access vba 処理速度 向上 5

November 15, 2020

があります。, ここでは、Microsoft Office Access データベースのパフォーマンスを向上させるためのヒントを紹介します。これらのヒントに従うことで、レポートの実行や複雑なクエリに基づくフォームを開くなどのデータベース操作の多くを高速化できます。, データベースのパフォーマンスを向上させるうえで最適な方法の 1 つが、よく使用するフィールドのインデックスを作成することです。インデックスを作成することは、ここで紹介するヒント以上に、パフォーマンスの向上につながります。Access では、いくつかのインデックスは自動的に作成されますが、インデックスを追加することでパフォーマンスを向上できないかどうか、注意深く検討する必要があります。, この記事では、インデックスを作成してなど、特定のデータベース オブジェクトのパフォーマンスを最適化する方法は説明しません。詳細については、資料の作成とインデックスのパフォーマンスを向上させるために使用して、「参照」セクションのリンクを参照してください。, 以下のガイドラインは、ローカルの Access データベース (ネットワーク上ではなくローカルのハード ディスク ドライブに保存されているデータベース) のパフォーマンスを最適化するうえで有効です。, データベース オブジェクトの名前を変更した場合に、そのオブジェクトに依存する他のデータベース オブジェクトの機能が影響を受けないようにするには、名前の自動修正機能が役立ちます。たとえば、あるテーブルの名前を変更し、そのテーブルを使用するクエリがある場合、名前の自動修正機能を使うことで、それらのクエリはテーブル名の変更後も正常に動作します。この機能は便利ですが、パフォーマンスが多少低下します。, データベース デザインが確定していて、今後はオブジェクトの名前を変更する見込みがない場合には、名前の自動修正機能をオフにしても安全であり、パフォーマンスを向上できます。, Microsoft Office ボタン 勉強中:Unity/Xamarin/Web系言語 IT全般Trial&Errorの殴り書き備忘録(:-, データテーブルを渡してエクセル出力したい、そんな時のテクニックまとめです。 ページの先頭へ. エクセルマクロで大量データを処理すると、マクロの処理が遅かったり、重くなってしまったりします。 たとえば、1000行を超えるデータを扱うとなると、処理に10分以上かかってしまうこともあります。 この記事では、エクセルマクロのプログラムを高速で処理する方法を紹介します。 注:  Copyright © 2019 hamalabo All Rights Reserved. この質問は [Office | Access | Windows 10 | Office 365 for business] のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。適切なカテゴリに投稿すると、返信や回答が得られやすくなり、同じ質問を持つ他のユーザーの参考にもなります。, フロントエンドのファイルは、各自ローカルに存在するのでしょうか、NAS上でしょうか。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, VBEを開いたときに、どのくらいモジュールが開かれていますか? をクリックして、[開く] をクリックします。, [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、開くデータベース ファイルを選択します。データベース ファイルを参照して見つける必要がある場合は、[ファイルの場所] の一覧を使用します。, 既定では、入力した単語のスペルが Access によって自動的に修正されます。オートコレクト機能をオフにすると、パフォーマンスの向上につながります。, [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [文章校正] をクリックします。, 右側のウィンドウで、[オートコレクト オプション] の [オートコレクト オプション] をクリックします。, [オートコレクト オプション] ダイアログ ボックスで、不要なオプションのチェック ボックスをオフにします。, 注: すべてのオートコレクト オプションをオフにしなくても効果はありますが、オフにするオプションが多いほど、効果は大きくなります。, 以下のガイドラインは、マルチユーザー環境で使用する Access データベースのパフォーマンスを最適化するうえで有効です。