gsuite basic business 混在 10

November 15, 2020

KDDI 法人・ビジネス向けの「G Suite: 料金」導入のご案内です。モバイル、クラウド、ネットワークなど、あなたのビジネスに適したソリューションをご提案いたします。導入事例、イベント・セミナー情 … ※この他に、大規模ビジネス(大企業向け)のプランがあります。, 最も価格の安い「Business Starterプラン」でも、基本的な機能はすべて揃っています。, 例えば、Gmailを独自ドメインで使うとか、Googleドライブの容量を(無料版の15GBよりも)増やすという使い方であれば、Basicでも十分です。, 個人的には、「小規模事業者~エクセル等をフル活用していない一般の中小企業」なら、Business Starterプランでも問題ないと考えています。, もちろん、プランの変更はいつでも行えますので、最初にBusiness Starterからはじめて、物足りないと感じたらBusiness Standardにアップグレードすることも可能です。, 逆に、Business Standardだと高機能すぎてもったいないと感じた時は、あとからBusiness Starterプランにダウングレードすることもできます。, 現在、Googleが最もおすすめしているプランは「Business Standardプラン」です。, 今後は、Business Standardプラン以上でしか使えない機能がどんどん拡充していくと思われますので、費用面で問題がなければBusiness Standardプランがおすすめです。, この他、教育機関向けの「Education(機能はBusiness Standardと同じ)」、「非営利団体および政府機関向け」のプランがありますが、ここでは省きます。, Google Workspaceは1ユーザーあたりの従業課金制なので、数名程度の小規模企業から大企業まで、費用の負担は平等です。, また、社員が一時的に増員される場合でも、簡単な手続きですぐにアカウントを発行できます。, 新入社員に対してすぐ、オンラインストレージ、スプレッドシート(エクセル)、ドキュメント(ワード)などの機能を用意できるのもGoogle Workspaceの隠れたメリットです。, 個人向けの無料プランでは15GB、Google Workspace Business Starterプランでは30GB、そしてBusiness Standardプランでは「3TB」のオンラインストレージが使えます。, Googleドライブにアップしたファイルは、社内・社外に向けて自由に共有できるのがメリットです。, が提供されています。  いうのでしょうか?, >ウツミリサイクルシステムズ株式会社様 G Suiteの料金プランによってGoogle Meetの機能が制限されることはありません。(少なくとも現時点では公式サイトに同時利用人数などの制限があるとは書かれていないようです), ドライブファイルストリームのメリットと料金は?Google Workspace最強の機能が登場, 2020年版 Google WorkspaceとMicrosoft365の違いを比較、どちらを選ぶべき?, 個人事業主でもGoogle Workspaceの契約は可能?個人で使うメリット・デメリット. G Suite と同様に Google Workspace のプランでは、ビジネス用のカスタムメールが提供され、Gmail、カレンダー、Meet、Chat、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、サイトなどが含まれています。詳細については、 プランと料金のページをご覧ください。 申し込む前に … リモートワークのためにビデオ会議が必要ですか?Meet をセットアップしてチームでリモートワークを行いましょう。, G Suite サブスクリプションの種類に応じて、ご利用いただける Gmail の機能が異なります。, 1 日あたりの固有の宛先数 ※料金は10%税込です。 ユーザーの定義は、G Suiteの利用アカウント数です。, G Suiteのアカウントを持っている人であれば、誰でもMeetsを使用して会議を開催することができ、その数に制限はありません。, 一方で、Meets上で行われる1つの会議に対して、参加できる人数(同時接続数)は、G Suite Basicなら最大100名、G Suite Businessなら最大150人となっています。, 基本的には、「G Suiteのサービスを利用する社員の人数 ✕ 1ユーザーあたりの料金」が、利用料金になると考えていただければよいかと思います。, 料金の支払い方法は、原則としてクレジットカード(またはデビットカード)か、事前入金(プリペイド方式)です。, Outlookからgmailに乗り換えたく、Gsuiteの導入を考えています。 Googleが提供するビジネス向けツール「Google Workspace(グーグルワークスペース)」は、事業を営む経営者にとって強力なアイテムです。 Google Workspaceをひとことで説明すると「有料版のGmailやGoogleカレンダー」となります。 このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、または対応ブラウザでご覧下さい。, KDDI 法人・ビジネス向け「G Suite: 料金」(グループウエア) のご案内です。, 「スマートバリュー for Business」のご利用でスマートデバイスのご利用料金もおトクになります。, トライアルサービス終了後、本サービスのご利用意向がない場合、ご契約いただく必要はございませんのでお気軽にお申し込みください。, 「KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM)」で、 G Suite Business G Suite Basic; メールの保存容量(ドキュメントや写真と共用) 無制限 * 無制限 * 30 GB: 添付ファイルのサイズ制限 - 送信 - 受信 - 25 MB - 50 MB - 25 MB - 50 MB - 25 MB - 50 MB. GCP、G Suite、TOPGATEの最新情報満載!, トップゲートでは GCP 、または G Suite 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。, 「憧れ」や「目標」と言われるスターエンジニアが 多数在籍、次世代のスターを探しています。, 株式会社トップゲート は Google Cloud プレミアパートナー企業です。GCP 導入から開発・コンサルティングまでワンストップでお任せください。, Googleの新サービスG Suite Essentialsとは?機能やできることから価格まで徹底解説!. 何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。. G Suiteには、「Basic」「Business」「Enterprise」の3つのエディションがあり、それぞれに、年契約(年間プラン)と月契約(フレキシブルプラン)のお支払い方法があります。 BusinessとEnterpriseについて さて、約2倍以上の料金がかかる、G Suite Business、G Suite Enterpriseエディションとはどのようなも … for Nonprofits | 非営利団体向けプログラãƒ. for Nonprofits | 非営利団体向けプログラãƒ. 情報共有のスピードと精度が向上し、大幅な業務効率化を達成。, サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。 ※価格は税抜表記です。 KDDI EMM powered by VMware Workspace ONE (TM), Apple Business Manager (Apple提供) 登録サービス by KDDI, KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch, ※ 年間契約となります。解約のお申し込みがない場合は、1年ごとに自動更新となります。, 注1) 月契約もございます。詳細はKDDI 法人営業担当者までお問い合わせください。, ※ ID単位に追加可能です。1IDで複数の容量追加を組み合せての契約はできません。, 注3) 「G Suite Business」で利用する全ID分のご契約が必要です。, 注4) 「KDDI Business ID」と同時にご利用いただくことはできません。, 注6) 初回は1,001~5,000レコードまで月額2,500円、以降は5,000レコードごとに月額2,500円追加となります。, 注7) DNSオプションに関する詳しい提供条件は重要事項説明書などをご参照ください。, 注8) ドメイン名の新規取得や指定事業者変更などをご希望される場合は、別途費用が必要です。詳細は、以下の規約をご確認ください。, トライアルの有効期間は30日間です。トライアルの期間延長は承れませんので、あらかじめご了承ください。, トライアル有効期間が過ぎると、30日経過後、トライアル環境へはアクセスできなくなり、データは削除されます。. ョン, Google 現在、1人で法人を運営していますが、企業として使用しているアドレスが複数個(infoやsns等)発生しています。 COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. GCP、G Suite、TOPGATEの最新情報満載!, 登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中! Googleが提供するビジネス向けツール「Google Workspace(グーグルワークスペース)」は、事業を営む経営者にとって強力なアイテムです。, Google Workspaceをひとことで説明すると「有料版のGmailやGoogleカレンダー」となります。, Googleでは個人向けに便利なツールを無料で提供しています。それらをビジネス向けに機能強化したものが、Google Workspaceです。