さめという半端さを懸念する声もあったが、いざというときには高速道路も走ることが可能で、ふだん使いには軽量コンパクトというメリットが勝って、ヒットモデルとなった。, パット見のサイズはGSX-S125と変わらないのに、高速や自動車専用道路が走れるのはかなり便利そう。, インド市場で販売されたFZS-FIは、同様にインド向けだったFZ-FIの上級仕様にあたるスポーツネイキッド。上級仕様とはいえ、基本的にはFZ-FIと同一機種で、アンダーカウルの装備と、サイド部のエアインテークにメッキ加工が施されているほどの違いでしかなかった。当然ながら、排気量149ccの空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンも、前後のディスクブレーキも、フロント1チャンネルのABSも、同年式のFZ-FIに同じ。FZ-FIとFZS-FIのメインターゲットは、インドの20代男性とされていたので、違いを見せつけるという意味でFZS-FIの存在に大きな意味合いがあった。, XSR155は、2019年8月に発表された海外市場向けのネイキッドモデルだった。日本でも販売されていたXSR900とXSR700が、それぞれMT-09とMT-07をベースにしたヘリテイジスポーツだったのと同様に、XSR155も、前年発売のMT-15がベースだった。外観はXSR900/700にそっくりで、可変バルブタイミング機構(VVA)を備えた155cc水冷単気筒エンジンや、倒立式のフロントフォーク、前後LEDライトなどを採用していた。なお、MT-15はYZF-R15の兄弟車だったので、XSR155の登場で、このクラスに、フルカウルスポーツ、スポーツネイキッド、ヘリテイジスポーツの3モデルが揃うことになった, XSR900/700は日本でも発売されていますが、そのコンセプトがしっかり軽々二輪につまっていますね。, インドネシア市場向けに販売されている、177cc空冷単気筒エンジンを搭載したトラディショナルスタイルのスポーツモデル。日本国内でのWシリーズは、2016年に生産が終ったW800で途切れているが(W800は2019年に復活した)、単気筒ではあるものの、インドネシアでWシリーズが継続されていることになっていた。ベーシックモデルのW175と、シート形状などが異なるスペシャルエディション(W175SE)がラインナップされた。のちに、カフェレーサースタイルも設定された(W175 CAFE)。, 2000年代の半ば過ぎから、YZFシリーズの小排気量モデルとして、いくつかの国で販売されていたYZF-R15。日本では、YSPグループ(ヤマハの販売店)が輸入販売していた時期があった。アジア向けに多い150ccクラスのスーパースポーツで、現地市場の成熟に伴い、スポーツ志向が強まっていった。, ライバルは不在。このルックスで普段使いも可能以前、CB150Rに試乗したときにも感じたが、このエンジンは実に街乗り向きで、高速道路も余裕でこなす。近しい排気量のフルカウル車はGSX-R125やKTM のRC125ぐらいしかなく、高速も走るという人には唯一無二の選択だ。, 100kmまでスムーズに加速して高速も余裕ということで、使い勝手はかなりよさそうですね。, インドでは2014年から、日本では2017年から販売された150ccネイキッドスポーツのジクサーには、フルカウル仕様のバリエーションモデルも存在した。それが、2015年に登場したジクサーSFだった。もともと、「ジクサー」というモデル名は、フルカウルスポーツのGSX-Rシリーズの愛称からとったものだったので、ジクサーSFのほうが、もともとの名称イメージに近いものだった。基本的な車体構成は、ネイキッドのジクサー同様。154ccの空冷単気筒SOHC2バルブエンジン、5段リターンのミッションを備えていた。また、ジクサーSFにはキャブレター仕様とフューエルインジェクション仕様が存在しており、それは価格差に反映されていた(キャブレター仕様車は、キック&セル併用)。また、ABSの有無も選択可能だった。, ネイキッドのジクサーのフルカウル仕様です!ただし日本では販売されていないので、買うなら逆輸入車ということになりますね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 原付バイクの初心者はルールもよくわからず怖いですよね。二段階右折や30kmの速度制限もあります。この記事では二段階右折のやり方や二段階右折禁止のときにどうしたら良いか、何キロまで出していいかなどを解説します!, 車とバイクの免許を取りたいですか?同時に合宿でセットで取得したり、通学で取得するのではどっちの値段が安いのか調べてみました。取る順番によっても値段が変わるので、免許を取ろうと考えている人はぜひ見てみてください!. ホンダがインドネシアで先行発表し、日本でも「欲しい!」という声が大きかった都市型オートマチック・アドベンチャー、ADV150が“市販予定車”として東京モーターショーで日本初公開される。前後ディスクブレーキの採用... ホンダがインドネシアで7月19日に発売したニューモデル「AVD150」は、既報のとおり都市型のオートマチック・アドベンチャーをコンセプトに“男らしいデザイン”を与えたもの。日本での導入も期待されるが、まずはその詳細が... 