, データベースを分割すると、データ テーブルは、バックエンド データベースと呼ばれる、ネットワーク サーバー上のデータベース ファイルに格納されます。他のデータベース オブジェクト (クエリ、フォーム、レポートなど) は、フロントエンド データベースと呼ばれる、別のデータベース ファイルに格納されます。フロントエンド データベースは、ユーザーごとのコピーが各自のコンピュータ上に保持されます。データのみがネットワーク経由で送信されるため、パフォーマンスが向上します。, [データベース ツール] タブの [データの移動] で、 Access データベース] をクリックします。, レコードを編集するときには、Access によって一定量のデータがロックされます。ロックされるデータの量は、選択したロック設定に応じて決まります。ページレベルのロックを選択すると、パフォーマンスの向上につながります。しかし、ページレベルのロックでは、レコードレベルのロックに比べて、ロックされるデータの量が増えるため、データの可用性が低下する場合があります。, ページレベルのロック    対象のレコードを含むページがロックされます (ページとは、レコードが配置されているメモリ領域です)。ページレベルのロックを有効にした状態でレコードを編集すると、近くのメモリ位置に格納されている他のレコードもロックされる可能性があります。しかし、パフォーマンスの面では、ページレベルのロックの方がレコードレベルのロックよりも一般に優れています。, レコードレベルのロック    編集中のレコードのみがロックされます。他のレコードは影響を受けません。, 右側のウィンドウの [詳細設定] セクションで、[レコード レベルでロックして開く] チェック ボックスをオンまたはオフにします。, 編集中のレコードはロックされます。ロックするレコードの数とロック時間は、選択したレコードロック設定に応じて変わります。, [ロックしない]    ユーザーによる変更を保存するまでレコードまたはページはロックされません。この結果、データの可用性が高まりますが、データ競合 (同じレコードに対する同時変更) が発生する可能性があります。データ競合が発生した場合、どのバージョンのデータを残すかをユーザーが判断する必要があります。このオプションは、一般にパフォーマンスは最も優れていますが、パフォーマンス向上のメリットよりもデータ競合による影響の方が大きい場合があります。, [編集済みレコード]    ユーザーが編集を開始したレコードが直ちにロックされます。この結果、レコードがロックされる時間は長くなりますが、データ競合の可能性は少なくなります。, [すべてのレコード]    テーブルを使用するフォームまたはデータシートが開いている間、テーブルのすべてのレコードがロックされます。この方法では、テーブルのデータを編集するユーザーのパフォーマンスは向上しますが、他のユーザーがデータを編集できなくなるという点で、他の方法に比べると制限があります。, 右側のウィンドウの [詳細設定] セクションの [既定のレコード ロック] で、目的のオプションをクリックします。, [再表示の間隔 (秒)]、[更新の間隔 (ミリ秒)]、[更新の回数]、および [ODBC の再表示の間隔 (秒)] の設定を必要に応じて調整します。, [更新の間隔] および [更新の回数] では、他のユーザーによってロックされているレコードの保存を試みる間隔と回数を設定できます。, [ODBC の再表示の間隔] および [再表示の間隔] では、データを再表示して更新する間隔を設定できます。再表示では、データシートまたはフォーム内に既に存在するデータのみが更新されます。再表示では、レコードの再並べ替え、新しいレコードの表示、削除されたレコードの消去、クエリ結果のレコードのうちで指定の条件を満たさなくなったレコードの消去は行われません。こうした変更を表示に反映するには、データシートまたはフォームの基になるレコードを再クエリします。, ヒント: 、再クエリを実行するには、shift キーを押しながら f9 キーを押します。, 以下のガイドラインは、コンピュータ上とネットワーク上のどちらに保存されているデータベースを処理する場合でも、Access のパフォーマンスを向上させるのに有効です。, Access のユーザー インターフェイスでは、メニューが開くときなどにアニメーションが使用されています。こうしたアニメーションによってインターフェイスが使いやすくなっていますが、パフォーマンスは若干低下します。アニメーションをオフにすることで、パフォーマンスを向上できます。