, Google Workspaceは個人での利用はもちろん、フリーランスや個人事業主でも気軽に導入できるのがメリットです。, この記事では、Google Workspaceの料金プランとサービス内容の違いを比較します。, Google Workspaceで提供される主なサービスは以下の通りです。これらのサービスは、Google Workspaceのどのプランでも使えます。, これらの基本機能に加え、上位プランになるほど各サービスのスペックがアップしたり、上位プランだけで使えるサービスが追加されたりします。, これだけ多くの機能がシームレスにつながり、ビジネス向けに強化されたものがGoogle Workspaceです。, 利用料金は大企業・中小企業を問わず、1ユーザーあたり月額748円(税込)から始められます。, Google Workspaceの料金プラン・機能の違いを簡単にまとめておきます。, ※記事更新時点(2020年10月)の情報です。 G Suite Basic エディション; G Suite Business エディション; G Suite の教育機関向けエディション ; 非営利団体向けの G Suite エディション; Cloud Search Platform の概要; 従来の無償版 G Suite; 14 日間の無料試用を今すぐ開始してください. ※本表では、G Suite Essentialsは割愛しています。 この場合、メールアドレス分がユーザー数となるのでしょうか。, >No Nameさん メールアドレス(固有の宛先)はそれぞれ、1 日 1 回のみカウントされます, * 5 ユーザー未満の G Suite Business アカウント、G Suite Enterprise アカウントまたは G Suite for Education アカウントの場合、ユーザーあたり 1 TB になります。, * Google Vault は、G Suite Basic で有料アドオンとしてご利用いただけます。, Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。, ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。, //www.google.com/tools/feedback/metric/report, メール 1 通あたりの宛先数(1 通のメールの [To]、[Cc]、[Bcc] 欄のアドレス数), 3,000 件(外部の場合は 2,000 件、試用アカウントから外部への送信の場合は 500 件), Exchange、HCL Notes(旧 IBM Notes)、その他のウェブメール ホストからのメール、連絡先、カレンダーの移行, 異なる 10 件のアドレスに 5 通のメールを送信した場合は、10 件の宛先としてカウントされます, 1 件のアドレスに 5 通のメールを送信した場合は、1 件の宛先としてカウントされます. Google社が提供するグループウェア「 G suite 」は、シンプルなライセンス体系によって最適なプランが選びやすいという特長があります。ビジネス向けプランは3つあり、低コストなものから「Basic」「Business」「Enterprise」というエディションが提供されています。 ※いずれのプランでも、追加料金を支払うことでストレージ容量を拡張できます。 G Suite と同様に Google Workspace のプランでは、ビジネス用のカスタムメールが提供され、Gmail、カレンダー、Meet、Chat、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、サイトなどが含まれています。詳細については、 プランと料金のページをご覧ください。 申し込む前に … ョン, Google 利用するメールアドレス数 = 利用ユーザー数ではありませんのでご安心ください。, 「メールエイリアス」という方法を使って、1つのユーザーアカウントで複数のメールアドレスを設定します。, >No Nameさん You can also pre-pay by making a manual payment to your account. Google Workspace のプランは、ユーザーあたり月額 {@price_monthly_business_starter} からご利用いただけます。ご希望のプランをお選びのうえ、コラボレーションの促進と生産性の向上に役立つ Google Workspace のアプリをご活用ください。 G Suiteプランの選び方で迷っている方は多いのではないでしょうか。本記事では、主にG Suite BasicとBusinessの違いに主眼を置き、具体的な機能差分や各プランごとの選び方のポイントをご … After the trial ends, you can pay by credit card, or depending on the location of your business, you may also pay by direct debit.  Hangouts Meetsを使用する人のことでしょうか? これらのツールはマイクロソフトのOffice製品に対抗して作られたものです。