mac excel 連続データ ショートカット 7

November 15, 2020

※Macの場合はoptionキーがAltキーの代わりになります。, Alt+F1:現在の範囲からグラフを作成 + F キーを押してから、検索語句を入力します。, クイック追加は使用できますが、若干のセットアップが必要です。 [ Excel 環境設定 ] に移動して、 [編集 > 有効にする]> クリックして追加します。  次に、「 = 」を入力して数式を開始し、次にセルをクリックしてそれらを追加します。  + 記号が自動的に追加されます。, この表は、 Excel for Macで最もよく使用するショートカットを示しています。, + Y オートフィルとは、隣接したセルに連続データを自動入力する機能で、日付や曜日、連番の数値を入力したいときに威力を発揮します。 をクリックし、[フィルターのクリア] をクリックします。, フィルターが適用されているテーブルの列を選択し、[データ]、[フィルターのクリア] をクリックします。, Excel for Microsoft 365 for Mac, Excel 2019 for Mac, Excel 2016 for Mac. MacBook の場合は、FN + Option + 下方向キーを押します。, Option + Pageup ということで、Excel 2003 までに使っていたアクセス キーを使うなら、 Excel for Mac でリストにフィルターを適用して、コンテンツの一部を一時的に非表示にすることができます。 フィルターを使用すると、範囲または表から一部のデータをすばやく探し出して、目的のデータを操作することができます。 Shift +, + Control + V この記事では、Macのショートカットについて解説しています。Macの操作/入力を素早く行いたい方、Macのキーボードキーの組み合わせを知りたい方はぜひ参考にしてください。, Windowsのショートカット同様の使い方で、ショートカットを利用できますが、キーボードのキーの組み合わせはWindowsとは異なり、Mac独自の組み合わせになります。, Macの操作/入力を素早く行えるように、Macのショートカット一覧を掲載していますので、実際のMacのキーボードに入力して、時短をしていきましょう。 マウスなしでもExcel操作をしたい場合には、是非覚えておきたいキーです。, Ctrl+H:「置換」のダイアログボックスを表示 内容を変更する必要がないのならこのまま [Enter] キーを押します。, ということで、[Alt] → [H] → [F] → [I] (アイ) → [S] → [Enter] です。, それでは [Alt] → [E] → [I] (アイ)→ [S] → [Enter] はなんでしょう? 連続する日付や曜日、数値を簡単に入力できる. または このメッセージが表示されたあとで、[I] (アイ)→ [S] と押していくと [連続データの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。 「ジャンプ」機能では指定したセルに移動をすることが可能です。, F8:拡張選択モードを切り替える または, フィルターを適用するコンテンツを含む列で矢印 多くのユーザーは、 Excel のキーボードショートカットで外付けキーボードを使うと、作業効率が向上します。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。, このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。, ショートカットのプラス記号 (+) は、一度に複数のキーを押す必要があることを意味します。, ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味します。, この記事では、Windows 版 Excel のキーボードショートカット、ファンクションキー、その他の一般的なショートカットキーについて説明します。, この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押して、検索する単語を入力します。, 頻繁に利用するアクションにショートカット キーがない場合、マクロを記録してショートカット キーを作成できます。, 50 回保存の Excel ショートカット クイック ヒント ガイドをダウンロードしてください。, Word 文書のこれらのキーボード ショートカットについては、「Excel 2016 for Windows keyboard shortcuts」 (Windows キーボード ショートカット用の Excel 2016) を参照してください。, Excel 2013 の [形式を選択して貼り付け] ダイアログのショートカットキー, リボンには、タブの関連するオプションがグループ化されています。 たとえば、[ ホーム ] タブの [ 数値 ] グループには、[ 表示形式 ] オプションが含まれています。 Alt キーを押して、キーヒントというリボンのショートカットを、下の図のように、タブとオプションの横にある小さい画像の文字として表示します。, キーヒント文字を Alt キーと組み合わせると、リボンオプションのアクセスキーと呼ばれるショートカットを作成できます。 たとえば、Alt キーを押しながら H キーを押して [ ホーム ] タブを開き、Alt + Q キーを押して [操作 アシスト ] または [ 検索 ] フィールドに移動します。 Alt キーをもう一度押すと、選択したタブのオプションのキーヒントが表示されます。