現実的なプライスながら、チープさは全くなく、スモールサイズなので走りも軽快――まるで日本の軽自動車のようなバイクが、世界中でヒットを飛ばしている。国産ではヤマハXSR155やホンダADV150、. 34.99~45.1万円, 価格帯 大学生になるといろいろなことが自由になって、自分の選択肢がとても増えますよね。通学方法もその一つです!バイクに興味がある人はもちろん、バイクに興味がなくても、”バイク通学”を考えてみませんか? 実際にバイクで大学に通っている僕が、バ... 原付は日常の足として使い、知らない道を通ることが少ないからなのか原付バイクにスマホホルダーを取り付けている人はとても少ないですね。 長年住んでいる街ならナビがなくても運転できますが、僕みたいに知らない街に来た人間にとってナビは必須で... 125ccの逆輸入車をできるだけ多くまとめてみました!原付二種は維持費も安いし、中華バイクなら値段も安いのでおすすめです!. Copyright ©  NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. 150ccクラスではこのタイプのバイクが多いですね。特にインドなんかではバイクは日常の足なので、実用性重視です。 YAMAHA・MT-15. 去年の9月から教習所に通い始め、はや10ヶ月(教習期限オーバー)。やっとやっと免許をとりまして、免許センターからそのままお店に行って納車しました!それがこいつだっ! YAMAH・XSR155! 軽くスペックなどを載せて... コーヒー目覚まし時計「Barisieur」が羨ましいから3,600円で作ってやった. 39.8~52.76万円, 価格帯 © Delight Creation Inc. All Rights Reserved. 日本ではあまり見かけない150ccバイクですが、アジアを中心に海外では人気があります。250ccと同じ使い勝手の良さに加えて車体が安いこともあり、近年日本でも注目されるようになってきました。150ccの特徴と、おすすめ車種を紹介します。 150ccの区分は軽二輪。 All rights reserved. 日本ではあまり見かけない150ccバイクですが、アジアを中心に海外では人気があります。250ccと同じ使い勝手の良さに加えて車体が安いこともあり、近年日本でも注目されるようになってきました。150ccの特徴と、おすすめ車種を紹介します。, バイクは排気量によって、免許や税金に関する区分が定められています。『道路交通法』によるものと、『道路運送車両法』によるもので、それぞれ区分が異なるので注意しましょう。, 150ccは、道路交通法では『普通自動二輪車』、道路運送車両法では『二輪の軽自動車(軽二輪)』に区分されます。, 日本で軽二輪といえば250ccが人気ですが、最近では街中を軽快に走れる150ccの存在感も増しています。, 150ccのメリットについて、同じ区分の250ccと比較しながらみていきましょう。, 軽二輪全体に言えることですが、150cc以上のバイクは高速道路などの自動車専用道路を利用できます。一方、125cc以下のバイクでは、自動車専用道路を一切利用できません。, 主要な高速道路以外にも、自動車専用道路は全国各地に相当な数があり、これを利用できるか否かでバイクの利便性は大きく変わります。, 125ccから排気量が少し大きくなるだけで、行ける範囲がぐんと広がるのは大きなメリットと言えるでしょう。, 150ccは同じ軽二輪の250ccに比べ、車両価格が安く設定されています。たとえばホンダのオフロードバイク、CRFシリーズの新車価格をみると、250ccが83万1600円~、150ccが49万3500円~と、30万円以上も差があります。, もし250ccを買うほどの予算がなくても、150ccなら無理なく入手できるでしょう。, 150ccバイクの車体は、ほとんどが125ccクラスと同じサイズとなっています。250ccと比べると格段に軽く、取り回しが容易なため、駐輪場や路地でも出し入れが楽です。, その一方でエンジンのパワーは125ccより大きいため、坂の多い場所なども余裕で走れます。普段は狭い住宅地などを走ることが多くても、休日には遠出をしたいというときなどに、ちょうど良いクラスと言えます。, 次に、150ccバイクに必要な免許や税金、その他の特徴について解説します。維持費にも関わることなので、しっかり理解しておきましょう。, バイクの免許は、道路交通法の区分によって種類が決められています。原付・小型二輪・普通二輪・大型二輪の4種類があり、150ccに乗るためには普通二輪の免許が必要です。, すでに125ccを運転できる小型二輪免許を持っている方も、教習所や試験場で限定解除審査を受け、普通二輪免許を交付してもらう必要があるので注意しましょう。, バイクには、重量税と軽自動車税の2種類の税金がかかります。どちらも税額は道路運送車両法の区分によって決められていて、軽二輪に区分される150ccは250ccと同額です。重量税は購入時のみ4900円、軽自動車税は年3600円となっています。, ちなみに原付に区分される125ccの場合、重量税はかからず、軽自動車税も年2400円と安くなります。自動車専用道路を利用する必要がなく、維持費をできるだけ安く抑えたいなら125ccのほうがお得です。, 150ccのデメリットとして、免許や税金の額が250ccと同じなのにエンジンのパワーが劣ることがあげられます。