, 右側のウィンドウの [表示] で、[行や列をスライド表示する] チェック ボックスをオフにします。, 右側のウィンドウの [表示] で、[スマート タグをデータシートに表示する] チェック ボックスおよび [スマート タグをフォームとレポートに表示する] チェック ボックスをオフにします。, 他のプログラムを閉じると、Access が使用できるメモリが増えるため、ディスク使用量を抑えてパフォーマンスを向上できます。, 注: 一部のプログラムは、閉じた後もバックグラウンドで動作を続けるため、終了することをお勧めします。このようなプログラムがあるかどうかは通知領域で確認します。ただし、コンピュータの正常な動作に必要なプログラムもあるため、終了するときには注意が必要です。確実に判断できないプログラムは終了しないでください。, コンピュータの RAM を増設すると、大規模なクエリを高速に実行できるようになり、一度に開くことのできるデータベース オブジェクトが増えます。RAM はハード ディスク ドライブ上の仮想メモリよりもずっと高速です。RAM を増設すると、ディスク使用量を抑え、パフォーマンスを向上できます。, データベースの最適化と修復の操作を実行します。詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。, たとえば、適切なデスクトップ バックアップ ソリューションを導入している場合は、System Restore サービスを無効にすることを検討します。使用していない Microsoft Windows サービスを無効にすると、Access が使用できる RAM が増えます。, 重要: Windows サービスを無効にする場合は、どれを無効にしたかを記録し、後で必要になったときに再度有効にできるようにします。, 通常は、Windows が指定する既定の仮想メモリ設定で最適に動作します。しかし、仮想メモリ設定を調整することで、Access のパフォーマンスが向上する場合もあります。次のような場合には、既定の仮想メモリ設定を調整することを検討します。, 現在仮想メモリに使用しているドライブに十分な空きディスク領域がなく、別のローカル ドライブに空き領域がある場合, 現在のドライブよりも高速な別のローカル ドライブに空き領域があり、あまり使用していない場合, このような場合、仮想メモリ用に別のドライブを指定すると、パフォーマンスが向上することがあります。, また、仮想メモリ用のディスク領域を固定サイズで指定すると、パフォーマンスを向上できる場合があります。コンピュータに装備されている RAM 容量の 1.5 倍の仮想メモリを指定します。たとえば、RAM 容量が 1,024 MB (メガバイト) の場合、仮想メモリには 1,536 MB を指定します。, 注: 複数の大規模なアプリケーションを同時に実行することがよくある場合には、これよりさらに多くの仮想メモリを指定することをお勧めします。, 仮想メモリ設定を変更する方法については、Windows のヘルプで "仮想メモリ 変更" を検索してください。, スクリーン セーバーはメモリを消費し、自動的に起動されます。現在では、モニタの設計の向上により、モニタの "焼き付け" を防ぐという目的でのスクリーン セーバーは必要ありません。スクリーン セーバーを使用しないようにすると、パフォーマンスを多少向上でき、コンピュータの動作が若干スムーズになります。, ヒント: 不正アクセスからコンピューターを保護するスクリーン セーバーに依存しません。退席中のステップは、お使いのコンピューターを保護するため、Windows ロゴ キーを押す. 大量のデータを扱う為重い、ある日を境に急に重くなった等々…マクロあるあるですが、本記事の内容を適用する事で確実にスピードアップする事間違い無しなので、お困りな方は是非参考にして下さい!, マクロの実行速度を改善するに辺り、三種の神器とでも呼ぶべきコードが存在します。重いと感じるマクロにもし下記が記述されていないのなら今すぐに導入する事を強く推奨します!, セルの自動計算を抑制する為のコードです。 xlCalculationManualになっている間は例えどこかのセルの内容が変更されたとしても、付随する関数だったりの計算が行われ無い様になります。なので、シートにびっしり関数が埋められていてマクロの処理によりそこの値が変動してしまう場合等が特に効果を発揮します。処理が終わったらxlCalculationAutomaticで自動計算(デフォルト)に戻します。, 画面の更新を抑制する為のコードです。