, Office 2013 と Office 2010では、古い Alt キーのメニューショートカットのほとんどが引き続き機能します。 ただし、完全なショートカットを知っている必要があります。 たとえば、Alt キーを押してから、以前のメニューキー E (編集)、V (表示)、I (挿入) などのいずれかのキーを押します。 以前のバージョンの Microsoft Officeのアクセスキーを使用していることを示す通知がポップアップ表示されます。 キーシーケンス全体がわかっている場合は、これを使います。 順序がわからない場合は、Esc キーを押してキーヒントを使用します。, リボンのタブに直接移動するには、次のいずれかのアクセスキーを押します。 ワークシートで選択した内容に応じて、追加のタブが表示されることがあります。, リボンの [操作 アシスト ] または [ 検索 ] フィールドに移動し、アシスタントまたはヘルプコンテンツの検索語句を入力します。, [ ホーム ] タブを開き、テキストと数値の書式を設定して、検索ツールを使用する。, [ 挿入 ] タブを開き、ピボットテーブル、グラフ、アドイン、スパークライン、図、図形、ヘッダー、またはテキストボックスを挿入します。, [ ページレイアウト ] タブを開き、テーマ、ページ設定、拡大縮小、および配置を操作します。, [ データ ] タブを開き、データへの接続、並べ替え、フィルター処理、分析、および操作を行います。, [ 校閲 ] タブを開き、スペルチェック、ノートとスレッド形式のコメントの追加、シートやブックの保護を行います。, [ 表示 ] タブを開き、改ページとレイアウトのプレビュー、枠線と見出しの表示と非表示、ズーム倍率の設定、ウィンドウとウィンドウ枠の管理、マクロの表示を行います。, Alt または F10。 別のタブに移動するには、アクセス キーまたは方向キーを使用します。, または、Windows キーボードの場合は、コンテキストキー (右の Alt キーと右側の Ctrl キーの間), ワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する。, アクティブセルと同じ列または行にある空白以外の次のセルに移動し、終了モードをオフにします。 セルが空の場合は、行または列の最後のセルに移動します。, ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動する。, セルの選択範囲をワークシートの使用されている最後のセル (右下隅) まで拡張する。, ワークシート内の右のセルに移動する。 または、保護されているワークシートで、ロックされていないセル間を移動する。, フローティング シェイプのナビゲーションを終了し、標準のナビゲーションに戻ります。, Ctrl + Shift キーを押します。次に、マウスホイールを上にスクロールして左に移動します。右に移動します。, アクティブ セルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動する。 または、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動する。 数式を編集する場合、方向キーで参照を作成できるように、ポイント モードのオン/オフを切り替えます。, アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。, [下方向へコピー] を使用して、選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーする。, 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 (-) を使用する数値の表示形式を適用する。, Excel 2013では、[形式を選択して 貼り付け ] オプションを使用して、書式設定や値など、コピーしたデータの特定の側面を貼り付けることができます。 データをコピーした後、Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押すか、Alt キーを押しながら E キーと S キーを押して、[形式を選択して貼り付け] ダイアログを開きます。, ダイアログでオプションを選ぶには、そのオプションの下線付き文字を押します。 たとえば、[コメント] を選ぶには、C キーを押します。, アクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張する。次のセルが空白の場合は、次の空白以外のセルまで拡張します。, 拡張選択モードを有効にし、方向キーを使用して選択範囲を拡張する。 オフにするには、もう一度キーを押します。, オブジェクトが 1 つ選択されているときに、ワークシートにあるすべてのオブジェクトを選択する。, ワークシートにデータが含まれている場合に、アクティブなセル領域を選択する。 2 回押すと、アクティブなセル領域とサマリー行が選択されます。 3 回押すと、ワークシート全体が選択されます。, メニューまたはサブメニューが表示されているときに、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択する。, 最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算する。, 依存する数式を再度チェックし、要計算とマークされていないセルも含め、開いているブックのすべてのセルを計算する。, 数式でカーソルが関数名の右にある場合は、[関数の引数] ダイアログボックスを表示します。, [フラッシュ ​​フィル] を呼び出し、隣接する列のパターンを自動認識して正しい列を入力します。