, 車体の大きさも排気量も125ccに近いため仕方がないことですが、高速道路で速度を上げたいときなどは、やはり物足りなさを感じるでしょう。, バイクを運転中に、もし事故を起こしてしまうと相手に対する損害賠償や自分の怪我の治療費、バイクの修理代など莫大な費用がかかります。, バイクの購入時に自賠責保険に加入するとはいえ、実際に事故を起こした場合、これだけでは不充分です。不足分をカバーするためには、任意保険にも加入する必要があります。, 自賠責保険の保険料は税金と同じく道路運送車両法の区分によって決められており、150ccの場合は軽二輪が適応されます。, 保険期間は1年単位で5年間まで選択できますが、下表のとおり1年毎に更新するより5年分まとめて契約するほうが、1年当たりの保険料は割安になります。, また、補償内容はバイクの区分に関わらずすべて同じで、事故の相手を死亡させた場合は3000万円、けがをさせたときは120万円、後遺症がのこったときは程度に応じて75~4000万円となっています。, 自賠責保険では、自分にけがや後遺症があったときの治療費や、相手のバイクの弁償費用、自分のバイクの修理費用などは補償されません。また、けがの補償は120万円までとなっており、それを超える場合は自費で支払うことになります。, 自賠責の補償だけでは足りないことがほとんどなので、別途任意保険の加入が必要です。ただしバイクは事故を起こしたときに大きなけがを負う可能性が高いことから、保険料が自動車保険に比べて割高となっています。, 補償の範囲やもらえる保険金の額を調整しながら、無理のない範囲で加入できる保険を探しましょう。, 150ccバイクは主にインドネシアやタイなど、東南アジアの工場で生産・販売されています。日本で正規販売している車種はまだ少ないため、中古車市場に流通している逆輸入車などを探すほうが効率的です。, CBR150Rは、もともとタイで生産されていた国外向けのモデルですが、2018年のモデルチェンジ後からインドネシアに生産拠点が移りました。, 最新モデルでは、ヘッドライトやテールライトなどすべての灯火類にLEDを採用し、デザイン性と安全性を高めています。, 日本では正規販売をしていないため、買うときは逆輸入車や中古車を探す必要があります。ただしCBRシリーズは安定した人気があり、150Rも常に一定量が流通しています。, ジクサーは、2014年からアジアや中南米をターゲットにインドで生産されているバイクです。インドではすでに多くの部門でバイクオブザイヤーを受賞しており、性能や品質は折り紙付きです。, 日本でも2017年から正規販売が始まり、ディーラーで購入できる数少ない150ccモデルとして人気があります。, 中古車市場にも多く出回っているので、日本で発売される前のモデルやほかのメーカーの150ccと比較してみても良いでしょう。, NINJA RR150は2015年モデルを最後に新車の生産を終了してしまったため、現在では希少な存在となっています。, 150ccながら現行の250ccと同等のパワーを持つエンジン性能が人気でしたが、逆輸入された台数が少なかったため、中古価格はほかの150ccクラスに比べて高くなっています。, 150ccのスクーターは小型のスクーターに比べ安定感があるうえに、高速道路も走れることから、近年人気が高まっています。, 一時期ブームとなった、250ccのビッグスクーターより手軽なことも、人気の理由です。国内で正規販売されているモデルも多く、150ccバイクよりも気軽に購入できます。, 通勤通学だけでなく、ちょっとしたツーリングにも使えるおすすめのスクーターを紹介します。, PCX150には自動アイドリングストップ機能がついており、燃費が良いのが特徴です。鍵を取り出さなくても解錠・施錠ができるスマートキーシステムや、はっきりと見やすいデジタルメーターなど、快適な運転をサポートする装備も整っています。, フロント部分のインナーボックスには500mlのペットボトルを入れられ、スマートフォンの充電ができるアクセサリーソケットもついています。シート下には28lの収納スペースが確保され、荷物が増えても安心です。, マジェスティSは、乗り降りしやすいフラットフロアが特徴のスクーターです。シート下のトランクは32lと大容量で、自動オープン機能が備わっています。, また、フロント部分には3㎏までの荷物を掛けられるコンビニフックと、12VのDC電源ジャックがついています。, トリシティは、前に2輪、後ろに1輪のタイヤがついた独特なスタイルのスクーターです。前輪が2つあることで安定感が増しているのはもちろん、スリップによる転倒リスクを減らし、段差の衝撃を吸収するなど安全に走れるようになっています。, 安定感と安心感があるため余裕を持って運転でき、長時間乗っても疲れにくいのがポイントです。, 150ccは、125ccと250ccが持つメリットを両方享受できる、欲張りなバイクです。取り回しやすい車体と程よいエンジンパワーは、日本の道路事情にもマッチします。, 今後ますます注目を浴びそうな150ccの特徴を一足早く理解し、快適なバイクライフを送ってみてはいかがでしょうか。.

韓国 学校 休み コロナ 47, バツイチ 男 借金 6, 三つ編み ブレスレット 作り方 4, 食塩 100 均 11, Visual Studio Python 画像処理 7, ケープ 前髪 バリバリ 5,