, マイクロソフト Microsoft365(クラウド版)でもこれらの機能が使えますが、私の使用感では「Google製品に比べてもっさりしていて使いにくい」印象です。, クラウド上でのオンライン利用に関しては、現在Googleが一歩リードしていると感じます。, Googleドライブを使ったファイル共有・リアルタイム編集のイメージは以下の動画で確認できます。, 特に、送信先を間違えてファイル(URL)を送ってしまっても、その相手に「閲覧権限」がなければ見れないというのは、セキュリティ面での大きな強みです。, 社内にはパソコンに疎い方も多いと思います。Google WorkspaceであればPC初心者が利用してもケアレスミスによる問題を防げます。, マイクロソフトのOffice製品と互換性があるため、取引先がエクセル・パワポでファイルを送ってきた場合でも、それらのファイルを編集できます。, また、Googleスプレッドシートで作ったファイルを「エクセル形式」にして相手に送付することも可能です。, Googleドライブでファイルを共有できるのは、Googleアカウントを利用している人に限られます。, Google Workspaceを導入すれば、社内ではGoogle製品だけで完結できるので、問題はありません。, しかし、社外の取引先がマイクロソフト製品を使っている場合は、前述のようにGoogleスプレッドシートで作ったデータを「エクセル形式」にして、メールなどでファイル添付することになります。, 「Business Standard」以上のプランを導入する大きなメリットのひとつに、「Cloud Search(クラウドサーチ)」の存在があります。, クラウドサーチは、Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダーなど、あらゆる場所に存在するファイルを一括検索できる機能です。, クラウドサーチを使うと、「あのファイル、どこにあったかな?」と考えることなく、欲しいファイルがすぐに見つかります。, また、クラウドサーチのアプリでは「日常業務をよりスマートに進めるためのアシスタント機能」が使えます。, メールの情報やドキュメントの内容、Googleカレンダーの予定などから、GoogleのAI(人工知能)がやるべきことを読み取り、「今後の予定」などを教えてくれます。, 検索機能はグーグルが得意とする分野です。欲しいファイルはいつでも検索で取り出すことで業務効率を飛躍的に向上できます。, 現在、クラウドサーチはBusiness Starterプランでは提供されていません。, GoogleのAI(人工知能)を使った強力なツールなので、今後もBusiness Standardプラン以上限定の機能になると思います。, Valut(ボールト)は、メール・Googleドライブのファイルの内容等を記録保持し、検索できる機能です。, Googleドキュメントの操作履歴やメールの内容、チャットの内容、添付されたファイルといった情報を記録します。これらのデータはユーザーがファイルを削除しても保持されます。(保持期間は管理者が設定可能), Valutを使うことで、法的証拠の保存が可能となり、万が一社内で不正が起きた場合でも訴訟に対応できます。, Google Workspaceでは、上位プランになるほど、より強力な「監査・セキュリティ機能」が提供されています。, Google Workspaceを導入する上で、覚えておきたい注意事項が1つあります。, それは「一部のユーザーだけ上位プランにアップグレードすることはできない」ということです。, アップグレード・ダウングレードに関わらず、社内のユーザー全員が同一のプランを使う必要があります。, これらを踏まえて、想定される年間利用料を見てみます。(料金は10%税込・月額支払の場合), Business Starterプランなら、ユーザー数10名でも年間9万円程度で使えます。, PhotoshopやIllustratorで有名なAdobe(アドビ)製品の年間利用料に比べるとずいぶん安いですね。, また、マクロソフトのMicrosoft365と比較すると、料金は若干低めに抑えられています。, これからGoogle Workspaceを積極的に利用する場合は、Google推奨のBusiness Standardプランがおすすめですが、個人的にはまず最初にBusiness Starterプランから利用するのが良いと感じます。, Business Starterプランでも、Gmailの有料版やGoogleドライブの有料版など、主要なツールが使えるからです。, Google Workspace Business Starterからスタートし、その後クラウドサーチや監査機能、オンラインストレージの容量アップが必要だと感じた場合に、Business Standardプランへのアップグレードを考えるのが良いと思います。, より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。