, 数式内のセル参照またはセル範囲が選択されているときに、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替える。, アクティブ セルの 1 つ上のセルの値を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。, [名前の貼り付け] ダイアログボックス (ブックで名前が定義されている場合) から名前を貼り付けます。, Microsoft Visual Basic For Applications エディターを開く。, 次のショートカットキーは、 Microsoft 365、 Excel 2019、 Excel 2016、および Excel 2013の PowerPivot で使用できます。, PowerPivot ウィンドウ内のすべての数式を再計算します。 詳細については、「Power Pivot の数式を再計算する」を参照してください。, Office アドイン作業ウィンドウでは、次のショートカットを使用して作業します。, F2 単独: アクティブ セルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動します。 または、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動します。 数式を編集する場合は、方向キーで参照を作成できるように、ポイント モードのオン/オフを切り替えます。, Ctrl + F2: Backstage ビューの [印刷] タブの印刷プレビュー領域が表示されます。, F3 単独: [ 名前の貼り付け ] ダイアログが表示されます。 ブックで名前が定義されている場合のみ使用できます。, 数式内のセル参照またはセル範囲が選択されている場合、F4 キーを押すと、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替えます。, F6 単独: ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間で切り替わります。 分割されているワークシートでの F6 キーは、ウィンドウとリボン領域を切り替えるときに分割されたウィンドウも対象になります。, Shift + F6: ワークシート、ズーム コントロール、作業ウィンドウ、およびリボン間で切り替わります。, Ctrl + Shift + F6: すべての Excel ウィンドウを切り替えます。, F7 単独: [ スペル チェック] ダイアログが開き、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルがチェックされます。, Ctrl + F7 キーを押すと、ブック ウィンドウが最大化されていない場合、[移動] コマンドが実行されます。 方向キーを使用してウィンドウを移動します。移動が完了したら Enter キーを押します。または、Esc キーを押してキャンセルします。, F8 単独: 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。, Shift + F8: 方向キーを使用して、隣接しないセルまたは範囲をセルの選択範囲に追加できます。, Ctrl + F8: ブックが最大化されていない場合は、[サイズ] コマンドが実行されます。, Alt + F8: [マクロ] ダイアログが表示され、マクロの作成、実行、編集、または削除を行うことができます。, Ctrl + Alt + F9: 最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算します。, Ctrl + Alt + Shift + F9: 依存する数式が再度チェックされ、要計算とマークされていないセルも含め、開いているすべてのブックのすべてのセルが計算されます。, F10 のみ: キー ヒントのオンとオフを切り替えます (Alt キーを押しても同じ操作を実行できます)。, Shift + F10: 選択しているアイテムのショートカット メニューが表示されます。, Alt + Shift + F10: [エラー チェック] ボタンのメニューまたはメッセージが表示されます。, Ctrl + F10: 選択したブック ウィンドウが最大化されるか、元に戻ります。, Alt + F11: Microsoft Visual Basic for Applications エディターが開きます。Visual Basic for Applications (VBA) を使用すると、マクロを作成できます。, Ctrl + 方向キーを押すと、ワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動します。, Ctrl + Shift + 方向キーを押すと、アクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張してアクティブ セルにします。次のセルが空白の場合は、選択範囲を次の空白以外のセルまで拡張します。, ←または→キーを押すと、リボンが選択されているときにタブが左または右に選択されます。 サブメニューを開くか選択しているときに方向キーを押すと、メイン メニューとサブメニューが切り替わります。 リボン タブが選択されているときに方向キーを押すと、タブ ボタンが切り替わります。, ↓キーまたは↑キーを押すと、メニューまたはサブメニューが開いているときに、次のコマンドまたは前のコマンドが選択されます。 リボン タブが選択されているときに方向キーを押すと、タブ グループが上または下に切り替わります。