Falseで抑制されている間はFalseと設定した時の画面から更新がされません。色んなファイルを開いたり、シートを飛び回ったり、どんどん画面が変動するようなマクロの場合に特に効果大。処理が終わったらTrueで画面描画されるように戻します。, イベント検知を抑制する為のコードです。抑制されている間はイベントの検知がされません。セルに値を入力して、それをセルのChangeイベントで拾って~みたいなマクロの場合は機能しなくなるので注意。そういった処理が無いのならFalse推奨。処理が終わったらTrueで画面描画されるように戻します。, 手っ取り早く改善を行いたい場合はこれら3つを入れるだけでも大分速度の改善がされる筈です。, 更に改善したい!って場合は根本から修正を行う必要も出てくるので中々根気がいる場合が在りますが、特に初学者がやってしまいがちな遅延に繋がる書き方を次からご紹介していきます。, セルの値をCells(nCnt, 1)で直接取得し、Cells(nCnt, 2)へ書き込む処理です。VBAではなるべくセル操作を減らす事が鉄則。アクセスが増えれば増える程に遅くなっていきます。, 最初は早かったのに最近重くなってきた…みたいな時は結構これが原因の場合が多い印象。, 大分変りました。都度アクセスするのでは無く一括で範囲を配列へ取り込み、配列の中で操作や計算を行い一括で出力する方式です。つまりループの回数だけセルへアクセスしていたのがたったの2回だけに減る訳です。, その都度取得をしに行くような作りがあるのなら、一度で取得出来るように調整を行いましょう!, 激重です。VBA初学者に特に多いんですが、最初やりたい事が出来た時にマクロの記録を使って作る事があると思います。, で、別シートの値をコピーして別シートに張り付けるって操作を記録するとそれぞれのコードが記録される訳ですが、そのまま記載しないといけないと思い込みそれをずっと継承し続けてしまう。すると上の様なものが出来上がる訳です。, これも大分変りました。Select等も先ほどのセルの直接操作を減らす編で出て来た様になるべく行わない方が吉な操作。このマクロで行うような操作ならいちいちSelectを行わなくても値は取って来れるので削除すべし。, セルへのアクセスに限らず不要な操作や省けるものはどんどん削ぎ落した方が当然実行速度はちりつもで向上します。が、視認性が悪くなる様なら本末転倒なので、単純に短くしまくれば良いってもんでも無いのでそこだけ注意が必要。, 余計なコードを埋め込んでませんか?視認性が保たれる範囲で、不要なものはどんどん排除しましょう!, これらを意識するだけで確実に速度向上に繋がります!しっかり守って良いExcelライフを~(ᵔᴥᵔ), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, お仕事:C#/VBA/MySQL/Lua/ネットワーク周り

E52 エルグランド 19インチ 245 45 ホイール 履ける 5, P5js Javascript Library 4, 米津玄師 ツイキャス やめた 12, Avex Revival Trax Rar 36, Gopro Fusion Premiere 編集 7, 昔 の 恋人 類語 4, 南風 倉敷 閉店 8, コメリ 見積 書 7, Gas 変数 配列 11, 換気扇 穴あけ Diy 21, 自動餌やり機 犬 壊す 8, 清水屋 藤が丘 フロア ガイド 6, ゼット の フル オーダー グローブ 5, 日立 レンジ H01 4, セイ キン マイン クラフト お 風呂 5, 日大豊山 アメフト Crows 4, Ryzen 3 2200g 自作 12, キムタック 子役 女の子 50, Tax Id Number とは 14, テレビ大阪 アナウンサー 川北 4, ポケモン 選出 クイズ 7, ドラクエウォーク 戦闘中 装備変更 20, タップル 本人認証 金色 4, ダイソー メガネクリーナー 成分 7, チェーンソー レンタル 鹿児島 5, 社内 盗難 証拠 16, 犬 足 怪我 なめる 6, 鍋 取っ手 自作 5, 給湯器 釜鳴り 音 5, 忘却曲線 計画 表 8, 17クラウン Mt化 費用 6, 外カメラ 自 撮り アプリ 6, 昔 の 恋人 類語 4, 無印良品 マスク 在庫 7, レジ袋有料化 薬局 罰則 26, Css 下線 一部 13, 地球防衛軍5 最強武器 フェンサー 48, きめ つの や い ば パート 2 39, Sql Count 複数テーブル 31, 卵 黄身 色 まだら 5, Naming 韓国 モデル 24, クラウン3 和訳 Lesson4 22,