(2020年10月12日 更新), 社内での活用を検討しておりますが、ユーザーというのは、 重要: G Suite Business にアップグレードできるのは、G Suite Basic をご使用中の場合に限られます。お客様には Google Workspace のエディションに切り替えていただくことをおすすめします。 詳細. 管理負担をかけずに、モバイルデバイスのセキュアな運用が可能に。, 「G Suite」で社内資料をペーパーレス化。 Googleの新サービスG Suite Essentialsとは?機能やできることから価格まで徹底解説!, G SuiteビギナーはまずG Suite Basicからで十分?機能からできることまで徹底解説!, G Suite Enterpriseは大企業以外にもおすすめ?機能紹介からメリットまで解説!, 今更聞けないGoogleスプレッドシートの6つ活用法!Excel(エクセル)でできない機能まで解説!, 弊社トップゲートでは、 GCP 、または G Suite 導入をご検討をされているお客様へ「Google Meet で無料個別相談会」を実施いたします。導入前に懸念点を解決したい方、そもそも導入した方がいいのかをお聞きしたい方はお気軽にお申し込みください!, メール登録者数3万件!TOPGATE MAGAZINE大好評配信中! アップグレード前の留意事項. ※契約ライセンス数が5ID未満の場合、G Suite Business・Enterpriseの容量は「1TB/ユーザー」の制限が付きます。, 表で示したように、G Suiteはプランごとに多くの機能差分があります。では、BasicとBusinessの機能の違いを具体的に見ていきましょう。, ここで言う「保存容量」は、Gmail・Googleドライブの容量の合計です。Basicプランが「30GB/ユーザー」に対して、Businessプランは「容量無制限」です。G Suite Basicを利用中に容量が不足した場合には、有料で追加購入することもできます。1ユーザーあたり、最大200GBまで追加可能です。(価格はG Suite販売パートナーに要確認), Google Meet(ビデオ会議)の最大参加人数は、プランごとに異なります。Basicは100名、Businessは150名、Enterpriseなら250名が、同時にビデオ会議に参加することができます。, 共有ドライブは、G Suiteにおけるストレージ領域の一種です。Basicにはない、Business・Enterprise特有の機能です。共有ドライブでは、事前に定義したグループ(ユーザーの集合体)に権限を付与できるため、組織単位でファイルを管理することができます。, Google Cloud Searchは、G Suite内に存在するファイルを包括的に検索することができる機能です。G Suite Basicの場合は、「Gmail」「Googleドライブ」など、各機能の中で検索をかける必要がありますが、Google Cloud Searchを使えば、G Suite環境全体から検索可能なため、目的のファイルを効率よく探すことができます。, Google Vaultを活用することで、データのアーカイブ・記録保持により、社員同士のやり取りや操作ログを保管し、いつでも取り出すことができます。また、G Suite内での不正なやり取りや、情報漏洩リスクを可視化する監査機能も備えており、結果レポートも出力可能です。このため、管理者が定期的に監査レポートを確認し、不正の有無をチェックする、という運用を実現することができます。, G Suite Businessなら、どんなにメールが増えても、どんなにファイルを保存しても、メールの受信BOXやドライブを整理する必要がありません。このような「容量確保のための整理整頓」というのは、思っている以上に時間を要します。しかし、整理したからといって生産性が上がる訳ではないので、この作業を削減できることは大きなメリットです。, また、メールの数が多かったり、動画などの大容量ファイルを頻繁に扱う場合でも、容量無制限ならストレスなく仕事を進めることができます。過去のメール・ファイルが半永久的に蓄積されていくので、情報を資産として残しておける、という意味でもメリットは大きいです。, 共有ドライブを使えば、ファイルを組織単位で管理することができます。ここで言う「組織」は、事前に定義したユーザーの集合体(グループ)を指します。, G Suite Basic(通常のGoogleドライブ)の場合、「マイドライブ」と呼ばれる領域にファイルが格納され、オーナー権限は自分に付与されます。そのため、他人にファイルを共有したい場合には、都度の権限付与が必要です。また、仮に誰かが退職して、G Suiteライセンスが消失した場合には、退職者に属していたファイルも同時に消失してしまいます。, 一方、共有ドライブの場合は、組織の権限レベルでファイルを管理できるため、ファイルサーバーとして活用することができます。誰かが退職してもファイルが消失することはありません。追加費用を払って、別でファイルサーバーを契約することを考えれば、G Suite Businessに共有ドライブが備わっていることは、コスト面において大きなメリットと言えます。