, ダイアログでは、方向キーを押して、開いているドロップダウンリスト内のオプション、またはオプショングループ内のオプションの間を移動します。, ↓キーまたは Alt + 下方向キーを押すと、選択したドロップダウンリストを開きます。, セルの書式、スレッド形式のコメント、メモなど、選択したセルからセルの内容 (データと数式) を削除します。, End キーを押すと、End モードのオンとオフが切り替わります。 End モードでは、方向キーを押すと、アクティブなセルと同じ列または行内の空白ではない次のセルに移動することができます。 方向キーを押すと、End モードは自動的にオフになります。 次の方向キーを押す前に、必ず End キーをもう一度押してください。 オンになると、End モードがステータス バーに表示されます。, セルが空の場合は、End キーを押してから方向キーを押すと、行または列の最後のセルに移動します。, さらに、メニューまたはサブメニューが表示されている場合は、そのメニューの末尾のコマンドが選択されます。, Ctrl + End キーを押すと、ワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動します。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + End キーを押すと、カーソルはテキストの末尾に移動します。, Ctrl + Shift + End キーを押すと、セルの選択範囲がワークシートの使用されている最後のセル (右下隅) まで拡張されます。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + Shift + End キーを押すと、数式バーのカーソル位置から最後までのすべてのテキストが選択されます。これは、数式バーの高さには影響しません。, 選択したメニューを開く (F10 キーを押してメニュー バーを選択)、または選択したコマンドの操作を実行します。, ダイアログで、ダイアログボックスの既定のコマンドボタン ( [OK ] ボタンなど、太枠のボタン) の操作を実行します。, Ctrl + Enter を押すと、選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値が入力されます。, Shift + Enter を押すと、セルの入力が確定し、すぐ上のセルが選択されます。, 開いているメニューまたはサブメニュー、ダイアログ、またはメッセージウィンドウを閉じます。, または、全画面表示モードになっている場合はそのモードを閉じ、通常表示モードに戻してリボンおよびステータス バーを再度表示します。, メニューまたはサブメニューが表示されている場合は、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択します。, Ctrl + Shift + Home を押すと、選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張します。, Alt + PageDown キーを押すと、ワークシート内で 1 画面右に移動します。, Ctrl + Shift + PageDown を押すと、ブック内の現在のシートと次のシートを選択します。, Alt + PageUp を押すと、ワークシート内で 1 画面左にスクロールします。, Ctrl + Shift + PageUp を押すと、ブック内の現在のシートと前のシートを選択します。, ダイアログで、選択したボタンの操作を実行するか、チェックボックスをオンまたはオフにします。, Ctrl + Shift + Space キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。, ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl + Shift + Space を押すと、アクティブ セル領域が選択されます。 Ctrl + Shift + Space を 2 回押すと、アクティブ セル領域とサマリー行が選択されます。 Ctrl + Shift + Space を 3 回押すと、ワークシート全体が選択されます。, オブジェクトが 1 つ選択されている場合は、Ctrl + Shift + Space を押すと、シートにあるすべてのオブジェクトが選択されます。, Alt + Space を押すと、Excel ウィンドウのコントロール メニューが表示されます。, Shift + Tab を押すと、ワークシート内の前のセルに移動します。または、ダイアログ内の前のオプションに移動します。, Ctrl キーを押しながら Tab キーを押すと、ダイアログ内の次のタブに切り替わります。または (ダイアログが表示されていない場合は) 2 つの Excel ウィンドウが切り替わります。, Ctrl + Shift + Tab キーを押すと、ダイアログ内の前のタブに切り替わります。または (ダイアログが表示されていない場合は) すべての Excel ウィンドウが切り替わります。, この記事では、 Excel for Macのキーボードショートカット、ファンクションキー、その他の一般的なショートカットキーについて説明します。, 一部のバージョンの Mac オペレーティングシステム (OS) および一部のユーティリティアプリケーションでは、 Office for Macでのキーボードショートカットとファンクションキーの操作が競合することがあります。, 目的に合ったキーボードショートカットがここに見つからない場合は、カスタムショートカットキーを作成できます。 手順については、「 Office For Mac のカスタムショートカットキーを作成する」を参照してください。, Windows キーボードの Ctrl キーを使用するショートカットの多くは、 Excel for Macの Control キーでも動作します。 ただし、すべてが当てはまるわけではありません。, この記事のショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 画面全体を表示する全画面表示/フルスクリーンは、様々な場面で活用できます。動画を見る場合などは特に重宝するでしょう。その全画面表示/フルスクリーンのショートカットキーはどれな... 圧縮しているフォルダを解凍する際、既存の解凍方法ではファイル解凍ができないことがあります。そんな場合に便利なおすすめの無料解凍ソフト9選を紹介していきます。9選したおすすめの... Windows10でマウスカーソルでクリックを自動でできる連打ツールはたくさんあります。この記事では、自動でクリック連打ができる連打ツール5選を紹介していきます。それぞれのツ... オンラインゲームなどで指定した場所を連打したい場合に便利なダウンロード不要のソフトウェアとして「連打くん」があります。この「連打くん」はどのようなソフトなのかや、使い方、自動... WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しないときがあります。「USBデバイスが認識されません」と表示されてUSBメモリを認識... LINEのプロフィール画像を変更したいと思っていても、LINEを始めたばかりの人は変更方法を知らない人が多いでしょう。この記事ではそんな人のために、LINEのプロフィール画像... 海外のダウンローダーから大容量のファイルなどをダウンロードしたい時、おすすめなのが「プレミアムリンクジェネレーター(PLG)」です。「プレミアムリンクジェネレーター(PLG)... Androidの画面下にある「ナビゲーションバー」。Android3.0の頃から変わらなかったそのナビゲーションバーがAndroid9から仕様変更されました。仕様変更されたナ... ブックマークからサイトへアクセスしている人におすすめしたいブラウザアプリが「LinkBrowser」です。サブブラウザのようなLinkListから検索もできる「LinkBro... 消えたファイルを復元したいと思った時、便利なソフトウェアが「EaseUS Data Recovery Wizard Free 13.5」です。「EaseUS Data Rec... パソコンでもAndroidアプリで遊びたい、と思ったことがある人も多いかと思います。それを実現してくれるのがAndroidエミュレータ「NoxPlayer」です。「NoxPl... 撮影した動画をBlu-rayやDVDに収めたけれど、その内容を編集したい、変換したいという人もイルでしょう。そんな人におすすめなのが「Leawo Blu-ray変換です。「L... iPadやiPhoneのデバイスOSを修復できるソフトに「AnyFix」というものがあります。この記事では、iOS端末のOSに何らかの不具合がある場合や、OS関係で修復したい... 「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」は多くの機能を持つソフトウェアです。「WonderFox HD Video Convert... ハードディスクを管理するためのソフト「MiniTool Partition Wizard」は無料で利用できるハードディスク管理ソフトです。「MiniTool Partitio... 動画の作成は難しい、特別なソフトが必要だと考えている人も多いと思いますが、そんな事はありません。「FlexClipビデオメーカー」は無料で、ソフトのインストールもせずに動画の... インスタ(Instagram)のユーザーネームは多くの人が見る部分ということもありおしゃれなものをつけたいという人も多いでしょう。インスタ(Instagram)のユーザーネー... iPhone/Androidで、アプリごとに異なる通知音を設定したいと考えている人は、Gmailのアプリの着信音も変更したいかと思います。iPhone/AndroidでGma... iPhone/PCは、デフォルトでGmailの通知設定がされていません。そんなiPhoneやPCでも、Gmailの通知を受け取ることができます。この記事ではiPhoneやPC... 個人であれビジネスであれ、Gmailを利用している人も多いと思いますが、そのGmailの通知が来ない/されないことで困った経験はありませんか? Gmailの通知が来ない/され... Macのショートカット一覧!よく使う基本とショートカットキー設定のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。.

Teams 赤丸 消えない 5, 小沢健二 彗星 Mp3 16, 年収 身長 相関 13, 最頻値 英語 略 4, アーチェリー 脚 作り方 9, 同僚 Line 毎日 12, Fallout76 ジャンキー 不屈 37, 二次関数 利用 日常 11, Autocad 引き出し 線 長さ 7, 犬 血管肉腫 最期 13, バッグ 底 作り方 5, ソニー テレビ 電源 落ちる 7, Cutie Pie 意味 4, Aquos R2 不具合 4, 車 Cm 俳優 4, バイトル 大阪 ナイトワーク 4, 特別支援 国語 プリント 9, まんが 村クラブ 五 等 分の花嫁 25, Pot Lx2j と は 4, Iphone クイックスタート 4g 4, ポケモン ミュウ 入手方法 5, 60分 講義 スライド 枚数 4, 賀来千香子 父親 三菱銀行 8,