, G Suite Businessには、Google Vaultが標準搭載されています。Vaultのアーカイブ、記録保持、検索、監査レポートなどの機能により、G Suiteの内部的な運用・統制だけでなく、eDiscovery対策も実現することが可能です。, 万が一の有事に備えることができ、監査レポートでセキュリティを担保しながらG Suiteを運用できる点は、企業にとって重要なポイントです。副次的な効果として、従業員にメッセージや操作ログを記録していることを名言し、不祥事の発生を抑止できる、というメリットもあります。, コストを抑えたい場合は、Basicプランがおすすめです。「月680円/ユーザー」という金額の中に、ビジネスに必要な機能が全て揃っています。, 保存容量に制限はありますが、標準で「30GB/ユーザー」が割り当てられているため、大容量ファイルを頻繁に扱わない場合には、十分な容量だと言えます。Google形式のファイル(Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドなど)は、容量にカウントされない点も嬉しいポイントです。, また、G Suiteサービス自体が堅牢なセキュリティを担保しているため、ビジネスでの通常利用もまったく問題ありません。極力コストを抑えて、G Suiteを利用したい場合は、Basicプランを選択しましょう。, Businessプランの主な特徴は「容量無制限」「共有ドライブ」「Vault」です。これらの機能を駆使することで、Basicよりも一段階高いレベルでG Suiteを運用することができます。, Basicプランを使いつつ、容量追加やVault機能を単品購入することも可能ですが、コスパが極端に下がってしまいます。例えば、Vaultの単品購入時の金額は「600円/ユーザー」です。ということは、Basicプランのライセンス料金とあわせると「1,280円/ユーザー」になります。Businessプランの料金は「1,360円/ユーザー」なので、ほとんど金額の差はありません。であれば、容量無制限や共有ドライブも搭載されている、Businessプランを契約するのが賢い選択だと言えます。, 極限までセキュリティを高めてG Suiteを運用したい場合は、Enterpriseプランがおすすめです。セキュリティキーの強制、セキュリティセンターの提供、端末管理ルールの設定など、セキュリティを強化する機能が多数備わっています。, G Suite自体の強固なセキュリティに、Enterpriseプランの各種機能を追加することで、この上なく安全な環境で、G Suiteを運用することができます。とにかくセキュリティ面を重要視する、という場合は、Enterpriseプランを選択しましょう。, G Suiteの料金プランは容易に変更することができます。管理者側での面倒な作業は必要なく、約5営業日で新プランを利用することが可能です。ただし、この「5営業日」はあくまで目安になります。所要日数や価格は、販売パートナーによって異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。, Gmail・Googleドライブなどの情報は、既存環境をそのまま移行することができるため、エンドユーザー目線では、プランが変更されたことに気づかないほど、スムーズにプランを変更することができます。, そのため、まずはBasicを契約して利用しつつ、追加要件が発生したらプラン変更を検討する、という企業も多いです。G Suiteの契約プランを選ぶときは、「かんたんにプラン変更ができる」という点も頭に入れて、検討してください。, いかがだったでしょうか。G Suite BasicとBusinessの違いと、各プランの選び方をご理解いただけましたでしょうか。, 組織の生産性向上や、グループウェア機能としての完全性の観点からは、BasicプランよりもBusinessプランを選ぶべきです。しかし、会社ごとにポリシーは異なりますし、当然Businessプランの方が高価なため、これが100%正解とは一概には言えません。そのため、「自社に必要な機能は何か?」をはじめに明確化する必要があります。, その上で各プランの機能比較を行い、自社に最適なプランを選択するようにしましょう。どのプランを選んだとしても、G Suiteが持つ便利な機能の数々が、組織の生産性を大きく向上させることは間違いありません。, テレワークにおける活用法、グループウェアの活用法、業務効率化のポイントなど幅広く網羅しております。G Suite関連記事をはじめとした最新情報も定期的に公開しておりますのでぜひご確認ください。, G Suiteのプランについて理解を深めたい方におすすめの記事

クリスタ 筆 先端形状, サイクルジャージ 長袖 おしゃれ, 鬼滅の刃 エンディング ピアノ, アイアンマン スーツ 自作, シマノ インター5 ギア比, Xperia 1 Ii 耐衝撃, エクセル Vba 新しいウィンドウを開く, スクー 英語 スラング, ロードバイク アジャスター 仕組み, Git リモートブランチ 表示されない, ペルソナ5 月島 もんじゃ, 3ds カードスロット 修理, キャンドゥ リメイクシート 貼り方,